文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2019 / 03 / 30
ミリオンオーバー/ドラマ主題歌セッション


【時間】
OPEN 19:00〜23:00

【料金】
参加者 ¥1,500
見学  ¥500
(1ドリンク別)


もっと詳しく
こだま和文 from DUB STATION@新世界 vol.2

2010年10月1&2日、記念すべき西麻布『新世界』のこけらおとし2daysを敢行した、あのダブ・マエストロが絶賛アンコールの声に後押しされ『新世界』に還ってくる!
『こだま和文 from DUB STATION』完全なるワンマンアクト再び!!

こだま和文 from DUB STATIONプロフィール
1982年、ライブでダブを演奏する日本初のダブ・バンド「MUTE BEAT」結成。
通算 7 枚のアルバムを発表。
1990年からソロ活動を始める。
ファースト ソロアルバム「QUIET REGGAE 」から2003年発表の「A SILENT PRAYER 」まで、映画音楽やベスト盤を含め通算8 枚のアルバムを発表。
プロデューサーとしての活動では、フィッシュマンズの1stアルバム「チャッピー・ドント・クライ」、チエコ・ビューティの「ビューティズ・ロック・ステディ」等で知られる。
また、DJ KRUSH、UA 、エゴ ラッピン、LEE PERRY、RICO RODRIGUES等 、国内外のアーティストとの共演、共作曲も多い。
現在、活動全体をDUB STATION と呼び、ターンテーブルDJをバックにしたヒップホップ・サウンドシステム型のライブと、バンド編成での活動を並行し「フジロック」「ライジングサン」「朝霧ジャム」等ロックフェスでもLIVEを行っている。
2005年にはKODAMA AND THE DUB STATION BANDとして「IN THE STUDIO 」、2006年には「MORE」を発表している。
水彩画、版画など、絵を描くアーティストでもある。
文芸雑誌「すばる」にエッセイ連載中、著書2冊。
青森県においては85年に「ミュート・ビート」としてファッションビル「WALK」(八戸市)のオープン記念ライブ、「ダブ・ステーション」として06年にはバンド編成、07年にはDJユニットでのライブがある。
日本のレゲエがネクスト・レベルに向かい扉を開ける瞬間、そこには常にこだまがいた。
孤独を湛えた音色と無垢なメロディが奏でる静かなアジテーション、それを支えるタフでファットなリディム。
すべてが真摯なメッセージを放ち、こだまの息吹はやさしく美しくどこまでも響きわたる。

2/18(金)
こだま和文 from DUB STATION@新世界 vol.2

出演/こだま和文 from DUB STATION
入場/19:00
開演/20:00〜
料金/ご予約:3000円+ドリンク代
   当日:3500円+ドリンク代