文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2019 / 10 / 13
新世界・野佐怜奈共同企画 【新世界女学園文化祭】


【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

前売 ¥3,500
当日 ¥4,000
(1D¥500or飲み放題¥2,000別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
生き物係 タクトくん
吹奏楽部 海藻姉妹
軽音部 赤松ハルカ
新世界女学園歌劇団 紫式部
歌劇団団長 蜂鳥スグル
歌劇団副団長 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子
放送部 SLF !!(その名はスペィド)

食堂 Phadcha's Kitchen

もっと詳しく
2019 / 10 / 14
ALICE IN HELL 3rd album 先行レコ発ライブ!〈西麻布鋼鉄祭〉

【時間】
OPEN 16:30
START 17:00

【料金】
前売/当日 ¥2500(+1Drink¥500)

出演
ALICE IN HELL
unclose
DETHFAST(名古屋)
ベンベンダダンベンダラン
α-sense's
VELL'z FIRE

もっと詳しく
2019 / 10 / 19
ミリオンオーバー/ドラマ映画主題歌セッション

【時間】
OPEN 18:00〜23:00

【料金】
参加者 ¥1,500
見学  ¥500
(別途2ドリンクor飲み放題選択)
〜参加者募集中〜

もっと詳しく
田口ランディ・プロデュース 朗読パフォーマンス 「月子と僕」 –ある情事の終わり–

田口ランディ(作家)
1959年 東京生まれ。
今回のイベントをプロデュース。
吉祥寺でフリーターをしていた十代の頃に、まだ高校生だった利重剛さんと出会い、その才能にショックを受ける。
今回、数十年を経て初めていっしょにパフォーマンスをすることに。
また、大友良英さんとは、ネイキッドロフトでの飴屋法水さんを交えた「ダイアローグFYKUSHIMA」で共演。
そのとき、大友さんの人柄にほれ込み、今回のイベントの出演を依頼した。
ほぼ、同年代の男女三人によるエロティックな朗読パフォーマンス。
秋の夜長の大人の時間を企画しました。

利重 剛(映画監督・俳優)
1962年、神奈川県生まれ。
高校の時より自主制作映画に多く関わる。
高校3年の時に、徴兵制を扱ったブラックコメディ『教訓Ⅰ』で、大島渚監督より絶賛を浴び、ぴあフィルムフェスティバルで上映される。
翌年、TBSドラマ「父母の誤算」の主演で俳優としてデビュー。
また、岡本喜八監督『近頃なぜかチャールストン』では、主演・共同脚本・助監督もこなす。
1989年『ZAZIE』を脚本・監督。
以降、『エレファントソング』『BeRLiN』『クロエ』などを発表。クォーター・トーン所属。

大友 良英(ギタリスト/ターンテーブル奏者/作曲家/プロデューサー)
1959年、横浜市生まれ。
小学3年から大学入学までを福島市で育つ。
ノイズミュージックやフリージャズの分野で作品を発表する一方、様々なバンドでターンテーブルやギターを担当。
映画音楽、テレビドラマなどの作曲も数多く手がける。
自身のソロから企画性の高い各種ユニット、様々なプロデュースや即興での洋の東西を問わないコラボレーションまで、活動の幅は広い。
近年は、音楽と美術の領域にまたがる新たな作品を次々に発表。
2007年にはせんだいメディアテークでの「without records」、2008年には山口情報芸術センター(YCAM)での「ENSEMBLES」、さらに2010年には水戸芸術館でも個展。

9.26(月)
田口ランディ・プロデュース
朗読パフォーマンス
「月子と僕」
--ある情事の終わり--

原作 田口ランディ
朗読 利重 剛
   田口ランディ
音楽 大友 良英
写真 にのみやさをり

開場:19:00
開演:19:30
料金:予約/¥3,000+ドリンク代
   当日/¥3,500+ドリンク代