文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
湯山玲子presents 爆クラ 第六夜「脱原発クラシック 〜この音響は警鐘だった?!」

市民革命の気風を音楽に込めたベートーベンや戦後の東洋思想ブームを象徴したジョン・ケージなどの例にもれず、 クラシック音楽はいつの世も時代と密接に関わってもきました。音楽評論家、鈴木淳史氏のさすがの豪腕セレクションにて、クラシックはいかに原子力を描いてきたか、を紹介していきます 。
映画「原子力発電の夜明け」中、臨界シーンに登場する 山本直純作品、という直裁なものから、広島と長崎に落ちた原爆の脅威を前衛的な音響技法で描いたといわれるペンデレツキやシュニトケといった現代音楽作曲家たちの作品たち。そして、核の落とし子である「ゴジラ」の映画中、伊福部昭は、あの印象的なオーケストレーションで大衆を魅了していきました。そして、古典の分野でも、ゲーテの詩にシューベルトが曲をつけた歌曲『魔王』の内容は、目に見えない魔王に怯える子供と、それを気の迷いとして聞き入れない父親の悲劇、というもので、これまさに、現在の原発を巡る世論のせめぎ合いの人間心理ともいえるものです。

それらの作品たちに色濃く感じられるのは、暴走すれば自分たちの制御能力をはるかに超え、兵器となれば大変なことになる原子力への”畏れ”というもので、クラシック、現代音楽がそこをどう表現してきたか、というもの。それら、オーケストラの音響成果というものをじっくりと体験してください。

教養としてのクラシックではなく、ドミューンに親しんだクラブ耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。録音とクラブ音響という現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能していただければ幸いです。

曲目予定

●山本直純:映画「原子力発電の夜明け」より臨界シーン(映像)
●J.シュトラウス:ポルカ・シュネル《起電盤》/爆発ポルカ
●シューベルト:魔王
●ベートーヴェン:ハンマークラヴィーア(管弦楽版)
●ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱付き》
●モーツァルト:レクイエム+ノーノ:広島の橋の上で
●ペンデレツキ:広島の犠牲者のための哀歌
●シュニトケ:オラトリオ《長崎》
●伊福部昭:映画「ゴジラ」の音楽
●ヴァン・デ・ヴェイト/チェルノブイリ

席亭
湯山玲子(ゆやまれいこ)

著述家、ディレクター。著作に『女ひとり寿司』(幻冬舍文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え』(ワニブックス等)。
父君がクラシック作曲家、湯山昭という環境に育ちつつも、ハマったのはクラブミュージックで、著書『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)は、クラブ文化を都市や歴史風土の観点から分析、論考を行った。坂本龍一との対談がwebマガジンcommmonsで連載中。
日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。

ゲスト
鈴木淳史(すずきあつふみ)

クラシック音楽評論家。1970年生まれ。
法政大学日本文学科卒業後、アングライベント・プロデューサーを経て、売文業へ(主にクラシック音楽に関する私批評)。
著書に『萌えるクラシック—なぜわたしは彼らにハマるのか 』『わたしの嫌いなクラシック』『美しい日本の掲示板—インターネット掲示板の文化論 』(以上、洋泉社新書y)、『「電車男」は誰なのか—“ネタ化”するコミュニケーション 』(中央公論新社)、『クラシック批評こてんぱん』(洋泉社文庫)、『不思議な国のクラシック—日本人のためのクラシック音楽入門 』(青弓社)ほか多数。

10.14(金)
湯山玲子presents
爆クラ <第六夜>「脱原発クラシック 〜この音響は警鐘だった?!」
席亭
湯山玲子(ゆやまれいこ)
ゲスト
鈴木淳史(すずきあつふみ)

料金 ¥2,000+ドリンクオーダー
   ¥1,000+ドリンクオーダー
   (学割) 
19:15:開場
20:00:開演