文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 11 / 24
TRAD ROCK PARTY
2018年11月24日(土)

【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

【料金】
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
(1ドリンク別)

【出演】
Red eye
アザブスミス
Joker

[O.A] loveholic

もっと詳しく
新世界1周年緊急スペシャルライヴ!!! 80歳のNaughty Girl 白石かずこ ”今”の”愛”を詠う Vol.2

白石かずこ
詩人。
カナダのバンクーバー生まれ。7歳で帰国、10代から詩を書き始め20歳で『卵のふる街』上梓。
1970年『聖なる淫者の季節』でH氏賞。その後数々の文学賞受賞。
1970年代には30数カ国の世界詩人祭、作家会議に招かれ詩の朗読、講演を行い、米国ビート作家たちとの交友も知られる。
JAZZや舞踏とのコラボレーションでは世界的草分け。
1998年紫綬褒章。2010年三冊目の英訳詩集がNYで出版されるなど、近年も脚光を浴びている。今年80歳。

井野信義
日本の代表的なベーシストの一人。
24歳の時、日野元彦と知り合いリズム・セクションとして日本のほとんどのジャズマンと演奏・録音。
80年、初リーダー・アルバム「マウンテン」を制作。
渡辺香津美、山木秀夫と全国ツアー。
83年よりヨーロッパ・ツアーが頻繁になり、ベルリン・ジャズ・フェスティヴァルを皮切りにヨーロッパのほとんどのジャズ・フェスティヴァルに出演。
国内の主要なジャズ・ミュージシャンのみならず、数多くの来日ミュージシャンとも共演。
故エルヴィン・ジョーンズが信頼をよせていたベーシストでもある。
白石かずことは、沖至(tp)らと同様、JAZZ界の盟友の一人。
1988年アレン・ギンズバーグ来日時の詩会でも井野がBassを弾いている。
http://contrebasse.haru.gs/

梅津和時(Sax)
1949年10月17日、宮城県生まれ。
70年代前半に渡米、ニューヨークのロフトシーンで活躍した後に帰国、1977年結成の生活向上委員会大管弦楽団で一世を風靡した。
1981年にドクトル梅津バンド(DUB)を結成、以後DIVA、シャクシャイン、ベツニ・ナンモ・クレズマなどのリーダーバンドを結成、 現在はKIKI BANDとこまっちゃクレズマ、新大久保ジェントルメンの3つのバンドを率いている。
自己のバンドの活動と並行してRCサクセションのサポート、イアン・デューリー&ブロックヘッズへの参加、沖縄民謡の大工哲弘のプロデュースなど国内外の多様なジャンルのミュージシャンと無数の共演、また、アケタの店に始まり現在ピットインで続く連続コンサートの「大仕事」、雑多で猥雑なキャバレー「大風呂敷」、練馬の畑でのコンサート「フェスタ・イン・ヴィニール」などのイベントの主宰、エイジアンファンタジーオーケストラの音楽監督、「我に撃つ用意あり」などの映画音楽など、その活動範囲は単なるジャズミュージシャンの枠を大きく越えている。
還暦を迎える今も、精力的に活動中である。
http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/umezu_index.html

小澤弘邦
花活け家
1965年生まれ
幼少の頃より野花遊び。5歳で花活けを始める。
美術展や関わっていた歌番組、ライブのセットデザイン、クラブの内装、ディスプレイなどから独自のコンポジションスタイルが出来上がる。
http://floral-breeze.com

10/22(土) 新世界1周年緊急スペシャルライヴ!!!
80歳のNaughty Girl 白石かずこ ”今”の”愛”を詠う Vol.2

アコースティックベースの名手・井野信義との
好評のTRUE JAZZ DUET 第2弾!
スペシャルゲストは、梅津和時!!!
白石かずこ+井野信義+梅津和時の組み合わせは、
偶然ながら、1988年のギンズバーグ初来日時(@砂防会館)の再現。
ギンズバーグの想い出も語っていただきましょう。
白石かずこが、アレン・ギンズバーグの「HOWL」を詠んで下さるかも?!
前回と同じく、ご来場の方からのご質問も受けます。

出演:白石かずこ
   井野信義(bass)
   梅津和時(sax)
   小澤弘邦(花活け)

開場:18:30
開演:19:30
予約:¥2500+ドリンク代
当日:¥3000+ドリンク代