文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2016 / 10 / 07
新世界・コモエスタ劇場第一話[天使の恍惚」
コモエスタ八重樫(音楽愛好家)が選んだジャンルを超えた3組のアーティストの作り出す恍惚な夜の音楽会、、、お楽しみください。
【出演】赤松ハルカ / 星野みちる / 千のアカシ / DAISUKE HAYASHI(DJ) / COMOESTA YAEGASHI(DJ)

もっと詳しく
2016 / 10 / 09
目の保養しナイト!!
【出演】
紫セクベビードール(紫ベビードール+セクシーDAVINCI)
IKAZUGOKE(北村早樹子&飯田華子)
天国(vo.宮国英仁 pf.本間太郎)  ...and more


【料金】
Adv.2,500+1Drink / Door.3,000+1Drink

もっと詳しく
トリビュート・トゥ “アントニオ・カルロス・ジョビン” ナイト


20世紀のポピュラー音楽史に名を残す偉大な音楽家、アントニオ・カルロス・ジョビン。
彼の命日にあたる12月8日に、感謝と敬意の念を込めて、追悼イベント“ジョビン・ナイト”を行います。
彼を心からリスペクトするミュージシャン達による、ジョビンの楽曲を全編カバーする一夜。

メンバーは、新しいブラジル音楽の息吹を感じさせた“Bophana” 、“Hands of Creation”の活動を経て、現在は、畠山美由紀、アンサリーのライブ・サポート、リトルテンポの土生“TICO”剛とのデュオ・ライブなどで活躍をしている小池龍平(アコースティック・ギター/ヴォーカル)を中心に、“ex.Bophana” での盟友であり、ジャズ・ベーシストとして、海外でのライブ経験も豊富な、凄腕フレットレスベース奏者/ 織原良次。そして、現在“EXOTIC SESSION BAND”のメンバーとして一緒にプレイをしている、“exデタミネーションズ”のキーボーディスト/ YOSSY。
センス、スキル共、当代一の、3人がこの日の為に、全編ジョビンの楽曲をカバーする、一夜限りのセッション!

彼ら3人は、ブラジリアン・ミュージックと並列してロック、レゲエ、スカ、ジャズ、ブラック・ミュージック等を聴いて育ったアーティスト達であり、そうした意味でも、ジョビンを中心としたブラジル音楽をコミュニティー・ミュージックに閉じ込めることなく、幅広い音楽ファンに、その魅力を伝える絶好の機会となること請け合いです。

このメンツでジョビンの数えきれない名曲を味わえなんて、それは至福の時となるでしょう。
「ジョビンさん、どうもありがとう」

Webニュース記事

●BARKS
http://www.barks.jp/news/?id=1000075249&ref=rss

●CD Journal.com
http://www.cdjournal.com/main/news/antonio-carlos-jobim/41809

●ブラジルニュース
http://blog.livedoor.jp/apertodemao/archives/3704518.html

●msnエンタメ
http://music.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=778796

●Yahoo!ニュース<br />
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20111130-00000004-cdj-musi

●Yahoo!ミュージック
http://smash.music.yahoo.co.jp/top/20111130-00000004-cdj/

●MySound
http://mysound.jp/musicnews/detail/0000041809/


●小池龍平(EXOTIC SESSION BAND、Hands of Creation、ex.Bophana)アコースティック・ギター/ヴォーカル
東京都出身、リズムギタリスト&シンガーソングライター。幼少期をアメリカで過ごす。
父親の影響を受け、高校時代に初めてギターを手にする。その後、ブラジル音楽をはじめ各地の黒人音楽に出逢いリズムギターに傾倒していく。2003年ブラジル音楽を独自の解釈で演奏するアコースティック・トリオ“Bophana”を結成。
日本人離れしたクール・ヴォイスとリズム・ギターは、高い評価を受ける。2006年、自らが中心となりベースレスの変則編成アコースティック・バンド”Hands of Creation”を結成。アメリカン・フォーク、レゲエ、ブラジリアン・ミュージック等の音楽をルーツに持つ同バンドは、SUMMER SONIC 2006、朝霧Jam’06、FUJI ROCK FESTIVAL’07、SunSet Live’08等に出演する。現在は主にソロ活動に、畠山美由紀、アンサリーのライブ・サポート、小島大介’(DSK,Port of Notes)とのデュオユニット”EVEREST”や、リトルテンポの土生“TICO”剛とのデュオライブ、satocough、MCS(BIG FROG)とのアコースティックJAMバンド”my-pot”のギタリストとして活動中。
ソロ・ライブではループマシンを駆使して、声とギターをその場で次々に重ねていく斬新な即興JAMは高く評価されている。又アコースティック・ギターと歌のみというスタイルでマイケル・ジャクソンのカバーアルバムもリリースしている。昨年から、icchie Presents EXOTIC SESSION BANDにも参加、そのメンバーは、icchie(Trombone)/土生“TICO”剛(Steel pan)/YOSSY(Piano)小池龍平(Guitar)/松永孝義(Bass)/千住宗臣(Drums)という凄まじいラインナップ。
http://www.myspace.com/ryuheikoike

●YOSSY (YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、EXOTIC SESSION BAND、ex.デタミネーションズ) :キーボード /ヴォーカル
1996年より伝説のオーセンティック・スカ・バンド”デタミネーションズ”、1999年より”BUSH OF GHOSTS”に参加。
デタミ解散後、2005年から自己のプロジェクトであり、icchie(ex.“BUSH OF GHOSTS” ”DETERMINATIONS”)との共同ユニット “YOSSY LITTLE NOISE WEAVER”での活動をスタート。自己の音楽観<レゲエ、ジャズ、ブラジル、
エキゾティック、ニュー・ウェイブ、ポップ・ミュージック、エレクトロ、、、、etc>>を全て開放、昇華し、プレイヤーとしても勿論だが、アーティストとしての個性・才能が一気に大噴火。2005年にゲストヴォーカルに中納良恵(EGO-WRAPPIN’)を迎え、幻想的なサウンドを1st.アルバム『PRECIOUS FEEL』(BUS-RECORDS)をリリース、翌年には、エレクトロニカ色の強い2andアルバム『WOVEN』(spiral records”farlove”)をリリースする。そして、昨年リリースされた3rdアルバム『VOLCANO』では、全面バンドサウンドでYOSSYがヴォーカルをとり、NEW WAVEの香りのするPOPな作品となった。
ライブでは、3人トリオの編成で、アコースティックでHAPPYなサウンドを展開中。
又他にも、icchie の “EXOTIC SESSION BAND”への参加、coba-Uのアルバム『UN』のプロデュースなども手がける。
男勝りのアグレッシブなプレイからカラフルでドリーミーなトーンまで自在に使い分ける、屈指のキーボーディスト。ちなみにアントニオ・カルロス・ジョビンは、彼女がリスペクトするフェバリット・アーティスト/キーボーディストのひとりである⇒http://www.dommune.com/ele-king/chart/dj/yossy/001520/

http://www.busrecords.net/yossy
http://www.myspace.com/yossylittlenoiseweaver
http://yossylnw.exblog.jp/

●織原良次(RISK FACTOR、橋爪亮督グループ、ex.Bophana):フレットレスベース
2003年に山田里香(vo)、小池龍平(gt,vo a.k.a.bonito、Hands of Creation)とブラジル音楽を独自の解釈で演奏する『Bophana』を結成、2007年メジャーデビュー。
同時期、ジャズベーシスト鈴木勲『OMAsound』への参加でジャズシーンに頭角を現す。
2000年から参加する橋爪亮督(ts)GroupでCDを2枚リリース。クリエイティブ・ジャズ・シーンの最左翼に踊り出る。

悶絶のフルート奏者太田朱美のRiskfactorにて盛んに演奏活動。
eweから水谷浩章(b)プロデュース『RiskFactor』をリリース。

橋本学(ds)トリオで伊藤志宏(pf)とともに美的音楽追究中。

畠山美由紀(vo)ジョニ・ミッチェル・ナイトに笹子重治(gt)と共に参加、共演を重ねている。

青羊(vo,gt)の『けもの』の仲間としての活動も特筆すべきものがある。
遠藤律子FRV!にて2009年南米(ボリビア、ペルー、ベネズエラ、パラグアイ)ツアー、2010年には米モンタレー・ジャズ・フェスティバル、ペルーで演奏。
他現在、野本晴美トリオ、江藤良人funk jones、小松伸之gravity,大槻カルタ英宣vertical-engine、行川さをり、横山達治グループ、松尾由堂ボナンザ、寿永アリサcom maestro、滝野聡group、小林幹5での活動も精力的に行っている。
http://orioriori.exblog.jp/

12/8(木)

出演:
●小池龍平(EXOTIC SESSION BAND、Hands of Creation、ex.Bophana): アコースティック・ギター、ヴォーカル

●YOSSY(YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、EXOTIC SESSION BAND、ex.デタミネーションズ) :キーボード

●織原良次(RISK FACTOR、橋爪亮督グループ、ex.Bophana):フレットレスベース

オープン/19:00
ライブ/20:00〜
料金/前売予約:¥2700(ドリンク別)
学割:¥1700(ドリンク代別)
●当日券情報●
19:00より新世界店頭にて当日券発売します。
2700円(ドリンク代別) 学割:1700円(ドリンク代別)