文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 04 / 27
HR/HM DJ Event 「ROCKS」

【時間】
OPEN 18:30 / START 19:00
【料金】
チャージ:¥1000 (+1drink¥500 or 飲み放題¥2000)

【DJ】
HAMADIE (ALICE IN HELL)
狂犬 (LOUD ROOTS)
TaKA(X-FACTOR TOKYO)

※フード持ち込みOK!
※再入場可!!
※先着10名様にスペシャルDVD-Rプレゼント!!!

もっと詳しく
2018 / 05 / 19
【ミリオンオーバー・ドラマ主題歌セッション】



【時間】
OPEN 18:00
CLOSE 22:00

【料金】
参加者 ¥1000(1ドリンク別)
見学者 ¥500(1ドリンク別)

もっと詳しく
サ・ヨ・ナ・ラ パラダイスカフェ

サ・ヨ・ナ・ラ パラダイスカフェ

 アタマとココロのバランスがとれなくてにっちもさっちもいかなくなったとき、しばらく伊豆の下田に隠れていた。
ずいぶん昔のハナシだけどついこの間のような気もする。
伊豆急の終点下田駅からバスで二十分かかるまい、吉佐美から入って大浜の先に仮の住み家があった。
青い海と空。魚がうまいのはもちろんだが、昼間から飲めるちょっといい蕎麦屋があってオレは下田にいるとシアワセだった。
当時の下田はすべてがゆるくて、無免許で原付を乗りまわし、蕎麦屋で昼酒をかっ喰らい、夕暮れには泥酔して大浜の砂に埋もれていた。
スポーツは見るのは好きだが自分が躰を動かしたくない。
だから下田にいても水泳やサーフィンなどいっさいやらぬ。
まして恋人同士海辺で夕陽を眺めるなんて、万一オレにそんなことがおこったら自殺するよ。だから下田に行こうがハワイに行こうが飲んだくれるしかないのだ。
それって東京と変わらないじゃん、うん確かにそうだけど、いやしかし、開放感がちがう。
サーフィンなんかしなくても海辺にいればマイナス・イオンのおかげで酒がうまいし腹がへるのだ。
下田はね、魚もいいけど野菜がいい。春になると地物の野菜が店頭にならんで、どれもこれもうまい。
竹の子なんか隠れ家のいろりに丸ごとほおりこんで、真っ黒にして中はほくほくで、あれはうまいなァ。
下田で毎日そんな暮らしを続けオレはすっかり元気になって、そのうち東京へ帰った。
 井上ケンちゃんとキャシーが大浜でパラダイスカフェを始めたのはそれからしばらくのこと。
オレに元気をくれた下田大浜、そんな場所でパラダイスカフェは始まった。
つくづく人と地の縁を感じざるを得ない。
ケンちゃんの笑顔とキャシーの手料理、焚火をかこんでゆるゆる極楽ライブ。
オレはときどき下田大浜に舞い戻り、ずっと昔からその場所にあったかのようなパラダイスカフェで、ずっと昔からその場所にいたかのようにカウンターで飲んだくれる。
そうか、初めてパラダイスカフェに招待してくれたのは、今は亡きアコースティックの小野ちゃんだった。
小野ちゃんとその頃ジャマイカ行ったり、よく遊んだなァ。
まァともかくそんなパラダイスカフェが去年で終りになった。
パラダイスカフェはケンちゃんとキャシーにとって、音楽活動もふくめて、すべてを再出発するための約束の地だったはずだ。
世捨て人だったオレにとっても下田大浜は社会復帰するための特別な場所だった。
いやいやそんな個人的なことはどうでもいい。ひとつの酒場が終るたび悲鳴をあげるほどオレは青くはない。
こんな思いはこれまで星の数ほどしてきたからだ。
八〇年代のクーリーズ・クリーク、バー・スワミ、東風、スターバンク、サルパラ、原宿ラジオ、銀座うさぎ、ホワイト、ジョージズ、おゆきさん、ワイキキのタヒチアン・ラナイ、ヒロのダイヤモンドバー、タイのゴールデン・エレファントバー・・・この歳になるまでどれだけオレが愛した酒場が消えていったか。
通り過ぎていった女の数ほど通り過ぎていった酒場の数は無限だ。とジム・ジャームッシュは言った、(ハハ、ウソウソ!)。
だからあんまり痛みが多いけれど、オレはもうそんなことに鈍感になっているし、酒場の想い出など忘れたい。
 しかし、それでもいつか跡カタも無くなったパラダイスカフェのあの場所に立ち、オレはきっと多くのことを想い出すだろう。
 白木の窓からさしこむ木漏れ日、気のきいたBGM、解放な陽光のなかで踊ったフラガール、ハンバーガーとハワイアンコーヒー、フラ印ポテトチップとペルノの水割り、季節ごとにかすかに海の匂いは変化した。そしてなにより、ケニーの笑顔とギターの音色、キャシーの艶やかな歌声を。

  黄昏の街に誘う
  口笛とパラダイスカフェ
  見た夢はすべて幻
  笑いかける 昨日のシャドウ

  夕暮れてさまよう街
  星屑とパラダイスカフェ
  なつかしい恋人たちが
  微笑みかけてくる

  河内一作

         

Keni Inoue/Profile

2001年 沖縄在住でハワイで亡くなった海の幸のメンバー”どんと”の追悼盤 “Rainbow Island”のハワイ&沖縄録音にメンバーとして参加。
2005年 妻であり同じ”海の幸”のメンバーであったKathieとユニット”Kathie& Keni Inoue”を結成し、アルバム”Voyage to Paradise”をVivid Soundより発表。
7月、フジロックフェスティバルに出演する。
2007年 自身ソロ名義2枚目である、ギターインストルメンタルアルバム “Guitar Oasis”を秋に発売する。
インターFMのDJ、Vance Kの番組で”Guitar Oasis”がかかる。
2008年 “Guitar Oasis”のプロモーションツアーを全国的に行う。
2009年 “Aloha Yokohama Festival”に出演。
新ユニット”INOUE OHANA”のレコーディングをスタートさせる。
ハワイ島コナにて現地のメンバーと共に”INOUE OHANA”でのライブを行い好評を得る。コナにて”Earie Cruz”のライブにKathieと共に飛び入り参加する。
個人活動として古くからの友人Mooneyと、ホーギーカーマイケルのトリビュート盤”Horgy’s Back”を制作し発表。
2010年 “INOUE OHANA”の新作アイランドレゲエアルバム”Isand Blend”を完成、発表する。日本のメンバーと共に”INOUE OHANA”関東&東北ツアーを行う。
人気DJのGoerge CockleのFM番組”Island Music Serenade”で”INOUE OHANA”の”Island Blend”が全曲かかる。
フラ&ハワイアンの大イベント”Aloha Yokohama Festival”に”INOUE OHANA”で出演。
個人の活動として、ブレバタの岩沢二弓とシンガーソングライター増田俊郎とのユニット”2Uがれ”(ふゆがれ)のライブを東京&湘南で行い好評を得る。
“INOUE OHANA”の中心メンバーとして、又いろいろなミュージシャンとのコラボなど精力的に音楽活動中。

3.16(金)
サ・ヨ・ナ・ラ パラダイスカフェ

出演:ケニー井上(INOUE OHANA BAND)
   ALANI & OHANA
   テミヤン(宮手健雄)
   TAMASHIRO MARKET
   GO てぃびち
   WILD FLOWER
   AQUA & Jimbo
   中田れい子、MIHO(フラ)
   伊藤清泉(ライヴペインティング)
   and more
開場:19:00
開演:20:00
料金: 予約/¥2,000+ドリンク代
当日/¥2,500+ドリンク代