文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2016 / 02 / 15
Side C 『ラジオ危口』
Side C 『ラジオ危口』

その人の仕事のA面でもB面でもない。
そんな位置付けだからできる、あんな話やこんな話。
深夜のラジオ番組のように、ゆるゆると、でもグルービーに、
他ではできないおしゃべりを、3時間。
自宅にいるようにリラックスして、見て、聴いてください。

コンセプトは「観客がいるオールナイトニッポン」。『ラジオ○○』シリーズは、ひとりのクリエイターが、今の自分に大きな影響を与えた、あるいは愛して止まない、もしくはどうしても受け容れられないモノ、人、出来事について3時間たっぷり語るトークイベントです。

危口統之は、大学で学んだ建築から、国内外のアートフェスティバルで人気を集める『搬入プロジェクト』を生み、一方で最新作『わが父、ジャコメッティ』は、画家である実父を俳優として起用し、自分も息子役で出演するなど、実人生に正直な軌跡を作品に遺しています。それなのに作品を観る度にむしろ、思考回路や発露の方法は謎めきます。そしていつの間にか、前例のない存在感を放ってスケジュールは先々までぎっしりです。

メモの代わりに絵を描き、ヘヴィメタを愛し、夥しい数の本を読む危口の頭の中は一体どうなって、木口くんは危口統之になったのか。危口統之は、演劇界の異分子なのか、それとも溶解剤なのか。本人持参の映像や画像をもとにそれを知る、超貴重な機会です。お見逃しなく!


もっと詳しく
2016 / 02 / 23
ペーソスオバンドス〜哀愁の新世界〜
新世界お馴染みの工作バンドOBANDOSと
おやぢの哀愁を切々と唄う異色の高齢化社会派歌謡バンド
笑いと哀愁と愛を込めて
ペーソスとの待望の2マンライヴ!

スペシャルゲストに「ミス キャバレッタ」さんのバーレスクダンス!!

新世界はこの春にも閉店の憂き目を迎える今日この頃。

新世界の舞台を何度も賑わせてくれたOBANDOSと
新世界初のペーソスのライヴを
この機会に是非お楽しみ下さい!!


もっと詳しく
2016 / 03 / 16
「SHINSEKAI」
自由劇場から転身して以来、5年半に渡り数々のアーティストの実験室であり続けながらも、今春の閉店が発表された「新世界」。
さまざまな出逢いと、新たな世界を拓くキッカケを生んできたこの場所に縁の深いアーティストが集合し、感謝祭『SHINSEKAI』を開催します!
企画はここで実験者のひとりとして数々の公演を行ってきたハラサオリと小田朋美(2014年「Pとレ」など)。
音楽・ダンス・映像による一夜限りのコラボレーションをお届けします。


もっと詳しく
2016 / 03 / 18
ELECTROMANTIQUE – THE FINAL -
電子音響とロマンティシズムの融合をテーマに様々なアーティストを紹介してきたショーケース「エレクトロマンティーク」第6回は、3月をもってクローズとなる音楽実験室新世界でのファイナル・イベント。これまでの出演者から4組が再び登場し、総集編にふさわしいステージを繰り広げます。

ラウンジ・テイスト漂う3人組の8bitミュージック・ユニットYMCK。ロボットボイスからアコースティックな楽曲まで多彩な表現を展開する安田寿之。繊細で耽美的な独自のサウンドスケープを紡ぎ出す福間創。電子音とムーディなラウンジ音楽の融合をめざすヲノサトル。それぞれのスタイルで表現する電子のロマンティシズムを、じっくりお楽しみください。


もっと詳しく
「新世界の向井秀徳アコースティック&エレクトリック」完全ワンマンライブ

Sold Out!
緊急決定!「新世界」オープンより待望久しかった「向井秀徳アコースティック&エレクトリック」の完全ワンマンライブが遂に決定!
“新世界の向井秀徳アコースティック&エレクトリック”という磁場とHUBの奇跡の有線結合を目撃せよ!


向井秀徳/プロフィール
1973年生まれ、佐賀県出身。
1995年、NUMBER GIRL <http://www.emimusic.jp/numbergirl/index.htm> 結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。
2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。
また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。
2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。

7/19(木)

出演/向井秀徳アコースティック&エレクトリック

オープン/19:00
ライブ/20:00〜
料金/予約:¥3300+ドリンク代
当日:¥3800+ドリンク代