文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2014 / 09 / 25
メタモルフィック・トゥバ
音楽にとって外部とは?
「外」の音楽は「内」に導入されることで変容し、新しいものに生まれ変わる。
そして「外」へと逆発信される。箏やテルミン、バイオリン、ギターといった一見遠い存在の楽器からのアプローチは、トゥバの音楽にどのような色彩を加え、それはどのように変容してゆくのだろう?



もっと詳しく
2014 / 09 / 27
Produce lab 89 presents 五感 overs -山本卓卓の「演劇論1」-
89の意欲企画『五感overs』が復活!


集まった人の五感を、揺らす/ひずませる/疑わせる/忘れさせる/覚醒させる1時間を、範宙遊泳の作・演出家、山本卓卓がひとりでつくります。
最新作『インザマッド(ただし太陽の下)』では、俳優が舞台上で映像と直接からみあうアイデアを見せるなど、物質と人間の境界線を堂々と無視する山本ならではのプレゼンテーションにお立ち会いください。

徳永京子



もっと詳しく
2014 / 10 / 01
湯山玲子presents 爆クラ 第36夜「CMがクラシック音楽のパトロンだった時代」ゲスト:吉江一男(ミスターミュージック社長)
教養としてのクラシックではなく、クラブカルチャーを経た耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。

ゲストはCM音楽業界の第一人者である、ミスターミュージック社長の吉江一男さん。
森進一の「冬のリビエラ」、武田鉄矢&芦川よしみの「男と女のラブゲーム」などCM発の大ヒットを多く世に出してきた吉江さんはまた、クラシック、現代音楽を積極的にCMに起用してきた張本人。広告音楽史としても、貴重な一夜になると思われるので、ギョーカイ必見、必聴。


もっと詳しく
2014 / 10 / 06
BioMechanica JAPAN TOUR2014 BioMechanica / GEZAN
昨年秋、にせんねんもんだいやOGRE YOU ASSHOLE、bonanzas、
そして六本木スーパーデラックスでは非常階段とのスペシャルコラボレーション(EG階段)と共演来日を果たした
スペインのArturo Lanz (エスプレンドール ・ジオメトリコ)のサイドプロジェクト、BioMechanica(バイオメカニカ)が今秋、来日決定!
東京公演はGEZANとの直接対決のみ。
ダークノイズ・インダストリアルな実験リズムテクノ音響の静寂、
迎え撃つは爆裂疾走する真っ赤なエモーショナルノックアウトから浮かび上がるどこまでも透き通る世界観。
双方新鮮な発光なる貴重な一夜。
お見逃しなく。



もっと詳しく
2014 / 10 / 08
Courtney Swain&エビデュオ LIVE!!!
ボストンを起点に全米でソロ、バンドなど様々な形態でミュージシャンとして活動するCourtney Swainと、
昨年リリースされたCD『シャーマン狩り』が話題を呼んだ小田朋美&フジロックからコミケまで幅広い活動で知られるドラマー田中教順のデュオ(通称:エビデュオ)の二組が、
音楽実験室・新世界に初登場!



もっと詳しく
「新世界の向井秀徳アコースティック&エレクトリック」完全ワンマンライブ

Sold Out!
緊急決定!「新世界」オープンより待望久しかった「向井秀徳アコースティック&エレクトリック」の完全ワンマンライブが遂に決定!
“新世界の向井秀徳アコースティック&エレクトリック”という磁場とHUBの奇跡の有線結合を目撃せよ!


向井秀徳/プロフィール
1973年生まれ、佐賀県出身。
1995年、NUMBER GIRL <http://www.emimusic.jp/numbergirl/index.htm> 結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。
2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。
また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。
2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。

7/19(木)

出演/向井秀徳アコースティック&エレクトリック

オープン/19:00
ライブ/20:00〜
料金/予約:¥3300+ドリンク代
当日:¥3800+ドリンク代