文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2014 / 10 / 24
田中邦和+林正樹=double torus
田中邦和+林正樹=double torus
「double torus」アルバムも好評だったこのデュオの2014初、待望の演奏。
今回は各人のソロとデュオを交えたステージとなる。


もっと詳しく
2014 / 10 / 28
湯山玲子 presents 爆クラ第37回「混ぜるな危険!容赦なきノイズ/アヴァンギャルドなクラシック」
爆クラがちまたのクラシック音楽紹介番組と違うところは、現代音楽がかかる確率が非常に高いところにあります。これ、意図したわけではなくて、ゲストのみなさんの選曲ゆえん。世間一般では「騒音としか思えない」「わからない」として片付けられてしまっている現代音楽をきちんと「音楽」として受け止め、体験できる人間が少なくないということを意味します。実は現代音楽はハイドンよりも着かけて親しまれているのではないか、とすら思うこの頃。
しかしながら、ライヒやシュトックハウゼンが1.2曲ipodに入っている人も、今夜ばかりはご用心。藝大音楽研究科を卒業し、卒論がズバリ「日本の前衛音楽」という、番組ディレクター&ライターの渡邊美帆さんのアーカイヴはもうもう、ハンパじゃない。
彼女がメールで送ってきた、選曲ブランを見ると、ラージュ/13世紀後半の阿片についての作品、イトウ・テイジ/映像作家マヤ・デレンの18歳年下の夫の日本人音楽家、ヴードゥ教にはまってハイチで客死、クセナキス/ペルセポリス 高橋悠治によるとこの作品を上演中に気が狂って死んだ人がいるらしい・・・・、12世紀ノートルダム楽派のレオナン、ペロタン、ヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガー/口琴とマンドーラのための協奏曲、モーツァルト「ハーディー・ガーディのための協奏曲」、アブダラ・シャヒーン/レバノンの4分音ピアノなどなど未知の音響がてんこ盛り。
レゲエのダブサウンド、モロッコの民俗音楽ジャジューカ系が好きな人は、全員集合。当日、ブッ倒れないように(マジ)心してご来場下さい。


もっと詳しく
2014 / 10 / 30
Lana trio – ライブ イン ジャパン @新世界 vol.1 Releasetour for the new record
「Lana Trio は実験的な音楽挑戦を実にうまくこなしている。新しいサウンドとインタープレイの形態の探求は驚くほど魅力的でわかりやすいサウンドである」Eyal Hareuveni, All about jazz

「彼らのパワフルな音楽表現によりラナのトリオはワイルドで生命溢れる何かを創りだしている。明確な定義により素晴らしいミュージシャンたちがカオスをオーケストレーションしている」Culture is not your friend

「Lana trioは挑戦することを続けているが依然として聞きやすく容易にその入り口に入ることができる」Bergens tidende


もっと詳しく
2014 / 11 / 01
新世界4周年記念 FADER VOL.6
あの世界的ロックバンド、Maroon 5(マルーン5)が認めた男!
ヒューマン・ビートボックス+電子機材を自在に操る新世代のアーティスト、
Reatmo(リトモ)主催のレギュラーイベント!
年初からスタートし、数々の熱狂的な瞬間を生み出してきたこのパーティー。
新世界4周年を記念して、4ヶ月ぶりの今年最後のライヴとなります。
今回もそれぞれの世界観を生み出すアーティストたちが集結。
豪華競演を繰り広げます!!


もっと詳しく
2014 / 11 / 05
Lana trio – ライブ イン ジャパン@新世界 vol.2 Releasetour for the new record
「Lana Trio は実験的な音楽挑戦を実にうまくこなしている。新しいサウンドとインタープレイの形態の探求は驚くほど魅力的でわかりやすいサウンドである」Eyal Hareuveni, All about jazz

「彼らのパワフルな音楽表現によりラナのトリオはワイルドで生命溢れる何かを創りだしている。明確な定義により素晴らしいミュージシャンたちがカオスをオーケストレーションしている」Culture is not your friend

「Lana trioは挑戦することを続けているが依然として聞きやすく容易にその入り口に入ることができる」Bergens tidende


もっと詳しく
「新世界の向井秀徳アコースティック&エレクトリック」完全ワンマンライブ

Sold Out!
緊急決定!「新世界」オープンより待望久しかった「向井秀徳アコースティック&エレクトリック」の完全ワンマンライブが遂に決定!
“新世界の向井秀徳アコースティック&エレクトリック”という磁場とHUBの奇跡の有線結合を目撃せよ!


向井秀徳/プロフィール
1973年生まれ、佐賀県出身。
1995年、NUMBER GIRL <http://www.emimusic.jp/numbergirl/index.htm> 結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。
2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。
また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。
2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。

7/19(木)

出演/向井秀徳アコースティック&エレクトリック

オープン/19:00
ライブ/20:00〜
料金/予約:¥3300+ドリンク代
当日:¥3800+ドリンク代