文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2014 / 09 / 06
Produce lab 89 presents『官能教育』再演シリーズ第2弾 糸井幸之介 ×『安寿と厨子王』
弥勒菩薩のサディズム、再び。

どんな小説を題材にするか、そのセレクトも演出家にお任せするのが『官能教育』の基本ですが、これまでに3度、私から作品を指定したことがあります。藤田貴大さんに中勘助の「犬」、大谷能生さんに川端康成の「山の音」、そして糸井幸之介さんに「安寿と厨子王」でした。

「安寿と厨子王」がエロ? と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。過酷な運命に翻弄される姉弟の話に、多くの人は絵本で出合います。作者不詳、中世に生まれた説法節が元という物語は、森鴎外が「山椒大夫」というタイトルで小説にしていますが、これもエロとはまったく無縁です。

でも思わずにいられないのです。姉弟と違う船で連れ去られた母は、間違いなく女郎に売られたはずだと。最初は高貴な出の女として高く売られるも、やがて最下層の売女になったのではないか。成長して本来の身分を取り戻した厨子王が奇跡の再会を果たした時、母が盲目になっているのは、そうした因果によって罹った性病が原因ではなかったのかと。また、山椒大夫の屋敷で下働きをさせられていた安寿は、当然、大夫の慰みものになっていたでしょう。

そんな私見を、糸井さんは弥勒菩薩のような笑顔で静かに聞き、そして、とんでもない傑作をつくってくれました。母親のエピソードには触れなかったものの、自らが山椒大夫となり、安寿役の井上みなみさんを、やっぱり弥勒菩薩のような穏やかな顔でいじめ抜いたのです。
そして安寿が絶命する時に歌った歌を、今も私は忘れられません。糸井さんが作・演出・作詞・作曲するFUKAI PRODUCE羽衣の曲の数々はどれも、人がひとりで生まれてひとりで死んでいくという諦観が、慈しみの歌詞と明るいメロディで歌われます。その集大成がそのシーンの曲でした。中林舞さんが振り付けてくれた踊りも併せ、井上さんがそれを堂々と昇華していて、鳥肌が立ちました。
それがもう1度観たくて、もっともっと多くの方に観ていただきたくて、再演を決めました。

どうか『官能教育』、傑作中の傑作に足をお運びください。


もっと詳しく
2014 / 09 / 07
Produce lab 89 presents『官能教育』再演シリーズ第2弾 糸井幸之介 ×『安寿と厨子王』
弥勒菩薩のサディズム、再び。

どんな小説を題材にするか、そのセレクトも演出家にお任せするのが『官能教育』の基本ですが、これまでに3度、私から作品を指定したことがあります。藤田貴大さんに中勘助の「犬」、大谷能生さんに川端康成の「山の音」、そして糸井幸之介さんに「安寿と厨子王」でした。

「安寿と厨子王」がエロ? と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。過酷な運命に翻弄される姉弟の話に、多くの人は絵本で出合います。作者不詳、中世に生まれた説法節が元という物語は、森鴎外が「山椒大夫」というタイトルで小説にしていますが、これもエロとはまったく無縁です。

でも思わずにいられないのです。姉弟と違う船で連れ去られた母は、間違いなく女郎に売られたはずだと。最初は高貴な出の女として高く売られるも、やがて最下層の売女になったのではないか。成長して本来の身分を取り戻した厨子王が奇跡の再会を果たした時、母が盲目になっているのは、そうした因果によって罹った性病が原因ではなかったのかと。また、山椒大夫の屋敷で下働きをさせられていた安寿は、当然、大夫の慰みものになっていたでしょう。

そんな私見を、糸井さんは弥勒菩薩のような笑顔で静かに聞き、そして、とんでもない傑作をつくってくれました。母親のエピソードには触れなかったものの、自らが山椒大夫となり、安寿役の井上みなみさんを、やっぱり弥勒菩薩のような穏やかな顔でいじめ抜いたのです。
そして安寿が絶命する時に歌った歌を、今も私は忘れられません。糸井さんが作・演出・作詞・作曲するFUKAI PRODUCE羽衣の曲の数々はどれも、人がひとりで生まれてひとりで死んでいくという諦観が、慈しみの歌詞と明るいメロディで歌われます。その集大成がそのシーンの曲でした。中林舞さんが振り付けてくれた踊りも併せ、井上さんがそれを堂々と昇華していて、鳥肌が立ちました。
それがもう1度観たくて、もっともっと多くの方に観ていただきたくて、再演を決めました。

どうか『官能教育』、傑作中の傑作に足をお運びください。


もっと詳しく
2014 / 09 / 08
Produce lab 89 presents 夢十夜を遊ぶ夜 第1弾 鳥山フキが「夢十夜」を好きにする
『夢十夜を遊ぶ夜』とは──

夏目漱石が書いた、不思議な夢のオムニバス「夢十夜」。
〈死を看取った女の墓の横に座り続け、ある日、百合の花が咲いたのを見て100年経ったことを知る夢〉〈夜の山道を歩きながら、おんぶした息子が、かつて自分が殺した盲目の男だったと気付く夢〉〈美しい女に付いていき、崖の縁で際限ない豚の大群に襲われる夢〉など、美しかったり不気味だったりナンセンスだったりする夢を10話集めたこの小説は、理論派とされる漱石らしからぬ幻想的なテイストでありながら、多くのファンを持っています。
これをどうにかしてリーディング公演にできないか、ずっと考えてきましたが、とうとう、ひとりの演出家の方に丸投げすることにしました。「漱石の「夢十夜」を好きにして遊んでください」と。
でも、そのほうがおもしろくなりそうな予感がしています。どうぞお楽しみに!

☆夏目漱石「夢十夜」は青空文庫で読めます。短編なので、ぜひご一読ください。

第1弾に鳥山フキ(ワワフラミンゴ)登場!

記念すべき第1弾の演出は、鳥山フキさんにお願いしました。綿菓子を舐めているつもりが岩塩が出てきたのだけれど、本当は何も食べていなかったのかもしれない──。そんな、先の読めない、裏付けなど気に留めない、人を食ったその世界は「夢十夜」にぴったりです。
キャストは、ワワフラミンゴでおなじみの女優さんふたりと男優さん、そして音楽に小島ケイタニーラブさんと、一晩だけのリーディングでありながら豪華な面々です。
夢か現(うつつ)か、不確かで気持ちのいい鳥山時間を、ゆるりと味わってください。



もっと詳しく
2014 / 09 / 10
Ultimate instrumental bash vol.3
タイトなドラミングに縦横無尽のシンセベースが強靭なグルーブを生み出す。グルーブを切り裂くギター、サックスが絡み出すと、辿り着く先はとてもオーディエンスには創造できないフューチャー・ファンク・ジャムの大河へと流れ込む。気をつけないと溺れるぜ!
竹内朋康(ex.SUPER BUTTER DOG、マボロシ他)の呼びかけで集まった手練ファンク集団、竹内朋康カルテットをヘッドライナーに据え、ジャンルレスに選び抜かれた旬のインストルメンタル・バンドと毎回真剣勝負!
究極のインストルメンタル・ナイトいよいよ好調!
既に伝説とも呼べる過去2回を経て、迎えるは対バンは、FUJI ROCK FESTIVAL 2014出演で増々大注目のMuff!!「Ultimate instrumental bash」でしか考えられない超ド級な対バンがここに実現!

出演/竹内朋康カルテット(竹内朋康、タケウチカズタケ、栗原健、岡野tiger諭)
Muff(マフ)

もっと詳しく
2014 / 09 / 12
村崎百郎館完成記念祭 全日本鬼畜Night VOL.2
村崎百郎館完成記念祭 全日本鬼畜Nightの第2弾!
タイトルにある<村崎百郎館>は静岡県伊東市にある<まぼろし博覧会>という博物館の中にあります。
作る事になった経緯は新世界でもおなじみの都築響一氏のメルマガやメンズサイゾーでのインタビュー記事をお読み頂きたいのですが、少しでも多くの方に現地を訪れて欲しいとの思いから、今回村崎百郎館の完成を機に、彼と親交の深かった京極夏彦氏、根本敬氏、エミ・エレオノーラ氏を中心に、完成記念のイベントを企画しました。
村崎百郎を知らない方にも楽しんで頂ける一夜になれば・・・と
思っています。
森園みるく



もっと詳しく
「新世界の向井秀徳アコースティック&エレクトリック」完全ワンマンライブ

Sold Out!
緊急決定!「新世界」オープンより待望久しかった「向井秀徳アコースティック&エレクトリック」の完全ワンマンライブが遂に決定!
“新世界の向井秀徳アコースティック&エレクトリック”という磁場とHUBの奇跡の有線結合を目撃せよ!


向井秀徳/プロフィール
1973年生まれ、佐賀県出身。
1995年、NUMBER GIRL <http://www.emimusic.jp/numbergirl/index.htm> 結成。99年、「透明少女」でメジャー・デビュー。
2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。
また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。
2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。

7/19(木)

出演/向井秀徳アコースティック&エレクトリック

オープン/19:00
ライブ/20:00〜
料金/予約:¥3300+ドリンク代
当日:¥3800+ドリンク代