文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 11 / 24
TRAD ROCK PARTY
2018年11月24日(土)

【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

【料金】
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
(1ドリンク別)

【出演】
Red eye
アザブスミス
Joker

[O.A] loveholic

もっと詳しく
山﨑ハコ『新CD 〜縁〜 発売記念ライブ』


TECE-3067  2800円(税込)

本年3/7発売のニューアルバム「縁」リリースを記念したライブが、初登場の西麻布『新世界』にて緊急決定!
昨年、急逝した俳優原田芳雄が山﨑ハコに残した“縁(えにし)”という重いワード、そして3.11……。
2つの大きな悲しみに、唄うことは出来ても詩が書けないという状況下、東京を離れ山形にて創作活動に没頭。
都会の喧騒を離れた静寂の中、何よりその景色の美しさ懐かしさ、東北の神秘の中で詞が曲が生まれだした。
そして山形を離れる前日、「縁(えにし)」という歌が出来た。密かにタイトルにしたいと思っていた言葉…。
逝った人と「もう会えない」のではなく「いつか会える」と思えた。
長い山﨑ハコのキャリアの中で正にエポックメーキングな快作「縁」!
喪失してしまった日々を今こそ、その生(ライブ)での歌声は蘇らせる。
必見です!


山﨑ハコ/プロフィール
1974年 『ジョイナス・ニューフォーク・コンペティション』優勝
1975年 ファーストアルバム『飛・び・ま・す』でレコードデビュー
1979年〜80年 ニッポン放送『オールナイトニッポン』火曜日のDJ
1979年 東映映画『地獄』の主題歌・挿入歌を担当
1979年 9月 博品館劇場にて初の連続コンサート
1980年 ブラックニッカのイメージソング『男のウイスキー』発表
1981年 東映映画『青春の門』の映画音楽を担当。そのイメージソング『織江の唄』がヒット
1984年 香港映画(東映配給)『望郷』の映画音楽を担当
1987年 鈴鹿8時間耐久レースのイメージソングを作曲
1990年 映画『曖・昧・Me』の音楽制作
1992年 アップルコンピューターCMソング歌唱
1994年 東映映画『愛の新世界』の音楽制作
     TBS横山やすし追悼ドラマ「俺は浪速の漫才師」のエンディングテーマ『たどりついたらいつも雨ふり』発売
1997年 NHK『みんなのうた』で『わっしょい・ニッポン』オン・エアー
     テレビ東京『いい旅、夢気分』のエンディング曲担当
1998年 日活映画『皆月』のエンディングテーマ「早く抱いて」発売
2000年 TBSテレビ愛の劇場「あっとほーむ」のエンディングテーマに参加
     シングル『希望』室井 箱(滋)、山崎ハコのカップリングで発売
2001年 『飛びます?17才?』・『Dear My Songs 山崎ハコ・ベスト』2枚組発売
2002年 マキシシングル『やさしい歌』発売(徳間ジャパン)
     7月 フジテレビ・アニメ「ちびまる子」特番に本人役(山崎ハコ役)で歌・アフレコで登場
2003年 劇団前進座公演、中村梅雀主演舞台「まんがら茂平次」の主題歌「刹那の夢」を書き下ろす。(2004年同曲発売)
2004年 ライブ活動と楽曲提供を続け、2005年?2006年「30周年」と釘打ったコンサートを全国で行う。
2006年 「飛びます」「綱渡り」(ニューエレック)、「山崎ハコ ゴールデンベスト」(ユニバーサル)、ベストアルバム 「歌いたいの」、シングル「てっせん子守唄」(徳間ジャパン)30周年記念アルバムが続々と発売される。
2007年 1月 早稲田大学院セミナー、特別講師として小野記念講堂でコンサートを行う。
2008年 2月 コロムビアミュージックエンタテインメントよりシングル「BEETLE」(TBSテレビ・徳光和夫の『逢いたい』エンディング・テーマ、 ドキュメント映画「東京ソーダ水」テーマ曲。
    6月 阿久悠トリビュートアルバム『歌鬼-GAKI-』に「ざんげの値打ちもない」で参加。
    7月 ポニーより初CD化2曲を含むベストアルバム「山崎ハコ・ベストコレクション」発売。
2009年11月4日 35周年記念アルバム『未・発・表』リリース
2010年10月2日〜映画『ヘヴンズストーリー』(4時間38分大作)にて女優デビュー
2011年 1月 テイチク移籍第一弾『あなたの声』リリース(NHKラジオ「深夜便の歌」)

【受賞】
1994年  『十八番(おはこ)』にて第36回日本レコード大賞アルバム企画賞を受賞
2011年 第25回高崎映画祭『ヘヴンズストーリー』最優秀助演女優賞受賞

【舞台】
1991年 渡辺えり子主宰「劇団300(さんじゅうまる)」公演『クレヨンの島』客演(本多劇場)
1993年 劇団300公演『月に眠る人』客演(シアター・アプル,山形、大阪公演など)
1994年 劇団300公演『赤い靴』客演(ザ・スズナリ)
2001〜04年 劇団前進座70周年記念公演「旅の終りに」原作・脚本:五木寛之、主演:中村梅雀(東京新国立劇場 他160公演)
2003年 TARAKO・渡辺菜生子プロデュース「dear?ガラス越しに」客演(シアターVアカサカ)
2004年 ミステリーミュージカルコメディー「オペラ座の怪人二十面相」(本多劇場・1日ゲスト出演)高平哲郎・演出/主演・斉藤晴彦
2008年 深沢敦プロデュース「絢爛とか爛漫とか」(飯島早苗・作/星田良子・演出)4人芝居で客演(下北沢駅前劇場)。

【TV】
日本テレビ『進ぬ!電波少年』(2000年), テレビ朝日『朝まで生つるべ』(2001年),NHK/BS-2『フォークの達人』(2006年), NHK/BS-2『日本のフォーク&ロック』(2007年)NHK/BS-2『フォーク大集合』(2008年)、テレビ東京「ミューズの晩餐」(2008年)、日本テレビ系「99プラス」(2008年)

【RADIO】
2002年7月〜9月 NHK第一ラジオ『はつらつスタジオ』レギュラー出演
2004年〜現在 『山崎ハコの本日おハコ』(ラジオ日本よりネット放送中)
2005年 『山崎ハコの夢さがし』(TBS系ネット)

 

【楽曲提供】
1995年 門倉有希『姫女苑』『海の恋唄』島倉千代子『海かがみ』『夢だから』『ちよこまち』(2003年)、『心がたり』(2004年)、『ちよこまち』シングルカット(2005年)、『そろそろり』 『それいけGOGO』(2006年)
2005年 韓国ドラマ『美しき日々』テーマ曲「約束」(歌・ディン・フェイ)の日本語歌詞を担当
2006年 松尾ともこシングル「ヒロインのように」・平浩二&松尾ともこデュエット曲「微笑みの再会」 詩・曲提供
2005年  藤あや子「新月」「哀花」共に作詞・作曲
2006年  菅原洋一「ありがとう・ごめんね」(詩・提供)
2007年 9月 劇団リサイクル「内蔵王国」に曲提供(下北沢・楽園)。
2008年 7月 椿組・新宿花園神社・野外劇「新宿番外地」(作・演出/水谷龍二)に主題歌提供。

【WEB・配信】
2007年 ケイタイサイト「週間モバイルヨム」で自伝小説「はこちゃん」連載。

8/3(金)

出演/山﨑ハコ
安田裕美

オープン/19:00
ライブ/20:00〜
料金/予約:¥5000(ドリンク代別)
当日:¥5500(ドリンク代別)
※当日券情報
お立ち見となりますが若干枚19時より「新世界」店頭にて発券いたします。