文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 12 / 20
毎日がクリスマスだったらな! ザ・Xmas会! ~ Xmasカヴァーソング『毎日がクリスマスだったら』配信リリース記念パーティー ~


2017年12月20日(水)

【時間】
開場 19:00
開演 19:30

【料金】
予約/前売: 3,000円
当日: 3,500円
+ 1ドリンク代 500円
※クリスマス・プレゼント付 (予約限定)

【出演】
★LIVE
野佐怜奈 (w. gt. 武藤良明 / key. きくちまゆ / Ba. 勝原大策 / Ds. なかじまはじめ)
ネオンズ
Doremi Hamill

★DJ
SLF!! (その名はスペィド)

もっと詳しく
安斎肇 presents ハジハジ博士の小冒険 最終章

あんざい・はじめ / Hajime Anzai
イラストレーター、アートディレクター。
ソラミミスト。
東京イラストレーターズ・ソサエティ会員
音楽に関する様々なビジュアルから、キャラクターデザイン、雑誌連載、展覧会、CMナレーション、「タモリ倶楽部」空耳アワー出演など。現在、勝手に観光協会、宿題工作オバンドス、フーレンズ、みち、ーーーー(よこぼう)のメンバー。
ラストオーダーズ顧問。
東京イラストレーターズソサエティ会員。
第三回みうらじゅん賞受賞。

小野瀬雅生
クレイジーケンバンド(CKB)のリードギタリストで、小野瀬雅生ショウのリーダー。
愛称「ノッサン」。
長年CKBリーダー横山剣の片腕として曲のアレンジやサウンドディレクションをサポートしている。
2001年には自らのバンド「小野瀬雅生ショウ」(OMS)を結成。
2009年からは、「フーレンズ」にも参加。
最近は安齋肇とフォークデュオ「みち」としても活動している。
オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」
http://ameblo.jp/onose-masao

しりあがり寿
1958年静岡市生まれ。
1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。
1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。
パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。
1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、マンガ家として独自な活動を続ける一方、近年ではエッセイ、映像、ゲーム、アートなど多方面に創作の幅を広げている。

8.8(水)
安斎肇 presents
ハジハジ博士の小冒険
最終章

第1部
ハジハジ王国盛衰記

第2部
ホジホジ宮殿の幻術師

第3部
フィナーレ組曲
『大空へ』

出演
ハジハジ博士
安齋肇

ホジホジ博士
しりあがり寿

テケテケ博士
小野瀬雅生

ゲスト実験者多数

開場:19:00
開演:20:00

チケット代
予約:¥2,000+ドリンク代
当日:¥2,500+ドリンク代
学割:¥1,000+ドリンク代