文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
新世界&The Dubless presents… Promised Heights

ライブ・アクトの出来るアーティストの作品をオリジナル+ダンス・リミックスという形態でヴァイナル化をリリース・ポリシーにしたレーベル、”ROOM FULL OF RECORDS”より12インチ「JAMKARET / Blackkite」をリリースしたThe Dublessの発売記念パーティー♬

ライブにThe Dubless、そして同レーベルからやはり12インチをリリースしているMANDOG
そして注目の女性アーティストminguss!!
DJにはMax Essa、pAradice、新世界の長谷川賢司がプレイしてパーティーを盛り上げます!!
皆さん、是非お越しください!!

【Live acts】

■The Dubless
UZNKとryo of dextraxによる不定形プロジェクト。2008年春、吉祥寺「bar Cheeky」で出会い結成、フリートウッド・マック“albatross”をカヴァー演奏したのをきっかけに、以降、鳥を題材にしたダンス〜ロック・ミュージックを制作しはじめる。2012年2月には演劇「ナイロン100℃ SIDE SESSION / 持ち主、登場」の劇中音楽を担当し、同3月に初のミニアルバム『The Dubless / The
Dubless』を発表。10/1に[ROOM FULL OF RECORDS]より、12インチ・シングルをリリース。


MANDOG(宮下敬一)
ギタリスト 東京都出身
R&Rに影響を受け13歳よりギターを始め、後にBlues/Soul/Jazzへ傾倒。20歳よりスウィング〜モダンジャズギタリストとして全国のホール、ライブハウス、フェス等で数年間活動を行うが自身の音楽を模索するため長い充電期間に入る。2000年、音楽活動再開。以降、国内外のレーベルより音源リリースを続け、海外でも度々ライブを行っている。日本及び数多くの海外公演で共演しているダモ鈴木(ex:CAN)は”Maniac-Anarchy-No End-Dramatic-Original-Guitar”と呼び、GURU GURUのリーダーでドラマーのマニ・ノイマイヤーは”全く新しいrhythm hunting echoes style”とMANDOGを称している。また不定期で田畑満bass(ZeniGeva,acid mothers temple)、藤掛正隆drums(ex:ZeniGeva,渋さ知らズ,majikanaharu)とのインスタントコンポージング・トリオ”Wabo-Chao”の活動も行っている。


■minguss
1982年7月19日東京生まれ。幼少期よりクラシックピアノを学び音楽大学ピアノ科を卒業。在学中よりジャズをはじめクラシック以外の音楽に夢中になる。卒業間近にアメリカへ短期間のジャズプログラムを受けに行った後、自身のバンドを組む決意をする。2005年9月にミンガスを結成。2006年に1st.アルバム『プリミンガス』をリリース。この頃からマイルス・デイビスの音楽に特に心酔し始め、音楽に対する感性が変わる。2008年に『スーパーソニックサウンド』をリリース。その後からデトロイト・テクノに引き寄せられクラブ・ミュージックに心酔し始める。世界中で活躍し、独特の繊細で美しい音楽を生み出し続けるHIROSHI WATANABE a.k.a. KAITO氏プロデュースで、3rdアルバム”night of the vision”を自身のレーベルIZIDOAより2011年10月12日に発表。このアルバムには、ジャーマン・ロックの巨匠マニュエル・ゲッチングからもコメントを寄せられる。現在はサックス奏者を入れた編成でのパフォーマンスを重ね、ライブにて新たな曲を発表しつつ、次回作への構想を模索している。

【DJs】

■MAX ESSA
1993年に、Warpからプロデューサーとしてデビュー。これを皮切りに、Paper Recordings, D.i.Y Discsなどディープハウスレーベルから次々と作品を発表。また、マンチェスターのハシエンダ、ロンドンのヘヴン、サンフランシスコの ザ・エンド・アップなど、イギリス、ヨーロッパの多くのパーティでDJ活動を行うようになる。
2005年、ロンドンに拠点を置くレーベルBear Funkと活動を開始。Bear Funkから2枚のソロアルバム『Continental Drift』(2009年)『White Shoes Blue Dreams』(2010年)、レーベ ル主宰のスティーヴ・コーティとのコラボレーション・アルバムを2枚、Soiree名義『Zim Zim Zah Zah』(2009年)『The World of Progressive Disco』(2011年)をリリース。また2010年にはIs It Balearic?からの2枚目のシングルを発表。この12インチに収録の20分に及ぶ壮大なメイントラック「Panorama Suite」は高い評価を得て、プロデューサーとしての名声を確立することとなった。
2008年日本に移住。多くのパーティーにゲストDJとして招かれプレイ。また、Tirk、Ene Tokyo、ノルウェイのTelle Records等からリミキサーとしての依頼が殺到するなか、2010年には、自身主宰のレーベルJansen Jardinを立ち上げる。マークE、ソフト・ロックス とディミトリ・フロム・パリ等のDJから大きな支持を受けている。Bear Funk、Is It Balearic?、Needwant、Feel Music等から新作を、Leng、チャールス・ウェブスターのMiso Records、NYのDisques Sinthommeからはリミックスが予定されており、2011年は多忙を極めている


■pAradice
’06に三軒茶屋のDJbar、DUNEで勤務と同時にDJを始めるtech,houseをベースにしつつも DJbar文化の中で煮込まれた様々な音楽と空気を吸収し時代、ジャンルをまたぎながら、jazz、rock、world musicを多彩にmixし独自の世界観をそうぞうする。自身で『△delta;』@orbitを主宰する他、都内各所〜よばれるままに音を持ち寄り。2010年から『Life Force』にも参加している。

schedule→http://palalog.blog103.fc2.com/
soundcloud→http://soundcloud.com/dj-paradice

10/12(fri)
新世界&The Dubless presents...Promised Heights

【出演】
Live :
The Dubless
Mandog
minguss

DJs :
Max Essa
pAradice
Kenji Hasegawa

open / start 22:00

entrance fee :
当日/予約共、¥2000+ドリンクオーダー