文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2019 / 10 / 13
新世界・野佐怜奈共同企画 【新世界女学園文化祭】


【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

前売 ¥3,500
当日 ¥4,000
(1D¥500or飲み放題¥2,000別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
生き物係 タクトくん
吹奏楽部 海藻姉妹
軽音部 赤松ハルカ
新世界女学園歌劇団 紫式部
歌劇団団長 蜂鳥スグル
歌劇団副団長 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子
放送部 SLF !!(その名はスペィド)

食堂 Phadcha's Kitchen

もっと詳しく
2019 / 10 / 14
ALICE IN HELL 3rd album 先行レコ発ライブ!〈西麻布鋼鉄祭〉

【時間】
OPEN 16:30
START 17:00

【料金】
前売/当日 ¥2500(+1Drink¥500)

出演
ALICE IN HELL
unclose
DETHFAST(名古屋)
ベンベンダダンベンダラン
α-sense's
VELL'z FIRE

もっと詳しく
2019 / 10 / 19
ミリオンオーバー/ドラマ映画主題歌セッション

【時間】
OPEN 18:00〜23:00

【料金】
参加者 ¥1,500
見学  ¥500
(別途2ドリンクor飲み放題選択)
〜参加者募集中〜

もっと詳しく
助川太郎プロデュース「5つのソロ演奏と、6つめの合奏のための競争曲」

※新世界マンスリーペーパーに掲載されております、「三位一体の祭り」vol.2はタイトル/内容が記載のとおり変更となりました。どうかご了承くださいませ。

ギタリスト助川太郎が「マニアックだけどアンダーグラウンドじゃない」音楽の切り口をテーマに、今一番興味ある音楽家を呼び集めるスペシャルイベント。今回は楽器もジャンルもスタイルも異なる5人のミュージシャンが、それぞれの音楽が一番裸になる「ソロ演奏」を行い、最後に全員で演奏し、その流れを1つの音楽として味わってしまおうという音楽祭り。

出演は、
新しいスティールパン音楽を追求する町田良夫、電子音楽をベースにジャンルレスに活動する音楽家安田寿之、
ジャズ/ブラジル音楽の両ジャンルで大ブレイク中の個性派ヴォーカリストEMiKO VOiCE、声の拡張と新たな可能性を目指す
驚異のボイスパフォーマー徳久ウィリアム、そしてご存じ、ギタリスト助川太郎。

町田良夫

プロフィール
音楽家、スティールパン奏者/美術家。多摩美大在学中、秋山邦晴に師事。90年代、アジア、アフリカで国際協力に従事、現地の音楽と直に触れ合う。個性的なソロ作「Naada」は細野晴臣から「スチールパンの新しい旅」と賞賛される。ISEA、Sonar Tokyo、MaerzMusik等の音楽祭参加。音楽レーベル、アモルフォン主宰、ポストダブ「ミーモ」や山本達久とのduo「オハナミ」でも活躍。2012年限定vinylでソロ2作をリリース。2013年仏Baskaruよりアナログ・モジュラー・シンセのアルバムをリリース予定。
www.yoshiomachida.com

安田寿之

プロフィール
電子音楽をベースにジャンルレスに活動する音楽家。元FPM。ROBO*BRAZILEIRAとしてブラジル音楽を歌う等ユニークなソロ活動を主体に、Towa Tei、Atom Heart、Clare and The Reasons、Fernanda Takai等、内外・ジャンル問わず共作・共演。CM、中野裕之、篠山紀信、桑原茂一等への音楽提供も多数。MEGADOLLYレーベル代表として「音楽のソーシャル・ハブ」になるべく、直接契約するiTunes Storeで多様なアーティスト作品を全世界発表すると共に、ライブイベント「We “hub” music!」を主催。2011年には「Red Hot + Rio 2」に、Beck、Caetano Veloso、Bebel Gilberto、David Byrne等と共に参加。
http://www.toshiyuki-yasuda.com/

EMiKO VOiCE

プロフィール
コケティッシュ/エレガント / コミカル/ディープな声でジャズとブラジル音楽を歌う、ワン & オンリーのボーカリスト。
フリージャズピアニスト、スガダイロー氏とのデュオプロジェクトは、”Phase1″(2007)”Phase2″(2009)という二枚の CDに結実、2012年夏にはUENO JAZZ INN ’12に出演、「普通の曲が普通じゃない」ジャズが大反響を巻き起こした。
一方、ブラジル音楽のカントーラ(=歌手)としてはギタリスト助川太郎とのユニット『メヲコラソン』で2012年9月にニューアルバム
「ホールトーン2」を発売、初台オペラシティリサイタルホールでの生音ボサノバコンサートを大成功させた。

徳久ウィリアム

プロフィール
ホーメイ(一度に二つの音を出す、特殊な歌唱法)、モンゴルのオルティンドー、イラン(ペルシャ)のタハリール唱法、などの民族音楽的発声から、デス声、独自の「ノイズ声」まで、特殊な発声法のスペシャリスト。元「倍音S」。現在、TaikuhJikang、CharlieWilliamsなどのバンド活動をはじめ、即興演奏、前衛からポップスまで、年約100本のライブをこなす。ライブ以外にも、「発声」に関するレクチャー、ワークショップ、個人レッスン、「人と呼吸/声と健康」をテーマに、真っ暗闇マンスリーイベント「クラヤミノtones」や、「呼吸と声の連続WS」などのイベント企画、運営も行なう。

助川太郎

プロフィール
ブラジル音楽・即興演奏の分野を中心にジャンルを超えて活動するギタリスト。

1973年東京生まれ。アメリカバークリー音学大学卒。
ジャズギタリストとしてのバックグランドに加え、クラシックギターで培った深い音色、ブラジル音楽の多彩なリズム、 特殊奏法を多用した即興演奏、エフェクターを駆使したサウンドデザインまで、多岐にわたるギターの可能性を統合、拡大、 更新し続ける演奏家。アコースティック・エレキギターだけでなく、ブラジル弦楽器のカヴァキーニョやヴィオラカイピーラ、 7弦ギター、バンジョーなど各種弦楽器も駆使する。また近年では民族楽器「口琴」に深く魅せられ、口琴奏者としての活動も開始し、口琴の技術開発と普及活動も行っている。

現在は幅広いギタースタイルと個性的な世界観で、多種多様なミュージシャンとのライブツアーやレコーディングに参加。 自己のブラジリアンジャズユニット「メヲコラソン」を2003年より主宰。ソロアーティストとしても2008年にブラジルの 器楽ショーロを現代的にアレンジしたソロアルバム「Noturno」を発表し、反響を呼んだ。2005年より自己のレコーディングスタジオ「エクレクティックレコーズ」を立ち上げ、様々なアーティストのレコーディング/プロデュースも行っている。
http://www.tarosukegawa.jp/

10/13(土)
助川太郎プロデュース「5つのソロ演奏と、6つめの合奏のための競争曲」

【出演】
・助川太郎(ギタリスト、口琴奏者)
・安田寿之( 電子音楽をベースにジャンルレスに活動する音楽家 )
・町田良夫(スティールパン奏者)
・EMiKO VOiCE(ヴォーカリスト)
・徳久ウィリアム(ヴォイスパフォーマー、口琴奏者)

【時間】
開場 19:00
開演 20:00

【料金】
予約 3000円+ドリンクオーダー
当日 3500円+ドリンクオーダー