文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2016 / 10 / 07
新世界・コモエスタ劇場第一話[天使の恍惚」
コモエスタ八重樫(音楽愛好家)が選んだジャンルを超えた3組のアーティストの作り出す恍惚な夜の音楽会、、、お楽しみください。
【出演】赤松ハルカ / 星野みちる / 千のアカシ / DAISUKE HAYASHI(DJ) / COMOESTA YAEGASHI(DJ)

もっと詳しく
2016 / 10 / 09
目の保養しナイト!!
【出演】
紫セクベビードール(紫ベビードール+セクシーDAVINCI)
IKAZUGOKE(北村早樹子&飯田華子)
天国(vo.宮国英仁 pf.本間太郎)  ...and more


【料金】
Adv.2,500+1Drink / Door.3,000+1Drink

もっと詳しく
あのじゃがたらの名曲の数々を、南流石が舞い、渋さ知らズが奏で、そして、こだま和文が唄う。

11/2(金)の公演は”SOLD OUT”となりました。

新世界2周年スペシャルファイナル!!
速報!!EBBY出演決定!!
3/11以降、故江戸アケミの予言的言霊はますます巨大化し、リアルな導きと成ってゆく。
80年代最重要バンド、あの“じゃがたら”のゲノムを、未だ“本籍じゃがたら”の“南流石”が舞い唄い、じゃがたらを愛してやまない不破大輔率いる“渋さ知らズ”が奏で、なんとゲストヴォーカル!?として、江戸アケミの旧友“こだま和文”が謳い上げる!
新世界2周年ファイナルは魂の超ヘヴィー級ライブで〆ます!!


南流石/プロフィール
3歳からバレエやジャズダンスなどに取り組み、16歳の頃からインストラクター、20歳の頃にはミュージカルダンサーとして活躍していた。だが日本のダンスが海外からのコピーによるものに抵抗を感じたのか、自分自身で創作ダンスを展開し、ストリートパフォーマーとして活動するようになっていく。
その後歌手の振り付けやコンサートなどのバックダンサーとしての出演、更にコマーシャルの振り付けなどにも取り組む。振り付けを手掛けたCMは現在まで多数オンエアーされている。振付を担当した歌手も多数に上り、サザンオールスターズの桑田からはこれが縁で芸名を授かっている。稲村ジェーンの振り付けも担当した。また、南流石自身スタイリストとしても活躍をしている。自らの日々のコスチュームにadidasのアイテムが必ずひとつあるらしい。
自らが率いるクリエイティブダンスチーム「流石組」(さすがぐみ)で後継者の指導にも当たっており、年末のNHK紅白歌合戦では例年、複数の歌手のバックで「流石組」のクレジットを目にすることが出来る。
1980年代に活動していた伝説的なバンド「JAGATARA」のメンバーであり、コーラス・ダンサーとして参加していた。解散後には、同バンドのメンバーらと「TANGOS」というバンドでもボーカリストとして活動していた。
NHKのようこそ先輩という番組で母校である神奈川県藤沢市立片瀬小学校へ行き、生徒とともに校歌に振りをつけ全校生徒で踊ったことがある。
2010年10月26日 高齢者対象の運動プログラム「ココロからダンス」(出演:南流石、監修:(財)岩手長寿社会振興財団、岩手医科大学、企画構成:流石組、著作制作:NHKエデュケーショナル)のDVD完成披露をかねて、岩手県にて発表を行った。
2011年8月3日 キティちゃんとサスガちゃんでダンスユニットを結成。ユニット名は「KITTYSASUGA(キティサスガ)」。コンセプトは脳育ダンス(脳を育むダンスデコレーション?→!)。テーマはアースディスコ、世界中の音楽にあわせて乳幼児期においての身体表現。企画協力は脳科学者久保田競、脳科学おばあちゃんで知られる久保田カヨ子。


渋さ知らズ/プロフィール
不破大輔を中心に結成された大所帯バンドで、1989年に最初のライブを行う。演奏はフリージャズをベースにしているが、演劇的感覚が強く、ジャズ、ロッ ク、フォーク、歌謡曲など様々な音楽要素が混在している。そのステージはミュージシャンだけでなく、舞踏家、ダンサー、バナナ娘、映像などが次々と現れ、 観客を熱狂させていくことから、祝祭的なバンドと評される。国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け、フジロック(日)、グラストンベリー(英)、 メールス(独)、ロッチェッラ(伊)、ナント(仏)、ケベック(加)などのメインアクトに指名された。また、数度の長期ヨーロッパツアーや、日本各地で自 らテントを建ててのライブ活動も行っている。

スペシャルゲスト

こだま和文 from DUB STATION/プロフィール
1982年、ライブでダブを演奏する日本初のダブバンド「MUTE BEAT」結成。通算 7 枚のアルバムを発表。1990年からソロ活動を始める。ファースト ソロアルバム「QUIET REGGAE 」から2003年発表の「A SILENT PRAYER 」まで、映画音楽やベスト盤を含め通算8 枚のアルバムを発表。
プロデューサーとしての活動では、FISHMANS の1stアルバム「チャッピー ドント クライ」等で知られる。また、DJ KRUSH、UA 、エゴ ラッピン、LEE PERRY、RICO RODRIGUES等 、国内外のアーティストとの共演、共作曲も多い。
現在、ターン テーブルDJをバックにした、ヒップホップ・サウンドシステム型のライブと、バンド編成でのライブを並行して行なっている。2005年にはKODAMA AND THE DUB STATION BANDとして 「IN THE STUDIO 」2006年には「MORE」を発表している。
水彩画、版画など、絵を描くアーティストでもある。 2010年4月20日、文芸雑誌「すばる」に連載のエッセイと、著書「スティル エコー」(1993)「ノート・その日その日」(1996)を一冊にまとめた新刊「空をあおいで」を、K&Bパブリッシャーより発売。


EBBY/プロフィール
ギタリスト、作詞作曲家、プロデューサー。Digital Publist,Web designer,2Dgraphics art。独自のアーティスト活動の他に、さまざまな”アート”への興味が爆発!他方面にて活動中。
JAGATARA(じゃがたら) 、MAMBABOO、 EBBY、EBBYART

11/2(金)

出演/南流石(Vo.Dance)、渋さ知らズ
スペシャルゲスト/こだま和文(Vo.)EBBY(Vo.G)

オープン/19:00
ライブ/20:00
料金/予約:¥4,000+ドリンク代
当日:¥4,500+ドリンク代
限定80名