文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 12 / 10
Funny 40’s Vol.14 〜音彩 いろどり〜


2017年12月10日(日)

【時間】
OPEN 17:30
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
(1ドリンク別)

【出演】
BLUE VALENTINE
MicstrA
Adam
アザブスミス


もっと詳しく
2017 / 12 / 20
毎日がクリスマスだったらな! ザ・Xmas会! ~ Xmasカヴァーソング『毎日がクリスマスだったら』配信リリース記念パーティー ~


2017年12月20日(水)

【時間】
開場 19:00
開演 19:30

【料金】
予約/前売: 3,000円
当日: 3,500円
+ 1ドリンク代 500円
※クリスマス・プレゼント付 (予約限定)

【出演】
★LIVE
野佐怜奈 (w. gt. 武藤良明 / key. きくちまゆ / Ba. 勝原大策 / Ds. なかじまはじめ)
ネオンズ
Doremi Hamill

★DJ
SLF!! (その名はスペィド)

もっと詳しく
Produce lab 89 presents 『夜の入り口』~村岡希美と池谷のぶえ、倉橋由美子を読む~第3回

淑女ふたりが、素敵な紳士の演奏と絡みながら、大人のための読み聞かせ。
木曜の夜、お酒を飲みながら、夢のほとりへ。
ただしその夢が、悪夢や艶夢でも、一切の責任はとりません。

「村岡希美」と「池谷のぶえ」について
映画もドラマも大量に制作されているアメリカでさえ言われていることですが、ある程度の年齢に達すると、女優の役の幅は極端に狭まります。それはつまり、こう言い換えることもできます。
「母親」「年季の入った妻」「近所のおばさん」「上司」「お局さま」以外の女性像を獲得できる女優は、きわめて限られている、と。
村岡希美と池谷のぶえは、そうしたステレオタイプの隙間をさりげなく、伸びやかに、泳ぎ続けているふたりです。
「隙間」と書きましたが、それはつまり「誰も泳いだことのない場所」であって、温度や深さ、水流の癖などを、自分自身で初めて確かめながら、彼女達は進んできたのです。今や代替不可能の存在となり、多くの劇作家や演出家に「この人なら」と、簡単ではない役を用意されるふたりですが、ここまでには、相当の勇気と技術としなやかさで、孤独な作業を続けてきたことでしょう。
ナイロン100℃劇団員の村岡、劇団猫ニャー出身の池谷と、それぞれがコメディを演技のベースに敷いていますが、言うなれば彼女達は“笑いを知っている戦士”です。
 そんなふたりが意気投合するのは当然で、来年始動するユニット「酒とつまみ」を結成したのは納得のいく流れですが、Produce lab 89では、別の形で高いポテンシャルを証明してもらおうと考えています。
演出家を置かず、ミュージシャンがライブで奏でる音とふたりの朗読で、約1時間の公演を成立させてもらうのです。
題材は倉橋由美子の短編。大人のための読み聞かせのように、耳から入った言葉が脳内に橋をかけ、聴く人を夢の岸まで運びます。
ただし、その夢はとびきり妖しいものになるはずです。

村岡希美プロフィール
1970年、東京都出身。
95年、劇団ナイロン100℃のオーディションに合格し、入団。現在まで多くの作品に出演。
また、河原雅彦、千葉雅子、坂田聡らと立ち上げたユニット「真心一座 身も心も」では座長として活躍。
映画『夢売るふたり』、ドラマ『野田と申します』など映像作品にも出演。

池谷のぶえプロフィール
1971年、茨城県出身。
94年「劇団猫ニャー」(のちに演劇弁当猫ニャーと改名、04年に解散)の旗揚げから全作に出演。
蜷川幸雄、舞台では、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、長塚圭史ら、さまざまなタイプの演出家から指名を受け、また映像では、現在、『メグたんって魔法つかえるの?』に出演中。

倉橋由美子について
 編集者の松岡正剛は倉橋について「今日のあまたの現代小説、なかでも村上春樹や吉本ばななや江國香織に代表され、それがくりかえし踏襲され、換骨奪胎され、稀釈もされている小説群の最初の母型は、倉橋由美子の『聖少女』にあったのではないかと、ぼくはひそかに思っている。」と語っています。とすれば、私達はどれだけ知らないうちに“倉橋ワールド”の影響を受けてきたのでしょうか?
 インテリジェンスだけでは過剰になりがちですが、そこにセンスが加わると文章はシンプルになります。
さらに一流の美意識が流れていれば、毒とユーモアが醸し出されます。
倉橋小説の真髄は“ほんのひとこと”にそれらが幾重にも織り込まれていること。
『夜の入り口』では、イメージ豊かなその世界に、村岡希美と池谷のぶえのリーディングと生演奏で立体的な命を吹き込みます。シリーズ第1弾となる「大人のための残酷童話」は倉橋のロングセラーで、古今東西の著名な童話、小説、おとぎ話をベースに、大胆な残酷さ、あっけらかんとしたエロティシズム、鋭い批評眼を加えて独自の作品に仕上げています。

参考サイト※松岡正剛の千夜千冊
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1040.html

12.20(木)
Produce lab 89 presents
新シリーズ、スタート!
『夜の入り口』
~村岡希美と池谷のぶえ、
倉橋由美子を読む~
第1シーズン
「大人のための残酷童話」
第3回

出演:村岡希美
   池谷のぶえ
ゲストミュージシャン:山田貴之

第1ステージ
開場:19:00
開演:19:30
第2ステージ
開場:21:30
開演:22:00
*入れ替え制

料金■
2,500円+ドリンク代

ご予約について
1回だけのご予約も、2回、あるいは3回すべてのご予約も受け付けます。
ご予約:Produce lab 89サイト
http://www.producelab89.com/

企画・制作:Produce lab 89
      (ハチジュウキュウ)
問い合わせ:090-8308-4433

☆3ヵ月連続で全回ご来場いただいた方には、素敵なプレゼントがございます。