文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
しーまブログ プレゼンツ「Dear どぅし でぃや」 –奄美のシティガールに聞く 島のお正月–

奄美群島マニアに今日の島をお届けする情報ライヴ

2013年よりいよいよ始動!
奄美大島に関連したライヴイベントや物産展なども頻繁に開催されるようになり、皆様口々に「奄美良いトコ 一度はおいで」とおっしゃいます。
しかしながら、まだまだ情報は少ないのが現実。ならば奄美の見どころ、聴きどころ、喰いどころなどの御役立ち情報から、どーでもいい片スミ情報までを発信する場を作ってみようというのがこの新企画「Dear どぅし でぃや」。
「Dear どぅし でぃや」では音楽ライヴはもちろんのこと、トークにも大幅に時間をさき、UstreamやTwitterも連動させつつ写真や映像を使って「今日の奄美」を真空パックにして皆様にお届けいたします。
出演は、奄美大島エリア情報サイト『しーまブログ』の編集長 深田小次郎、、内地モノ代表で打楽器奏者のスティーヴ エトウが中心となり、ゲストに奄美出身のオーガニックシンガー 我那覇美奈を迎えゆったりスタート。
そもそも、このタイトルってどういう意味?というあなたこそ、来るべし!来るべし!


●ゲスト
我那覇美奈/プロフィール
1981年 鹿児島県奄美大島生まれ。ピュアでストレートな歌声と、自然体の天真爛漫なキャラクターで、聴くヒト、出会うヒト、全てを魅了していくオーガニック無添加AB型。
1998年シングル『桜のころ』でデビュー。
代表曲は、『TEARS~時間の中で…』、熱闘甲子園2002年テーマソング『終わらない夏』、映画「あずみ」主題歌『ねがい』、エバーグリーンな名曲『月の雫』、浜田省吾のプロジェクト“Fairlife” とのコラボレート曲『砂の祈り』など。
“Fairlife”の3枚のアルバムにも全て参加している。
2006年に始まったラジオ番組“よりみち日記”は、現在、奄美FMをキー局にサイマル・ラジオによって全国で聴くことができる。
2007年、TV番組「もう一つの楽園 タヒチ・海と空の物語」(KTV)ではテーマ曲『永遠の楽園』を歌うとともに、うじきつよし氏とナビゲーターを務めた。
2008年に東京・大阪・奄美でデビュー10周年記念ライブを敢行。
2009年、ライブ会場限定シングル『優しい涙』をリリース。
同年、“井上陽水 40th Special Thanks Tour”全45公演にコーラスで参加。
2010年には新ユニット“ミナ・ガーナ”のメンバーとしてアルバム『空色コンガ』(ジェマティカ・レコーズ)をリリース。
2011年、我那覇美奈としてライブ活動を再開。
2012年2月29日 3年ぶりの新曲『茜』(ショートフィルム「炎夏 - 夜藝の湖畔 - 」主題歌)を配信リリース。


深田小次郎(しーまブログ編集長)/プロフィール
笠利町須野出身。

笠利中卒。鹿児島高専卒。

高校の時に音楽(ドラム)に目覚め、卒業後周囲の猛反対を押し切りプロを目指し上京。 当時はへヴィーメタル、スラッシュメタル青年だったが、上京後にどういうわけか結成したバンドがポップスバンド。(DMCと逆パターン) しかしこのバンドが意外にもウケて、アルバム1枚、マキシ3枚を発売。 サンリオピューロランドの某キャラクターのイメージソングや、映画、ドラマの主題歌に抜擢され、テレビ東京系深夜音楽番組では準レギュラー出演を果たす。

27才からは音楽を辞め、某通信社のシステム部で働き始める。

現在はしーまブログの編集長をさせていただいております。

距離的なハンディを背負う奄美群島はインターネットが力を発揮すると思います。 全島人がブロガーとなり、外へ情報を発信できることにより、島を盛り上げれないか。 又世界に散らばる島人とネットワークを密にすることによって何か新しいことが期待できないのか。 これから到来するであろう厳しい時代に、みんなで力を会わせ知恵を絞り、様々なチャレンジをしていきたいです。


スティーヴ エトウ(パーカッション他)/プロフィール

1958年、筝曲家の衛藤公雄の次男としてロサンゼルスで生まれる。弟は和太鼓奏者のレナード衛藤。1964年来日?

80年代よりバンド活動を始め、爆風銃(バップガン)、PINK、PUGSなどのバンドで活躍。
PUGSはU.S.デビューを果たし、全米ツアーやカレッジ・チャートへのチャートインも。

プロとしては小泉今日子のデビューツアーから始まって、藤井尚之、COMPLEX、吉川晃司、三波春夫、三上博史、藤井フミヤ、及川光博、渡辺美里、大黒摩季、堂本剛、布袋寅泰などさまざまなアーティストをサポート。
20年近く活動するデミセミクエーバーやデッチ上げバンドの二枚舌を継続させつつ、自作自演の映像を背負ってのソロ・ライヴも活発。

2009年2月22日には、2000平米という広大な空間を持つ横浜大さん橋ホールにて完全ソロ・パフォーマンス「横浜ヒトリエンナーレ」を開催。
2010年には「独りエンナーレ」2回目にして、弟の和太鼓奏者レナード衛藤と共演。その模様を収録したCD、ETO兄弟「ALIVE! II」を携えて、リリース・ツアー「GO! NORTH!!」敢行。

2013/1/25(金)

出演/スティーブエトウ、深田小次郎(しーまブログ編集長)
ゲスト/我那覇美奈、他、奄美唄者

オープン/19:00
ライブ/19:30
料金/予約、当日共:2500円+ドリンク代