文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 07 / 23
新世界Presents Vol.2 ヨイの唄
【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

【料金】
前売 ¥2,000 当日 ¥2,500(1ドリンク別)

【出演】
TAKAMI
梶原茂人
蒼いライオン


もっと詳しく
2017 / 07 / 31
Possibility



【時間】
OPEN 13:00
START 20:00

【出店アーティスト】
Lupinas/maita
Tamaki Sudo
OnE MaTeRial./yui
CHAKA/akari(7/31)
sechanka/Shizuka(8/1)

※入場は無料です。

もっと詳しく
2017 / 08 / 01
Possibility



【時間】
OPEN 13:00
START 20:00

【出店アーティスト】
Lupinas/maita
Tamaki Sudo
OnE MaTeRial./yui
CHAKA/akari(7/31)
sechanka/Shizuka(8/1)

※入場は無料です。

もっと詳しく
ドキュメンタリー映画 ”タイガからのメッセージ” 上映会

極東ロシアに広がる針葉樹と広葉樹の森‘タイガ’。
日本のすぐ近くにあるこの森には、絶滅危惧種のアムールトラやシマフクロウをはじめ、ヒグマやツキノワグマ、大きなイノシシやアカシカが生息し、その多種多様な生物や植物と長い間共生してきた先住民族ウデへが暮らしています。
命あふれる森とそこに暮らす人々の生活を、2010年の初夏から2011年の夏までおいかけたドキュメンタリー「タイガからのメッセージ」。

2012年3月13日を皮切りに、上映回数は日本全国で20回行い、フジロックなどの野外フェスでも上映実績のある話題作。
そして毎回、上映と制作者のトークセッションを行なう方式で、映画のことのみならず、時には、映画に出て来るタイガや先住民の人々の話ををきっかけに、現在の問題について議論したり、自分たち自身の未来への展望を語ったりしている。インタラクティブな上映会を目指しています。

今回、スペシャルゲストに作家・ラジオパーソナリティーのロバート・ハリス氏を迎え、上映後に制作者やオーディエンスも交えたトークセッションを行います。皆さまとタイガのことを共有し、意見交換できますことを楽しみにしております。ぜひお越しください。


ロバート・ハリス/プロフィール
’48年横浜生まれ。上智大学卒業後、’71年日本を後にし、東南アジアを放浪。
バリ島に1年間滞在後、オーストラリアに渡り延べ16年間滞在。
シドニーで書店&画廊‘エグザイルス’を経営。
オーストラリア国営テレビ局で日本映画の英語字幕を担当後、テレビ映画製作に参加、帰国後J-WAVEのナビゲーターや、作家としても活躍中。
『MOROCCO ON THE ROAD 終わりなき旅路 モロッコ編』(東京書籍)「幻の島を求めて」(東京書籍)『人生の100のリスト』 (2004年2月24日講談社)『黒くぬれ!』 (2001年8月30日祥伝社)『地図の無い国から』(1999/11幻冬舎)『ワイルドサイドを歩け』 (’99年講談社)他著作多数上梓。


監督・脚本・製作総指揮
三上雄己(みかみ ゆうき)
*写真(左)

’70年東京生まれ。ロンドン大学ゴールドスミス校芸術学部卒。幼少期を仏国、青年期を英国で過ごし、’95年に帰国。
16~18歳時に在籍したUWC(ユナイテッド・ワールド・カレッジ)AC校(英国、ウェールズ)では、約80カ国の男女と寝食を共にし教育を受ける。
この時期、環境問題にも興味を持ち始める。以来、芸術的表現で社会問題を提示していくことも手探りで始める。
音楽、アート、空間とそこにいる人々を繋ぐ形態としてバンド活動やインスタレーション、イベントも創作・制作し、活動の場としてきた。
アート・旅・パーティー仲間の一人である木村輝一郎と新しい表現生活と可能性を求めてabovoを結成。
主な映像制作 個人略歴:ドキュメンタリーシリーズ:’London Art Report’ (Perfect TV) :企画・制作・演出・脚本 (1997)
ウェブ映像各種:企画・制作・演出・撮影(2003-2005)
海外CM、番組各種:ローカルプロデュース・コーディネーション(2005-2008)

共同監督・撮影・編集
木村輝一郎(きむら きいちろう)
*写真(右)

’75年生まれ。東京都出身。法政大学在学中、8mmフィルム映画を制作。
大学在学中手塚眞監督作品「白痴」(’99)で映画の現場に入り、以後フリー美術助手として大道具・セットデザインの仕事に4年間携わる。
’03年、制作会社ウズに入社。ミュージックビデオの制作・プロダクションマネージャーとして数多くのPVを制作。’06年、ディレクターとして独立。
CS放送”SPACE SHOWER TV MUSIC HEADLINE”で音楽ニュースの演出を勤める。
絢香、SHAKALABBITS、LUNKHEAD、nil等のミュージシャンのPV、ライブDVD、ドキュメンタリーを演出。
また、03年よりVJ/インスタレーション映像ユニット”SAKKAKU”のメンバーとしてフジロックなどの野外フェス、クラブ等でのライブ映像演出の活動も行っている。
2008年、三上雄己とクリエイティブユニットabovoを結成。社会問題、環境問題をテーマに活動を開始した。

1/27(日)
ドキュメンタリー映画 ”タイガからのメッセージ” 上映会

開場 13:30
上映 14:00〜

上映終了後アフタートーク

出演:
三上雄己(”タイガからのメッセージ”監督・脚本・製作総指揮)
木村輝一郎(”タイガからのメッセージ”共同監督・撮影・編集)

ゲスト:ロバートハリス

【料金】
2,000円+2ドリンク(ドリンクチケット500円×2枚)
【完全予約制限定50名】