文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 09 / 25
Dr.Washington『フルアルバム発売記念LIVE』


【時間】
OPEN 19:30
START 20:00

【料金】
¥2,000(ドリンク別)

【出演】
ドクターワシントン

もっと詳しく
2017 / 10 / 07
西麻布 新世界女学園文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
2日間通し ¥4,000

(ドリンク別)
※入場時ドリンク¥500 または、飲み放題¥1,500 お選び頂きます。 【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
合唱部 サイレント合唱団
放送部 キャバレー遊び足りない(10/7)
吹奏楽部 浪漫堂(10/8)
軽音部 BINJU(10/7)
生徒会長 嵐山礼子
生徒会書記 迷い道くね子(10/8)

【出店】
食堂 きっちん大浪
タロット部 ジュンコエメラルド


もっと詳しく
2017 / 10 / 08
西麻布 新世界女学園文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
2日間通し ¥4,000

(ドリンク別)
※入場時ドリンク¥500 または、飲み放題¥1,500 お選び頂きます。

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
合唱部 サイレント合唱団
放送部 キャバレー遊び足りない(10/7)
吹奏楽部 浪漫堂(10/8)
軽音部 BINJU(10/7)
生徒会長 嵐山礼子
生徒会書記 迷い道くね子(10/8)

【出店】
食堂 きっちん大浪
タロット部 ジュンコエメラルド


もっと詳しく
『Music for Surviving』- 新世界投げ銭LIVE Vol.3 “女声の日”

表現(Hyogen)の佐藤公哉がオーガナイズする投げ銭LIVEシリーズ。
第三回には個性と魅力溢れる女性ヴォーカリストが集合する“女声の日”をお送り致します!

おまつとまさる氏(松倉如子×渡辺勝)

松倉如子(まつくらゆきこ)
京都造形芸術大学で映像と舞台芸術を学ぶ。
卒業制作の一人芝居で初めて歌を作り、音楽の道を行くことを決意。
2005年東京へ移り住み、9月より音楽活動を始めた。
2006年5月、渡辺勝に出会い、ライブ活動を始める。
2007年5月、ファーストCD「星」を発売。
2009年、セカンドCD「パンパラハラッパ」(P-VINE)を発表。
渡辺勝と「おまつとまさる氏」を結成。
2010年12月、おまつとまさる氏のファーストCD「メルヒェン」(マrecords)を発表。
http://ameblo.jp/yukiko-m/

渡辺勝(わたなべまさる)
立教大学在学中より音楽活動を開始。
70年代から、岡林信康のレコーディングに参加する。
この時期「はちみつぱい」にも参加。
72夏から73年にかけて松田幸一、村上律らと「アーリー・タイムス・ストリングス・バンド」を結成。
アーリー解散後は今井忍、竹田裕美子らと「キリギリス」を結成。
76年にビクターから初ソロ・アルバム『僕は白い雲』を、77年『HELLO』を発表する。
映画、芝居、CMなどの作曲を数多く手掛けた後、90年代に入って再びライヴ活動を再開。
レゲエ系バンド「砂」のギタリストとして『砂・山賊盤』、ソロ・ピアノ集『とどかずの町で』を発表。
2000年に『シルバラード』を発表。
2009年に「渡辺勝」を発表、40周年記念コンサートを武蔵野公会堂で行った。
http://ameblo.jp/watanabemasaru/

Arisa Yokote

幼少時より、ジャズの歌い手であった母の影響とクラシックピアノに親しみ、いつのまにか歌い始める。
17歳よりジャズピアノを寺下誠氏に師事。
日常や自然の些細なモティーフを、声や詩、音ですくいとり表現する。柔和な響きでありながら、時に魔女、女王、食べられそうなくらいの迫力、と評される。
絵画、写真、ダンスとのコラボレーションや、流しのウクレレ弾き語り、楽曲提供など活動は多岐に渡る。
また音や歌のルーツを探る中で身体表現に強く惹かれ、パパタラフマラ舞台芸術研究所に三年間在籍。
現在でも上本志保主催「すこやかクラブ」などの舞台作品にパフォーマーとして出演している。
自身のユニット「Chabadaba」
http://www.chabadaba.com/

参加グループ「つむぎね」
http://www.tsumugine.com/

芦刈純 (Arisa Yokote サポート出演)
コントラバス奏者、活動家、喫茶茶会記副店主、六本木スーパーデラックススタッフ。
上智大学哲学科芸術文化系列出身。
ベースとしてではなく、ソロ楽器としてのコントラバスの表現を追求。齋藤徹、渡辺玲雄両氏に師事。
アートプロデュースにも深く関わり、中でも、アートと人の繋がりを目的とした「異文化交流ナイト」は過去20回以上主催し、出演者は100アーティスト以上、1500人以上を巻き込み、新しいアートイベントの在り方を提示し続けている。

佐藤公哉 (Arisa Yokote サポート出演)
1984年北海道生まれ。
ヒエロニムス・ボッシュに触発され幼少より画家を志す。
東京芸術大学音楽環境創造科在籍中より音楽活動へ。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、中央アジアのトラッド、お婆ちゃんの詩吟、マリアン・アンダーソンのスピリチュアルズ、イヴァ・ビトヴァなどに感銘を受けつつ創作。バンド「表現(Hyogen)」でヴァイオリン/ヴォーカルを担当。

権頭繭

アコーディオン、歌、ピアノ。
musical ark 表現(Hyogen)、アコーディオンデュオmomo椿*などで演奏、創作を続ける。
子供たちと音楽をつくる「音のてらこや」ではサーカスを夢見ています。あらゆる美しさに花を添えられますよう。

表現(Hyogen)
http://sound.jp/hyogen/

momo椿*
http://www.momotsubaki.com/

飛び入り参加
秋山璃帆(trumpet)
1992年2月17日生まれ。神奈川県鎌倉市出身。
3歳よりピアノを、15歳よりトランペットを始める。
北鎌倉女子学園音楽科在学中、数々のコンクールにて賞を受賞。
2010年ベルリン国立歌劇場ソロトランペット奏者 Rainer Auerbach氏のスカウトを受け、単身ヨーロッパに渡りドイツを拠点にトランペットの指導を受ける傍ら、クラシック音楽を中心にトランペット奏者として音楽活動を開始。
2012年『Taste Festival Berlin 2012』に、諏訪綾子氏率いる Food creationにコラボレーション出演。
2012年11月、日本帰国。
現在は、東京を拠点にオリジナル作品の発表、クラシック音楽、即興演奏、環境音楽など、様々な分野での活動を展開している。
https://www.facebook.com/akiyama.riho

2.26(火)
『Music for Surviving』
新世界投げ銭LIVE Vol.3 “女声の日”

出演
おまつとまさる氏【松倉如子×渡辺勝】
Arisa Yokote
権頭繭(表現(Hyogen)、momo椿*)

飛び入り参加
秋山璃帆(trumpet)

open/19:00
start/20:00
チャージフリー
ドリンク代 & 投げ銭