文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2019 / 10 / 13
新世界・野佐怜奈共同企画 【新世界女学園文化祭】


【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

前売 ¥3,500
当日 ¥4,000
(1D¥500or飲み放題¥2,000別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
生き物係 タクトくん
吹奏楽部 海藻姉妹
軽音部 赤松ハルカ
新世界女学園歌劇団 紫式部
歌劇団団長 蜂鳥スグル
歌劇団副団長 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子
放送部 SLF !!(その名はスペィド)

食堂 Phadcha's Kitchen

もっと詳しく
2019 / 10 / 14
ALICE IN HELL 3rd album 先行レコ発ライブ!〈西麻布鋼鉄祭〉

【時間】
OPEN 16:30
START 17:00

【料金】
前売/当日 ¥2500(+1Drink¥500)

出演
ALICE IN HELL
unclose
DETHFAST(名古屋)
ベンベンダダンベンダラン
α-sense's
VELL'z FIRE

もっと詳しく
2019 / 10 / 19
ミリオンオーバー/ドラマ映画主題歌セッション

【時間】
OPEN 18:00〜23:00

【料金】
参加者 ¥1,500
見学  ¥500
(別途2ドリンクor飲み放題選択)
〜参加者募集中〜

もっと詳しく
風の後の祭り

『春風』の苦労をねぎらい、皆で飲み明かしましょう。

GoRo
ストリートが生んだリアル・ミュージシャン、GoRo。
二つの音を出すモンゴルの歌唱法、ホーミー。
オーストラリアの先住民アボリジーニの楽器、ディジュリドゥ。
アフリカのカリンバ(指ピアノ)や、オリジナルデザインの太鼓に口琴など、それらほとんどが自作の楽器で、数種類の楽器を同時に演奏するという、他に類を見ない独自のスタイルを確立する。
和太鼓パーカッションユニットGOCOOへの参加の他、井上薫、KeNsEi、白石隆之、クラムボンやOrgan Language、田島貴男(オリジナル・ラブ)との共演の他、UAなど 有名ミュージシャンはじめ老若男女、世代を超えて支持されている。
また、9月に表参道にOPENしたルイ・ヴィトンのオープニングセレモニーでは、多くの著名人の前でステージを披露した。
7月には井上薫、KeNsEiらと共に結成したFinalDropが大きな話題を呼んでいる。

木歌 (MOCCA)
特異稀な直感力と声の持つ不思議な力を存分に生かしたパフォーマンスは時を忘れる心地よさ。
様々な人に向け、色々な建築物内、自然環境下、宗教施設にてライブを行い、を何も選ばない歌い手。
2001年より歌手活動を本格的に開始。
2010年より満を持してソロ活動を開始。
全国各地で活動、2010年秋にはヨーロッパを廻り、世界遺産ヴィッキオ宮殿にて独唱。
国外でもその歌声に賞賛を集める。
2013.ダンスと映像との舞台colorsにて初のダンス、脚本、音楽監督。
表現の幅が新たに広がりを魅せている。
『MayAllBeingBeHappy!
(全ての生きとし生けるものが幸せでありますように。)』
http://ameblo.jp/moccamocca/
http://www.facebook.com/MoccaNew
Youtube:Sweetpoisonproject
Twitter:@MoccaNew

花ヲ(a.k.a fiori W.):voice,machine,etc.
音のチカラを信じ、音に粋る、音の旅人。
http://hanawo.exblog.jp/
「宇宙は音から始まった。
ヒトは生まれ
たらとりあえず叫んで聴く。
音は、能力で責任で特権だ!
音(声)に現れる真実に耳を澄ませば、
自分と世界と宇宙の真実が見えるはず。」
Om音・人・蘇婆訶mO

きゅうり(飯田卓也):tabla,perc,machine,etc.
タブラときどきドラム奏者
中学時代よりドラムを始める
18歳の頃Dub syndicateの楽曲でタブラとシタールの音を始めて聞きタブラに興味を持ち、始めてのタブラをインターネットで買う。が、タンスの肥やしになる。
20歳の頃からジャンベなどのパーカッションに移行する
25歳の頃からタブラ奏者のディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ氏にタブラとシンプルマインドを習い始める
インドではピトラガルに住むサントス・シャー氏に習う
シンガーソングライターやバンドのサポートや各種のアーティストとの共演などを行ないながら新しい音楽表現を模索している。

KUJUN 音楽家

ミュージシャン(ドラム)・DJなど多才な活動を主体に自身のレーベル「wiowio sounds」にてプロデューサーを務める。
とくに環境音楽作品においては独特なセンスにより創作、国内外の様々なアートシーンでのライブ活動や、世界的なインスタレーション・アーティストへのオリジナル音楽制作多数。
映画音楽、ドラマ、CMなどでも才能を発揮している。
http://www.anore.co.jp/artist/other/kujun/

秋山璃帆(trumpet)
1992年2月17日生まれ。神奈川県鎌倉市出身。
3歳よりピアノを、15歳よりトランペットを始める。
北鎌倉女子学園音楽科在学中、数々のコンクールにて賞を受賞。
2010年ベルリン国立歌劇場ソロトランペット奏者 Rainer Auerbach氏のスカウトを受け、単身ヨーロッパに渡りドイツを拠点にトランペットの指導を受ける傍ら、クラシック音楽を中心にトランペット奏者として音楽活動を開始。
2012年『Taste Festival Berlin 2012』に、諏訪綾子氏率いる Food creationにコラボレーション出演。
2012年11月、日本帰国。
現在は、東京を拠点にオリジナル作品の発表、クラシック音楽、即興演奏、環境音楽など、様々な分野での活動を展開している。
https://www.facebook.com/akiyama.riho

4.2(火)
「風の後の祭り」

『春風』の苦労をねぎらい、皆で飲み明かしましょう。

ACT
風のち愉快な仲間達
Goro
R(agadu)B hanawo+kyu-ri
木歌(Mocca)
秋山璃帆(Trumpet)

DJ:KUJUN

その他、豪華愉快な仲間たちが集合できるだけ集合します。
春をありがたく頂きましょう。
冬のがんばりをねぎらいましょう。
皆で集まって春風の到来を喜び合いましょう。

真の世界平和はこういう事じゃ。ここからまた、風が吹く。

charge:¥1000+ドリンク代

OPEN 18:00
START 19:00