文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 12 / 10
Funny 40’s Vol.14 〜音彩 いろどり〜


2017年12月10日(日)

【時間】
OPEN 17:30
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
(1ドリンク別)

【出演】
BLUE VALENTINE
MicstrA
Adam
アザブスミス


もっと詳しく
Arisa Safu’s ONE WOMAN SHOW

新世界では「Old Ways」~New finds in old times~で、数々の快演を我々の脳裏に焼き付けてきたArisa Safuが、本年2月リリースしたニューアルバム「Me」のレコーディングメンバー総帯同で満を持してワンマン決行!
何やらサプライズ発表もあるとか??
ジェネレーションを超越した普遍的ロックマインド最大限にサポートできるこのメンバーでのArisa Safuのライブアクトは正に必見です!


Arisa Safu(アリサ・サフ)/プロフィール
シンガー、コンポーザー。
“横浜の名門ライブハウス「サムズアップ」経営”という完璧な音楽環境の家庭に生を享け、幼少よりドゥービー・ブラザーズ、デヴィッド・リンドレー等骨太なルーツミュージックを根幹としたライブ体験をその身体に深く刻み込む。
3歳より自身も楽器を演奏するようになり、ヴァイオリン、ピアノ、サックスに親しむ。
インターナショナルスクール卒業後、カナダ、モントリオールのマギル大学に通い、一旦は、動物学の研究に没頭するも、サイの継続的生存に関してのアフリカ・フィールドワークの中、5ヶ国語を駆使してもコミュニュケーションが取れぬ状況下、歌うことで真意を伝えられたことが切っ掛けとなり、音楽活動への回帰を決心する。
その後の活動は目覚ましく、2007年、サックスプレイヤーとして参加していたバンドがカナダ代表としてロンドンで行われたGBOB世界大会でTOP15。2009年、自身のバンド「Arisa Safu and the Rovers」を結成。GBOB世界大会で日本決勝まで残りベストアーティスト&ベストボーカル賞を受賞。2010年、FUJI ROCK アヴァロンステージ出演。2011年、KDDI自由視点映像の題材として抜擢され、CEATECデビュー。
しかし、順風満帆と思われた2012年、自らの意思でバンドを解散。出自より深く刻まれた、ブルース、カントリー、R&B、ロックンロールをより研ぎすまされた表現形態にするべく、弾き語り、シンプルなベースレス・トリオロック等さらに太く、深いヴォーカルスタイルを追求。2013年2月、ソロ活動後の一つの完成形とも言えるアルバム「Me」をリリース。そのジェネレーション、ジャンルを超越した普遍的ロックマインドは新たなるステージに到達する。

7/22(月)

出演/
●Arisa Safu(Vo.G)川上シゲ(B.)、佐藤克彦(G.)、吉岡優三(DR.)、倉井夏樹(Hp.)

オープン/19:00
ライブ/20:00〜
料金/予約:¥2500+ドリンク代
当日:¥3000+ドリンク代