文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 12 / 10
Funny 40’s Vol.14 〜音彩 いろどり〜


2017年12月10日(日)

【時間】
OPEN 17:30
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
(1ドリンク別)

【出演】
BLUE VALENTINE
MicstrA
Adam
アザブスミス


もっと詳しく
2017 / 12 / 20
毎日がクリスマスだったらな! ザ・Xmas会! ~ Xmasカヴァーソング『毎日がクリスマスだったら』配信リリース記念パーティー ~


2017年12月20日(水)

【時間】
開場 19:00
開演 19:30

【料金】
予約/前売: 3,000円
当日: 3,500円
+ 1ドリンク代 500円
※クリスマス・プレゼント付 (予約限定)

【出演】
★LIVE
野佐怜奈 (w. gt. 武藤良明 / key. きくちまゆ / Ba. 勝原大策 / Ds. なかじまはじめ)
ネオンズ
Doremi Hamill

★DJ
SLF!! (その名はスペィド)

もっと詳しく
~Walk in beauty~ 原発ゼロパレードプレゼンツ 映画「ホピの予言」上映会

「ホピの予言」(1986)は宮田雪(きよし)監督製作のドキュメンタリーです。

アメリカで不毛の土地に強制移住させられたネイティブインディアンの聖地が後にウラン、石炭等鉱物資源の採掘場所となり、採掘のための被曝労働の犠牲者となっていく様子を示しながら現代社会の病理の根源を問いかけます。

一見すると私たちの日本と関係なく思えるアメリカ先住民ホピに口頭伝承される偉大なる精霊の教えの中にいまの私たちの置かれた閉塞した現状について既視感を伴って共感する箇所が数多くあります。
これが四半世紀前に作られたことに衝撃を覚えることでしょう。

2011年の東京電力福島第一原発という史上最悪の原発深刻事故が発生し、人命救助や十分な避難や疎開の権利の実現、国の本来の復興も真剣に対応されず、原因究明は愚か現状認識もままならない状況であるにもかかわらず、国民の生命に関わる情報を隠蔽するばかりではなくさらに将来の核戦争にもつながって行くような悪法で国民の思いも封じ込められてしまう現状で迎える2014年。

この新しい年の初めに、再び「ホピの予言」の上映会とトークセッションを行います。

~Walk in beauty~ 原発ゼロパレードは2013年秋に再び日本国内での原発の稼働がゼロになった事を社会の多くの方々にアピールする為に、2013年9月16日のデモを企画しました。台風の荒天に伴い9月22日に延期し実施しました。

このデモが企画された大元には2011年に7月にエネルギーシフト上映会チームとして「ホピの予言」の上映をしたことがありました。

この現状に対する鋭い警告を発している映画を再確認し、
「なぜ、こうなってしまったのか?」
「これからどう意識の喚起をしていけば良いのか?」
どこかの政治家や救世主ではなく自分たちの心の中にあるリーダーシップ、
その可能性について話し合いましょう!

デモで、アートで、音楽で何が変わる?という問いに対しても
踏み出す小さな勇気の訪れを待っている人々にも
「念い」とか「決意」という素敵なギフトを届けてくれるのではないでしょうか?

【出演者プロフィール】

日蓮宗日本山妙法寺:石橋行受(いしばしぎょうじゅ)
当時のビッグマウンテンウォークに参加
「ホピの予言」の故・宮田雪(きよし)監督と生前親交。
3.11前に「ホピの予言」を託された。
ピースウォーク天地行のホームページ http://peacewalk.xrea.jp/

えみむめも/本名・中田絵美(なかだ・えみ)
1980年3月15日生まれ。神奈川県出身。会社員。LOVEデモ代表。
2007年に原発の危険性を知り、脱原発活動を始める。
3.11以降は、会社員をしながら、市民記者として撮影、取材、発信、デモ主催など行う。
2012年6月15日に泣きながら撮影した首相官邸前抗議行動の動画がYouTubeで14万回再生され、話題に。
2013年3月、反対するだけではなく、肯定的なアピールを用い、愛で世界を良い方向に変えていきたいという意志を表明する「LOVEデモ」を開始。

若谷玲志 REIJI WAKAYA
1965.1.9 横浜出身
音楽家・詩人
1981~1992
ロックバンドのヴォーカルとして活動。
ライブや作品発表を精力的に続ける。
1993.バンドが無期限活動休止。
吠える詩人としてpoetry readingを開始。
ソロでの音楽作品や詩集を多数発表する。
2002.表舞台の活動から完全に離れ、商業的な音楽制作に携わる。
2010.約 10年振りにオリジナルアルバム制作に入る。
2011.震災による原発事故を受け、
バンド時代からの一貫した信念で脱原発を訴える。
2013.音楽で伝えるという原点に還り、
本格的に音楽活動を再開する。

小澤 弘邦(おざわひろくに)
1965.8.30生
フラワーアーティスト
商業施設、映画、ライブなどの環境演出装飾
高齢者介護施設などでの花活けなど。
2002年頃より反戦、社会問題等につき発信し
2010年石橋上人と出会う。
3.11以降は脱原発デモや官邸前行動の場作りに参加。
2011年夏より松田美由紀、岩上安身、岩井俊二、小林武史が発起人の「69の会」運営に参加。
 https://www.facebook.com/pages/69の会ロックの会/243616355690494
新しい形の脱原発デモとしてホピの予言に影響を受けた「~Walk in beauty~ 原発ゼロパレード」を企画。
http://walkinbeauty.lovepop.jp/
市民の気づきと発信を応援。

1.20(月)
~Walk in beauty~
原発ゼロパレードプレゼンツ
映画「ホピの予言」上映会

18:00/開場
19:00/「ホピの予言」上映

トークセッション参加者
69の会/~Walk in beauty~ 原発ゼロパレード:小澤 弘邦
LOVEデモ:中田絵美
日本山妙法寺:石橋行受上人

ライヴ:若谷玲志

チケット代
ご予約:¥2,000+ドリンクオーダー
当日:¥2,500+ドリンクオーダー