文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
松竹谷清+内田コーヘイカルテット

新世界では「リターン・トゥ・サルパラダイス」のヘッドライナーとしてお馴染みの、東京ダウンビートの先駆者、松竹谷清(ex.トマトス)が、、近年のビックチューン『夕日は昇る』を完全サポートした3名を含む内田コーヘイカルテットと一晩限りのセッションを決行!
都内の公演では希有な、松竹谷清フルバンドでのチューンは勿論、ワンドロップとエキゾチカのマージナルを進む内田コーヘイカルテットとの未知のケミストリーは期待大!


松竹谷清/プロフィール
1957年、北海道・札幌市生まれ。80年代から90年代初頭に掛けて”TOMATOS”のリーダーとして活躍。メンバーには、じゃがたらのNABE CHANG(Bass)、EBBY(Guitar)やミュート・ビートの松永孝義(Bass)、今井秀行(Drums)らが在籍。TOMATOSは、80年代にじゃがたら、ミュート・ビート、S-KENと共にTokyo Soy Souceというライブ・イベントを企画。シリーズ化し、それまでの日本のロックとはまた違った新たな音楽シーンを作った。彼らの活動がベースにあった上で、後にリトルテンポやフィッシュマンズが生まれたといっても過言ではない。その天真爛漫な唄声と、ブラック・ミュージックの粋なエッセンスを凝縮した絶妙なギター・プレイはキャリアと共により味わい深さを増している。


内田コーヘイカルテット/プロフィール
内田コーヘイの呼びかけにより、タフでルードなインストバンド「石川道久セッション」から手練4人が集結。
内田コーヘイ(Vi.Per)小粥鉄人(B.)ワダマコト(G.)菅沼雄太(Dr.)

2/12(水)

出演/
松竹谷清
内田コーヘイカルテット(内田コーヘイ/Vi.Per、小粥鉄人/B.、ワダマコト/G.、菅沼雄太/Dr.)

開場/19:00
開演/20:00
料金/ご予約:3000円+ドリンク代
当日:3500円+ドリンク代