文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 11 / 24
TRAD ROCK PARTY
2018年11月24日(土)

【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

【料金】
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
(1ドリンク別)

【出演】
Red eye
アザブスミス
Joker

[O.A] loveholic

もっと詳しく
Nomad Diary 〜流浪日記〜 Vol.2

音楽は異境への入り口。
1曲1曲はそれぞれが短い旅。
ジプシーのように、旅から旅へ、音楽から音楽へ。
旅の日記をめくるようにゆったりと楽しんでください。

Khaki
映画音楽、インスタレーションの音響を手掛けるサウンドデザイナーでドラマーのKUJUNと、
元poodlesのギタリスト小笠原峰生のシャイな2人のおじさんユニット。
Khakiとは本来「土埃」を意味する言葉、カーキだけに火,金にリハーサルをしているよ。
癒し系の音楽が大好きで、締め切りを決めずに制作したミニアルバム
「透明な街」が、2013年5月にOTOTOY、iTunes Music Store他より、配信中です!!
アルバム紹介ページ – http://www.wiowio.biz/khaki/
facebook Khakiページ – https://www.facebook.com/khakijp


竹久圏&亞弥
圏のギターで亜弥が踊る。
実の兄妹ユニット。

竹久圏/プロフィール
10才の時にクラッシックギターを始める。
12才でパンク・ニューウェーブに打ちのめされる。
その後もありとあらゆる音楽を飲み込みつづけ、94年、スタンディングドラマーとのデュオ編成によるロックバンド「KIRIHITO」を結成。
ギター、ボーカル、シンセ(足)を同時にプレイするスタイルで、ハイテンションなオリジナルサウンドを構築。
現在まで通算4枚のアルバムを発表している。
2006年にはソロアルバム「Yia sas! / Takehisa Ken & The Spectacrewz (power shovel audio)」を発表。
ダブ、ハウス、ロック、ヒップホップ、エレクトロニカ を竹久独特のギターリフで繋いでいくハードメルヘン巨編として高い評価を受ける。
また、繊細かつダイナミズムな音楽性のインストバンド「GROUP」も活動中で多くのファンに新作が待望されている。
さらに、DISCOでPUNKな魅力溢れる「younGSounds」にもギタリストとして参加中。
その他、UA,FLYING RHYTHMS,イルリメ,やけのはら等のライブバンドや録音に参加。
そして、これら完全に趣きの異なる様々なバンド活動以外にも映画音楽の制作やバンドプロデューサーとしての顔も見せ始め、活動のフィールドを拡げている。

亞弥(あや) /プロフィール
幼少時にモダンバレエ(金光郁子舞踊学園)その後、音楽や美術や文学に興味を深める。
1994年コンテンポラリーダンスの勅使河原三郎ws「KARAS」に参加。
同時期に舞踏家「土方巽」創業のショウクラブ「将軍」にダンサー・演出で参加。
2004年頃より音楽家、美術家、詩人などのアーティストと即興ダンスでのコラボレーションを多数開始。
2009年舞踏家「雫境(dakei)」氏のユニット「雫 (shizuku)」に参加し、スペイン、韓国でのダンスフェス参加。
個人でも2009年と2011年ドイツにてミュージシャンとのパフォーマンスツアーを行う。2010年末よりソロ開始。
2012年フランスにて雫境氏とともに、アニエスb. 初監督映画「My Name is Hmmmm…..」/(ジョナス・メカス、アントニオ・ネグリ、ダグラス・ゴードンらと共に出演)に参加。
現在、隔週の月曜日に神田「楽道庵」でwsを開催中。
舞踏家「上杉満代」氏のws「火曜会」に参加。
「身体の記憶」をテーマに「舞踏」と向き合っている。

2B (にびー)

HB(リズム隊女性3人からなるインストバンド)のmuupy(perc)とtucchie(Ba)によるユニット。
2013年より始動。
パーカッションとベースというシンプルな編成から思いもよらないカラフルでぶっといサウンドが飛び出すライブが好評を得ている。
ベースミュージックを土台に南米のリズムやダブの要素を取り入れ生々しい独自の表現を探求。現在東京のクラブやDJ BARなどに出没中。

minakumari(ミナクマリ)
http://minakumari.net/
シタール奏者&シンガーソングライター
ガールズバンドcatch-upの作詞作曲ギターリストとしてデビュー。
インド・コルカタにてシタール奏者モニラル・ナグ氏に師事。
CHARA、flexlife、新居昭乃、リップスライムやゴンザレス三上(ゴンチチ)のライブやレコーディングに参加。
’08年1stアルバム『RASA』、’12年7月に2ndアルバム『Rang』リリース
日本語/ヒンディー語/英語をキュートな歌声に乗せ、インドの伝統楽器で奏でる新しくも懐かしい童話のような歌世界を繰り広げます。

Loser
2014年に結成された即興ダンスロックバンド。
リズムにポリ同期するシンプルな旋律は、バンドから計らいごとを排除したフィジカルな思想を体現する。
幽玄的余白のなかに、リスナー自らインタラクティブなイメージを描かざる得ないその音楽は、現代の公案的趣きを呈する。
ロランバルトーが、これはポリ思考的紋章学であると言ったかは全く定かではないが、是非、軽く腰でも振って聴いてくださいな。

Drums:南澤孝見
Guitar:オガワシンイチ
Bass:ナカタナオシ
Ambience:田中 the record
DUB:吉満ひろゆき

2.18(火)
Nomad Diary 〜流浪日記〜 Vol.2

出演
Kahki
竹久圏&亞弥
2B (にびー)
minakumari(ミナクマリ)
Loser
Drums:南澤孝見
Guitar:オガワシンイチ
Bass:ナカタナオシ
Ambience:田中 the record
DUB:吉満ひろゆき


開場:19:00
開演:20:00

料金
予約:¥2,500+ドリンク代
当日:¥2,800+ドリンク代