文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
湯山玲子presents 爆クラ 第30夜「岡村靖幸のクラシック官能教育 助っ人 moderater 大谷能生参加の巻」

官能的という言葉はクラシック音楽を語るときに、わりとよく使われる表現です。
しかし、その官能性の正体は、ポピュラーミュージックにおけるほど細かく分析されてはいません。
感情に響くのか、腰にクルのか、初恋のウズウズ感か、嘘でもいいから騙してほしい感なのか、はたまた、絶頂感なのか・・・。
メロディーやハーモニー、そして、音色のどこに官能が潜んでいるのか。
青春や恋愛のデリケートな心証とセンシュアルな肉体性が同居する表現で、カリスマ的な人気を誇る岡村靖幸さんをゲストに、助っ人モデレーターとして「男の恋愛心に関しては俺にまかせたおけ」の大谷能生さんが、お得意分野のジャズ方面からの感性とともに、席亭湯山の助っ人として参加。
二人がかりで、岡村さんとクラシック音楽の出会いから浮き彫りになるクラシックの官能性を探っていきます。
教養としてのクラシックではなく、ドミューンに親しんだクラブ耳を持つ人にこそ体験してほしい、この爆音音浴。
生演奏がデフォルトだけれど、録音とオーディオという現代のテクノが入ってこその、音と脳と身体とのセッションを堪能して下さい。

ゲスト
岡村靖幸
1965年生まれ、神戸出身のシンガーソングライター。
作曲家としての活動を経て1986年にシングル「Out of Blue」でデビュー。
R&Bやソウルミュージックを昇華したファンキーなサウンド、青春や恋愛の機微を描いた歌詞などが支持され、熱狂的な人気を集める。
90年代以降は作品発表のペースを落とし表舞台から姿を消すが、他アーティストへの楽曲提供やプロデュース活動は継続する。
2
004年には約9年ぶりのアルバム「Me-imi」をリリースし全国ツアーも実施。
2011年8月にアルバム「エチケット」を2枚同時リリースし、2013年10月に6年ぶりのニューシングル「ビバナミダ」を発表した。

ゲストモデレーター
大谷能生
1972年生まれ。
批評家、音楽家。
96年~02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。様々な雑誌、webへの執筆・寄稿を行い日本のインディペンデントな音楽シーンに深く関わる。
2004年9月、菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校 【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』(河出書房新社刊)を上梓。2004、2005年と同氏と共に東京大学教養学部にて講義 を担当。
『東京大学のアルバート・アイラー 歴史編』『同 キー ワード編』(菊地成孔・大谷能生/メディア総合研究所)として書籍化される。
他に、『日本の電子音楽』(川崎弘二著 大谷能生協力/愛育社)、『200CDジャズ入門200音楽書シリーズ』(200CDジャズ入門編纂委員会編/学習研究社刊)等。2007年9月に月曜 社から初の単独批評単行本『貧しい音楽』刊行予定。音楽家としては、sim、masなど多くのグループに参加。
2006年12月にはソロ・アルバム『「河 岸忘日抄」より』(原作:堀江敏幸)をHEADZからリリース。
その他さまざまなセッションで演奏を行っている。2007年には待望の第一批評集『貧しい音楽』(月曜社)を上梓。
2008年には 菊地成孔と共著で待望の『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(エスクアイア マガジン ジャパン)を発表。
また、2008年には 第二批評集『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』(メディア総合研究所)も発表された。

席亭
湯山玲子(ゆやまれいこ)
著述家、ディレクター。
著作に『女ひとり寿司』(幻冬舍文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え』(ワニブックス)、近著に『ビッチの触り方』(飛鳥新社)等。
父君がクラシック作曲家、湯山昭という環境に育ちつつも、ハマったのはクラブミュージックで、著書『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)は、クラブ文化を都市や歴史風土の観点から分析、論考を行った。
坂本龍一との対談が月刊誌ゲーテとwebマガジンcommmonsで連載中。
日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。

2.21(金)
湯山玲子presents
爆クラ<第30夜>
「岡村靖幸のクラシック官能教育
助っ人moderater 大谷能生参加の巻」

ゲスト: 岡村靖幸
ゲストモデレーター:大谷能生
席亭:湯山玲子

door open 19:15
start 20:00

料金
¥4500+ドリンクオーダー
¥2000+ドリンクオーダー(学割)

今回は予約受付先着順とさせていただきます。
2月17日昼12:00より
新世界サイトにご予約ボタンを設置いたしますので
そちらからご予約を承ります。
お一人様2名までのご予約に限らせて頂きます。
定員に達したところで、締め切りとなりますのでご了承下さいませ。

当日のキャンセルはご遠慮頂けますよう、何卒よろしくおねがい致します。