文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 09 / 25
Dr.Washington『フルアルバム発売記念LIVE』


【時間】
OPEN 19:30
START 20:00

【料金】
¥2,000(ドリンク別)

【出演】
ドクターワシントン

もっと詳しく
2017 / 10 / 07
西麻布 新世界女学園文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
2日間通し ¥4,000

(ドリンク別)
※入場時ドリンク¥500 または、飲み放題¥1,500 お選び頂きます。 【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
合唱部 サイレント合唱団
放送部 キャバレー遊び足りない(10/7)
吹奏楽部 浪漫堂(10/8)
軽音部 BINJU(10/7)
生徒会長 嵐山礼子
生徒会書記 迷い道くね子(10/8)

【出店】
食堂 きっちん大浪
タロット部 ジュンコエメラルド


もっと詳しく
2017 / 10 / 08
西麻布 新世界女学園文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
2日間通し ¥4,000

(ドリンク別)
※入場時ドリンク¥500 または、飲み放題¥1,500 お選び頂きます。

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
合唱部 サイレント合唱団
放送部 キャバレー遊び足りない(10/7)
吹奏楽部 浪漫堂(10/8)
軽音部 BINJU(10/7)
生徒会長 嵐山礼子
生徒会書記 迷い道くね子(10/8)

【出店】
食堂 きっちん大浪
タロット部 ジュンコエメラルド


もっと詳しく
みつはしみなこ presents 『めびよん劇場』

『めびよん劇場』とは?
かつて青森に『だびよん劇場』というライヴハウス兼小劇場がありました。
「だびよん」とは、津軽ことばの推量の助動詞『~だろう』の意。
ここのオーナーであった、牧良介は、俳優・ナレーターとしても活躍し、津軽ことば一人芝居をライフワークとし、長部日出雄監督作品「夢の祭り」などにも出演した。
また、青森文化のよき支え手、プロデューサーとして、高橋竹山、伊奈かっぺいなどを世に出した。
だびよん劇場は、当時流行であった「ライブハウス」として活動し、地元の演奏家の演奏の場所として使われた。
また、演劇や音楽などを愛する青森の人々が集う場所、交流の場所として、広く愛された。
この『だびよん劇場』に敬意を表して『めびよん劇場』なるライブを行なうことになりました。
津軽ことばで俳優、語り部として活動しているみつはしみなこが座長をつとめる
『めびよん劇場』
「めびよん」は、津軽ことばで「美味しいだろう!!きっとおいしいだろうな~。」という意味です。
語りのライブが、どんどんうまみを増して、いろいろな味が混じりながら、長い時間をかけてほんとうにおいしい表現、うまい表現になることを願って付けました。
津軽ことばで、めごいは可愛いの意味もあり、めらしは女の子。
またメビウスは小惑星の名前。
めは目。
芽が出るのめ。
よんは4の数が好き。
『めびよん劇場』には、いろんな意味がこもっています。


みつはしみなこ

絵本作家、俳優、語りべ、イラストレーター、モデルなどとして活動。
青森県生まれ。
高校卒業後、上京。
幼児教育を学んだ後、セツ・モード・セミナ-美術科を卒業。
19歳のとき、偶然出会った写真家の荒木経惟氏に見い出され、さまざまな写真展、写真集にモデルとして登場。
10代から映画を自主制作する。
主な映画出演作は『東京夜曲』(市川準監督)、『東京日和』(竹中直人監督)、『ドッグス』(長崎俊一監督)、『白痴』(手塚眞監督)ほか。
近年は絵本と作品を作ることに力を注ぎ、こどもたちを対象にした絵本や昔話の読み聞かせ活動に取り組んでいる。
語りべとして津軽ことばで昔話や方言詩を語るなど、さまざまな形で表現することに力を入れている。
津軽ことばで語る大人向け「コエッコ」ライブ。
聴くものの魂を引きこむ圧倒的な朗読ライブ。
http://http://minainfo.exblog.jp/


三上敏視

音楽家 / 神楽・伝承音楽研究家
MICABOXとして主にモダンルーツ音楽の製作とライブ活動。
演奏家として細野晴臣&東京シャイネスではアコーディオンを担当。
サポートミュージシャンとして、あがた森魚などのライブで太鼓、パーカッションやギターなどを担当。
神楽・伝承音楽研究家として全国の里神楽を中心に祭りのフィールドワークを続ける。
映像で神楽を紹介する「神楽ビデオジョッキー」の活動を各地で行う。
著書に『神楽と出会う本』(アルテスパブリッシング刊)
http://www2.comco.ne.jp/~micabox/info/profile.html


猪俣昌也

tap dancer
1983年 神奈川県生まれ。
大学院まで都市計画を学び、修了後、一般企業に就職。
2010年 KAZ TAP STUDIO企画のワークショップに参加し、タップダンスを始める。
2013年 企業を退職しタップダンスを本業とする。
現在、KAZ TAP STUDIOのスタッフ兼講師として活動しながら、都市計画・まちづくりにおけるタップダンスの可能性を模索中。


山田安希 (Andy)

タップダンサー。
6月20日生まれ。
瀬戸内海に浮かぶ小さな島に生まれ、職人である祖父と父の背中を見て育つ。
2011年、本格的にタップを始める。
映画のワンシーンのような、サーカスのテントからもれる灯りのようなドラマチックでロマンチックなタップダンサーを目指し日々奮闘中。
靴と映画と海とお酒が好き。


田野村聡(Soh Tanomura)

岡山県岡山市出身。
島根大学総合理工学部卒業。
ギター、電子音楽制作、DJ等の多様な音楽遍歴を経た後、大学入学と同時に尺八と出会う。
在学中、琴古流尺八を筧秀月氏、現代邦楽を田辺洌山氏、田辺頌山氏に師事。
上京以後、菅原久仁義氏に古典から現代曲まで幅広く師事。
NHK邦楽技能者育成会51期修了。
日本音楽集団団員。第17回長谷検校記念くまもと全国邦楽コンクール優秀賞(笛・尺八音楽の部1位)受賞。
伝統楽器奏者として国内外で多数のコンサートに出演する一方、著名アーティストとの共演やレコーディング等の多岐に渡る活動を展開し、尺八の表現における新たな可能性を追求している。


HAMADARAKA(Eru Arizono/Emu Arizono)

双子。絵描き。
ペイント、ドローイング、人形、オブジェ等、様々な手段を使いHAMADARAKA独自の世界を創作する。
現在までに数々の国内外での、個展、グループ展を行う。雑誌、映像、CDジャケットへのアートワーク提供、ファッションブランドとのコラボーレション、ライブペインティングを中心に活動中。
「TERROGANUS」としてフードオブジェクトパフォーマンス、「三人官♀」として人形制作ユニットの一員としても活動を行う。
2012年より、AAT(Art Aquvii Tokyo)のディレクターを務める。
2013年6月、ERECT labよりHAMADARAKA作品集「YAUYAUPARAISO」が出版される。
http://hamadarakaworks.tumblr.com

3.12(水)
みつはしみなこ presents
『めびよん劇場』

出演
みつはしみなこ(津軽弁語りべ)
三上敏視(神楽太鼓)
猪俣昌也(タップダンス)
山田安希 (タップダンス)
田野村聡(尺八)
HAMADARAKA (Eru Arizono/Emu Arizono)
(ライヴペインティング)

開場:19:00
開演:20:00

チケット代
ご予約:¥3,000+ドリンク代
当日:¥3,500+ドリンク代