文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 12 / 10
Funny 40’s Vol.14 〜音彩 いろどり〜


2017年12月10日(日)

【時間】
OPEN 17:30
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
(1ドリンク別)

【出演】
BLUE VALENTINE
MicstrA
Adam
アザブスミス


もっと詳しく
Nomad Diary 〜流浪日記〜 Vol.3

音楽は異境への入り口。
1曲1曲はそれぞれが短い旅。
ジプシーのように、旅から旅へ、音楽から音楽へ。
旅の日記をめくるようにゆったりと楽しんでください。

EA(エア)
技巧派・音響派ギタリストのシンヤ・サイトウと
マイカ・ルブテ(Vo,Key)による
ニューポップユニット。
2009年結成。
2012年5月9日、初の全国流通盤である 1st mini album『METEO』をリリース。
セルフプロデュースによる本作には、くるり、mi-gu、オノ・ヨ ーコのPLASTIC ONO BANDなどで世界的な活躍をみせるあらきゆうこがドラムに参加。
結成以来、都内を中心にライブ活動を続け、創作活動を続ける。
ゆったりしたペースながらも、高野寛、salyu×salyu、小山田圭吾、Chocolat&Akito 、mi-gu、清水ひろたか、鈴木慶一らMusician’s musicianとの共演を重ねる。
2013年春、ARABAKI ROCK FESTIVALに出演。
原発絵本プロジェクト「このくににひかりがみちるまで」(2014年春発売)の電子書籍版にて音楽担当:「METEO」収録曲の『ひので』をテーマソングとして楽曲提供。
以後、実験的に音楽を追究する場として自宅内のTONY’s STUDIOを拠点に活動を続ける。
ホームページ: eaeaea.net

fantaholicは佐藤多歌子の妄想カッコワライ系エレポップソロユニット。
ライブではクネクネダンスでフロアを魅惑したかと思えばパンキッシュなエレキギターをかき鳴らし絶叫、予測のつかない大雑把なパフォーマンスを披露。
「カモン!知性と野蛮!」という戸田誠司によるキャッチフレーズ通り、東大卒にしてこの有様なギャップに注目。
2012年にファーストミニアルバム『Me, You, Synthesizer』発売。
ライブサポートも行っている渡部高士をプロデューサーに迎え、現在新作製作中。
佐藤多歌子個人としても、安田寿之プロデュースミニアルバム『Les Rendez-vous de Tokyo20130606』へのヴォーカルでの参加、WORLD ORDER『IMPERIALISM』『REINCARNATION』『LAST DANCE』へのコーラスでの参加など、中性的な声と日英仏の語学力を生かして、活躍の場を広げている。
http://www.fantaholic.com/
https://www.facebook.com/fantaholicfans
https://twitter.com/tkk_fantaholic

Khaki
2013年5月に1stミニアルバム「透明な街」を配信。
メンバーは、映画音楽、インスタレーション等の音響を手掛けるサウンドデザイナーのKujun、元プードルズのギタリストの小笠原峰生、新たに女性ドラマーのハナワ(catch-up、RDL、ドラマガコンテストグランプリ受賞etc)を迎え、透明感あふれるサウンドに躍動感がプラスされた スリーピース・スペシャル・バンドセットです!
OTOTOY, iTunes Music Store 他より、配信中!!
http://www.wiowio.biz/khaki/
facebook
https://www.facebook.com/khakijp

大野要介 (VJ + α)
STOPMOTION.JP主宰。
グラフィック、映像、写真等をミックスした表現で幅広いシーンに出入りする。
様々なジャンルのアーティストやクリエイター、ミュージシャン等の発信者と受信者が交差する場としてSTOPMOTION.JPを立ち上げ、ライブメディアの可能性を模索。
トランペット奏者としてThe CHICAMOに参加。

4.18(金)
Nomad Diary 〜流浪日記〜 Vol.3

出演
EA
fantaholic
Kahki

VJ:大野要介

開場:19:00
開演:20:00

料金
予約:¥2,500+ドリンク代
当日:¥2,800+ドリンク代