文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 07 / 07
THE 笑舞 〜WA-LIVE〜



2017年7月7日(金)

【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
前売 ¥5,000
当日 ¥6,000
(3ドリンク込)

総合司会 桂 三輝

【出演】
アザブスミス
桂 三輝
Na'Ale Pa'ani(ナアレパアニ)
YANAGI「OGS」
YO→KO +PON


【共同企画店舗】
・西麻布 Bar&Cafe SINCERE
東京都港区西麻布2-13-11-1F
03-3797-3278
・西麻布 KORBE
東京都港区西麻布4-2-2-2F
03-6884-5625
※チェックインは全店舗にて受付
 チェックイン後は各店舗出入り自由
 (但し、リストバンドは必ずおつけください)


もっと詳しく
Ultimate instrumental bash vol.1

タイトなドラミングに縦横無尽のシンセベースが強靭なグルーブを生み出す。グルーブを切り裂くギター、サックスが絡み出すと、辿り着く先はとてもオーディエンスには創造できないフューチャー・ファンク・ジャムの大河へと流れ込む。気をつけないと溺れるぜ!
竹内朋康(ex.SUPER BUTTER DOG、マボロシ他)の呼びかけで集まった手練ファンク集団、竹内朋康カルテットをヘッドライナーに据え、ジャンルレスに選び抜かれた旬のインストルメンタル・バンドと毎回真剣勝負!
究極のインストルメンタル・ナイトいよいよ始動!
記念すべき1回目は、横浜を中心に活動し、オーディエンスを一発で釘付けにするバンドLiquidと、なんと!タケウチカズタケ生誕記念ライブとなります!!


竹内朋康カルテット/プロフィール
SUPER BUTTER DOGのギタリストとして、RHYMESTERのMummy-Dとのユニット「マボロシ」、屋敷豪太、鈴木渉らと共に結成した’ギタートリオ「FIASCO 3」などのメンバーとして名高い竹内朋康が新たなグルーヴの可能性を追求すべく結成したインストルメンタルカルテット。
メンバーに竹内朋康Guitar、タケウチカズタケKeyboard、栗原健Sax、岡野tiger諭Drumsと、ベースレスながらもそのサウンドはフューチャーファンクそのもの。他に類がないサウンドを目指している。
さらに竹内朋康は 堂本剛、安室奈美恵、忌野清志郎、クリスタル ケイ、さかいゆう、椎名林檎、Suger Soul、NITRO MICROPHONE UNDERGROUND他、プロデュースワークやRemixも多数、
すべてのインストルメンタルを自身が操った初のソロアルバムの発表も間近控えて精力的な年になりそう。


タケウチカズタケ/プロフィール
日本語ラップ周辺を賑わすHIPHOP BAND「SUIKA」と30人を超える大所帯HOUSEオーケストラ「A Hundred Birds」の中心人物でHOUSEとHIPHOP界隈を行き来する、Keyboard player/ Producer。
2008年「タケウチカズタケ」名義のソロアーティスト活動を開始。
HIPHOP/SOULをベースにエレピをメインとした、インストアルバム“UNDER THE WILLOW -panda(2008)”、
2nd alb.“UNDER THE WILLOW-ICHIGO(2008)”をリリースし、1人でサンプラーとエレピを操る演奏スタイルでのライブをスタート。
2013年6月19日には、5年ぶりとなる3rd album”UNDER THE WILLOW -RAIN-“を
初回特典として4th album”UNDER THE WILLOW -SUN-“をつけるという異例の形でリリース。
現在、2011年から主催イベント「UNDER THE WILLOW NITE」を約3ヶ月おきに不定期で開催中。
「A Hundred Birds」では、Francois K.のWAVE MUSICからリリースされた「Batonga(2001)」「Jaguar(2003)」等の12inchの世界的ヒットをはじめ、佐藤竹善、YUKI、DA PUMP、青山テルマ、Zeebra等のリミックスも手掛け、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、朝霧JAM等の国内野外フェスに多数出演。「唯一無二のハウスミュージック・オーケストラ」として作詞作曲編曲プロデュース全般を担当。
2013年は、FUJI ROCK FESTIVAL 2013に2日間出演(7/27 STERUSS @Red markie,7/28 A Hundred Birds with TeN + GEBO @orange court)
最近は毎月第3土曜深夜に渋谷club Familyで開催されるイベント「METROCKRIDE」へのレギュラー参加や、Cro-magnon Orchestraのバンマス参加、ギタリスト竹内朋康氏のバンド、Magic Numberにも参加。
プレイヤーとトラックメーカーの間、生バンドとDJイベントの間、HOUSEとHIPHOPの間をクロスオーバーしながら、ますます精力的に活動中。
Official HP
www.kaztake.com


Liquid/プロフィール
2003年横浜にて結成。「古着屋でかかる音楽を」というシンプルなコンセプトで活動開始。 70年代ロックを彷彿とさせるギター、ウッドベースを倒してスラップするパフォーマンス、タイトかつグルーヴィなドラム、受話器マイクから放たれる何語かわからないメッセージ。 ライブが生き物だということを大事にし、セッションを織り交ぜて音を紡いでいくライブスタイルはカフェでのライブや結婚式/アートイベントなど多岐にわたる。 2012.9.13 1st Album 「We are Liquid」をリリース!! 
2013年 2nd Album「Indigo Harbor」をリリース!
Official HP
http:/liquid-man.net


Fencer/プロフィール
福井県出身、湘南在住のDJ/Producer。
あらゆるジャンルを超越した変貌自在なDJプレイが人気を集め、
これまでSUBURBANとしても数々のプロデュース、リミックス作品を手がける。
レコード市場が低迷してく中、あえてアナログレコードに拘り、12インチシングル5枚、7インチシングル2枚をリリース。2007年リリースの「栞 Feat. Shing02」で一気にシーンを震撼させ、2008年に1st Album「SUBURBAN」、2010年に2nd Mini Album「SUBURBAN EP2」を日韓同時にリリース。いずれもスマッシュヒットを記録する。米国KDDI MOBILEやaudio-technicaの高音質ヘッドホン「SONIC FUEL」のCMソング、ALTZと共にCorona Music Coasterへの楽曲提供など様々なフィールドで活動。RYUKYUDISKOのTetsushi HiroyamaによるソロプロジェクトORIONBEATS「AWESOME BEATS」への参加も話題となっている中、2012年にソロ名義初となる1st Album「Rip Current」をMedia Factoryよりリリース。幅広い音楽性を感じさせるフィーチャリングが顔を揃え、ダンスミュージックの枠を越えた新たなオーガニックサウンドを確立させる。

http://www.fencer-music.com/

5/8(木)

出演/竹内朋康カルテット(竹内朋康、タケウチカズタケ、栗原健、岡野tiger諭)
タケウチカズタケ
Liquid

DJ/Fencer

入場/19:20
開演/20:00
料金/ご予約:3000円+ドリンク代
当日:3500円+ドリンク代