文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2019 / 10 / 13
新世界・野佐怜奈共同企画 【新世界女学園文化祭】


【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

前売 ¥3,500
当日 ¥4,000
(1D¥500or飲み放題¥2,000別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
生き物係 タクトくん
吹奏楽部 海藻姉妹
軽音部 赤松ハルカ
新世界女学園歌劇団 紫式部
歌劇団団長 蜂鳥スグル
歌劇団副団長 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子
放送部 SLF !!(その名はスペィド)

食堂 Phadcha's Kitchen

もっと詳しく
2019 / 10 / 14
ALICE IN HELL 3rd album 先行レコ発ライブ!〈西麻布鋼鉄祭〉

【時間】
OPEN 16:30
START 17:00

【料金】
前売/当日 ¥2500(+1Drink¥500)

出演
ALICE IN HELL
unclose
DETHFAST(名古屋)
ベンベンダダンベンダラン
α-sense's
VELL'z FIRE

もっと詳しく
2019 / 10 / 19
ミリオンオーバー/ドラマ映画主題歌セッション

【時間】
OPEN 18:00〜23:00

【料金】
参加者 ¥1,500
見学  ¥500
(別途2ドリンクor飲み放題選択)
〜参加者募集中〜

もっと詳しく
OPSB presents 『COLORFUL』


西麻布 新世界から始まる、OPSB企画の新イベント「COLORFUL」!!!
2014年2月、マンハッタンレコードのレーベル”ROOM FULL OF RECORDS”からリリースされたOPSBの12インチヴァイナル「CHANGE YOUR ROUTINE」「MIND CONNECT」。この作品のタイトル「日常を変えよう」「心のつながり」という言葉は、まさに新時代に向けて世界の人々と共有するキーワードです。「COLORFUL」が皆さんのポジティブな変化や、つながりの場所になる事を願っています!!

OPSB

2006年結成。
吉田良晴、PONCHI、GOTOのスケーター3人から鳴るユニット。  アルバム「GROW OUT」を発表して以降ライヴを重ね、スケートボードDVDのサウンドトラックや、コンピレーションアルバムにも楽曲を提供するなど精力的に創作。 2013年、ニューアルバム「WHEELS ON DENPA」を発売以降、日本各地でライブツアーを行い、2014年春にはレコード音源とリミックス作品のCD、2作品を同時期にドロップ!活動は留まらず、クラブや野外フェスなどでのライブも進行中である。
www.onepeacesessionband.com

Ackky’s Mode seminor

2013年の暮れに7incリリースされたAckky “Painting in November”. 大好評のうち、作品は二週間で全て売り切れ。ライブでも聞いてみたい~♪とのリクエストに応える形で、お声掛けして集まったミュージシャンたちと生演奏でライブします!レコーディングメンバーの高井康生、小林うてなのお二人に加えて、Love Me Tenderの盟友、高木壮太。さらに高木氏率いるCAT BOYSリズム隊のお二人、ULAPTON 、No Rioを迎えてのスペシャルライブバンド。間違いない六人でレイドバックミュージック奏でますのでお楽しみに!

DJs :
Max Essa

•1993年に、伝説的なWarp Recordsから、プロデューサーとして、デビュー。
•これを皮切りに、90年代には、英国のPaper Recordings、D.i.Y Discs/Strictly 4 Groovers、イタリアのD-visionといった独創的なハウス・ミュージック・レーベルから次々にレコードをリリース。
•2006年、ロンドンに拠点を置くレーベルBear Funkと活動を開始。3枚のソロ・アルバム『Continental Drift』(2009年)、『White Shoes Blue Dreams』(2010年)、『Won Ton Sunset』(2013年)、レーベル主宰のスティーヴ・コーティとの3枚のコラボレーション・アルバム(Soiree名義での『Zim Zim Zah Zah』『Let’s Play Tennis』、様々な変名のもとにプロデュースした『The World Of Progressive Disco』)をリリース。
•2010年には、Is It Balearic? Recordingsからの2枚目のシングルを発表。この12インチに収録にされた20分にも及ぶ壮大なメイン・トラック「Panorama Suite」は高い評価を得て、作曲家・プロデューサーとしての名声を確立することとなった。
•続けて、2011年には、大きな成功を収めた「Feel It In Your Body」をリリース。この作品は、アンドリュー・ウェザオールによるサポートを受け、B面に収録された「Heartache」は、NYCのディスコ・レジェンドであるデヴィッド・マンキューソをはじめとするその他大勢のDJのプレイ・リストに掲載された。
•2008年日本に移住。毎週東京の様々なクラブでDJとしてプレイ。2013年には、サンディエゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、札幌、福岡公演も含め、その数およそ80本にも上った。2014年も多忙を極めている。現在、ヨーロッパ公演が計画されている。スタジオ・ワークでは、Aficionado、File Under Disco、Is It Balearic? Recordingsといったレーベルから新作をリリース予定。

FUSHIMING

1982年 東京生まれ DJ . Producer
2000年からDJ、楽曲制作をスタートする。2009年にMary Joy RecordingsからリリースされたMEISOの1st Album “夜の盗賊” に “1994” をCHELOOKとして提供。2010年にはMUZONOとのユニットCHELOOKの1st ALBUM “SHIFT” をリリースしInterFMやPVなどに使用される。2012年 にはV.A “RIDE MUSIC” の収録曲 “ALL SET TO GO” のALTZ REMIXと自身によるREMIXを12インチでリリース、2013年にはソロ作品 “HEAVY MOON EP” をアナログ限定でリリースし、国内外多数のDJによってプレイされる。
またKIRIN HEARTLAND BEERのPVの音楽担当や国内スケートビデオのサウンドトラックなどを手掛けている。
Ustream番組のDOMMUNEでは『スケボークラブ』を2度放送して2万人を超える視聴者を獲得しDJ、LIVEで注目を集める。

G.O.N. [3on3/BAW] 
 
96年のBALLを皮切りにLOOP/bonobo/天狗食堂/新世界/TUNNEL/青山蜂/FOREST LIMIT等々にて鳴らし回る流浪の盤人。”WE DUB U ALWAYS BABY”主催。

Live Paint :
Cohshi

1983年 宮城県に生まれ、幼少時の絵を描く感覚や色の魅力にはまり、2008年 東京にて本格的にペインターとして活動を始める。原色を用いた色彩と螺旋や丸みを帯びた物を主体として描いている。表現の自由とあるように色で表現をすることの心地良さ楽しさ幸福感を少しでも多くの人と共感できるよう目指し都内にて日々活動中。

74/ナナシ (東京)

REBEL MUSICと過去現在の偉人達、周囲の人々の言葉からインスピレーションを受け、日々自身の内側を深化。 ドローウィングをベースとしたラインと、外側の芸術との融合を試み、自分なりの真実を追い求めた先の可能性を信じる。

VJ :
VIDEOROCK

5/16(金) ALL NIGHT!!
OPSB presents 『COLORFUL』

【出演】
★LIVE :
OPSB (One Peace Session Band)
Ackky's Mode Seminor

★DJs :
Max Essa
Fushiming (Hole and Holland)
G.O.N.(3on3/BAW)

★Live Painting : Cohshi
74(ナナシ)

★VJ :
VIDEOROCK

【OPEN/START】
22:00〜

【料金】
予約 2000円+ドリンクオーダー
当日 2500円+ドリンクオーダー