文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
BimBamBoomSessions Vol.3

ビンバンブーンのリーダー、山口美代子の広いミュージシャンネットワークの中から選りすぐりの “メンツ” で贈るBBB.主催、イベント第3弾!
前2回の開催で究極のグルーブの祭典へと急進化した
「BimBamBoomSessions」がさらにアセンション!アイニ(ソロユニット)、UCARY&THE VALENTINE参戦決定!!
場のリディムを繋ぐDJは、勿論“ゴットファーザー・オブ・トウキョウクラブ”s-ken!
21世紀の“東京ソイソース -Girls   Version- ”、“Bim Bam Boom Sessions”に今、フォーカスせよ!


BimBamBoom(ビンバンブーン)/プロフィール
detroit7やFLOWER MAN BANDのメンバーとして奥田民生、Scott&Rivers、MuddyApes、真心ブラザーズなどのライブ&レコーディングミュージシャンとして活躍してきたドラマー、山口美代子を中心に結成されたR&B、ファンクインストゥルメンタルバンド。音楽的には60年代後半のブッカー・T&The MG’s 、The Bar-kay’sなどR&B、インストゥルメンタルバンドの発想をベースに、ミーターズからギャラクティック、パパ・グロウズ・ファンにつらなるニューオリンズR&B&ファンクビートを基調にしている。山口美代子の他のメンバーには、福岡出身のギタリストで現在、BAND Aでも活動中の岡愛子、同じく福岡出身のキーボードプレイヤーでニューヨークで修業つんできた田中歩、京都出身でMade in Asiaというバンドのベーシストとして活躍しているマリーヌが参加、いずれも20代美貌の腕利ききのミュージシャンが結集、2013年夏ライブデビューで絶賛され早くも自主イべントを開催中!
ホームペイジ/http://miyokoyamaguchi.com/bimbamboom
BimBamBoom ビンバンブーン「Big ‘Uns Get The Ball Rolling」YouTube/https://www.youtube.com/watch?v=dmYhF-FWmEE


アイニ/プロフィール
1997年よりsmorgas、DATASPEAKERとして活動。
smorgasではRap,Vo、コンポーザーとして、DATASPEAKERではDJ、プロデューサーとしての位置を確保。
それぞれFLMEからメジャーデビュー。
smorgasはシングル5枚、アルバム7枚を発表。
またROCK IN JAPAN、SUMMER SONICをはじめとする大型Fesに参加。1万人規模のステージをかけずり回る。
ワンマンでは渋谷AXや新宿&恵比寿リキッドルームなどでsold out。
メンバー交代やそれぞれのsolo活動に重点を置き2008年活動休止。
2010年に初期オリジナルメンバーで活動再開。
2011年にミニアルバム「FIVE INTO THE ONE」を発表。
DATASPEAKERは2002年にFirst Full Albumにて
永積タカシ、原田郁子をフィーチャリングしたアルバムを発表。
2011年を経て音楽家として「世の中の生活の多くに寄り添える音を奏でたい」と欲望にかられソロ活動の為のメロディの製作を開始し始める。
2012年より自主イベント「ワサカフェ」にて初の弾き語りでの活動を始める。
湘南を中心に都内のカフェやバーで演奏を続け、2013年10月にレコーディング、ミックス、ジャケット全て自分で手がけた。
ミニアルバム「ZUNGURIMUKKURI」を発表。
2014年より1人でのPV撮影、編集も挑戦し完成。
今後はYouTubeでの活動も視野に世界にエンターテイメントを目指す。
今回のサポートは、ドラムス、オオタケハヤト(ex.ROCK’A’TRENCH)、ベースはKODA(slowfood)。
ホームペイジ/http://www.eq-records.com/ainee/
アイニ / キミに歌う (Music Video You Tube)https://www.youtube.com/watch?v=zOOreGjKuWc#aid=P-t1nu33xRM


UCARY&THE VALENTINE/プロフィール
兵庫県宝塚市出身の21歳。
2011年に解散した“THE DIM”(神戸を中心に活動)の中心的メンバー。
音楽制作ソフト「GARAGE BAND」を駆使し、會田茂一プロデュースによる「TEENAGE JESUS」をソロ名義、
UCARY & THE VALENTINEとして2012年にリリース。
バンド編成によるライヴやDJなどを中心に多方面で活動中。
COMIN’KOBE 2011のステージで突然解散宣言をした”THE DIM”の中心的メンバー。
“THE DIM”は神戸や大阪を中心に活動し、高校生離れしたライブパフォーマンスで異彩を放っていたが、ピーク時にあっさり解散してしまう。そしてその頃から、覚えたての音楽制作ソフト”Garage Band”を駆使して、独特の世界観で溢れるがままに大量に楽曲を作り上げていく。
2012年、プロデューサーのアイゴン(會田茂一)と出会うと”Garage Band”でレコーディングを開始。
エンジニアの南石聡巳によるミックス、Orenge小泉由香によるマスタリングで決定的なサウンドとなり、ソロプロジェクト“UCARY & THE VALENTINE”初のミニアルバム「TEENAGE JESUS」を完成!
“OKAMOTO’S”、”ART-SCHOOL”、”QUATTRO”、クボタマサヒコ(ex.BEAT CRUSADERS)、
カトウタロウ(ex.BEAT CRUSADERS)、マシータ(ex.BEAT CRUSADERS)、ヒロヤマテツシ(RYUKYUDISKO)から成る”TOQUIO LEQUIO TEQUNOS”など様々なアーティストとも盛んに交流しながら、独自のLIVEを中心に多方面で精力的に活動中!
ホームペイジ/http://ucary214.com/
UCARY & THE VALENTINE「UPSIDE-DOWN CROSS」(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=IW3xTnLT810
LIVETOQUIO LEQUIO TEQUNOS Live(2012/07/14 04/29 YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=yhkUXB4Gt34

6/12(木)

出演/Bim Bam Boom
アイニ(ソロユニット)
UCARY&THE VALENTINE
DJ:s-ken

入場/18:30
開演/19:30
料金/ご予約:2500円+ドリンク代
当日:3000円+ドリンク代