文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2019 / 10 / 13
新世界・野佐怜奈共同企画 【新世界女学園文化祭】


【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

前売 ¥3,500
当日 ¥4,000
(1D¥500or飲み放題¥2,000別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
生き物係 タクトくん
吹奏楽部 海藻姉妹
軽音部 赤松ハルカ
新世界女学園歌劇団 紫式部
歌劇団団長 蜂鳥スグル
歌劇団副団長 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子
放送部 SLF !!(その名はスペィド)

食堂 Phadcha's Kitchen

もっと詳しく
2019 / 10 / 14
ALICE IN HELL 3rd album 先行レコ発ライブ!〈西麻布鋼鉄祭〉

【時間】
OPEN 16:30
START 17:00

【料金】
前売/当日 ¥2500(+1Drink¥500)

出演
ALICE IN HELL
unclose
DETHFAST(名古屋)
ベンベンダダンベンダラン
α-sense's
VELL'z FIRE

もっと詳しく
2019 / 10 / 19
ミリオンオーバー/ドラマ映画主題歌セッション

【時間】
OPEN 18:00〜23:00

【料金】
参加者 ¥1,500
見学  ¥500
(別途2ドリンクor飲み放題選択)
〜参加者募集中〜

もっと詳しく
『23 × 22』 〜Shoka Okubo Blues Project feat. Sarah ミーツ Arisa Safu ライブ@ 新世界!

※オープニンアクト、福原望の出演により開演時間を19:30とさせていただきます。お早めのご来場をお勧め致します。

ブルース&ソウルを愛する女性ギタリスト、大久保初夏(BLUES SISTERS from RESPECT)が率いる、SHOKA OKUBO BLUES PROJECTに、The Day他への参加で注目を集めるゴスペル&ファンクを愛する女性サックス奏者Sarahが共演!20代前半の瑞々しさと、身体も動くFUNKYなグルーヴ。音楽の楽しさ、素晴らしさををあらためて感じるLIVEになること請け合いです。

若き同世代のシンガーソングライター、Arisa Safuも急遽出演決定〜〜!!!またオープニングアクトとして若きR&Bシンガー福原望も参戦!!!注目の3マン・アクト!!


大久保初夏(Vo&Gtr:23才)
(aka/ Shoka Okubo Blues Project, BLUES SISTERS from RESPECT)
千葉県出身。幼少期に観たビデオ「BLUES BROTHERS」をきっかけに、ブルーズにハマる。2009年9月、女子中高生ブルースバンドRESPECTとして、アルバム「141144115411(P-Vine)」をリリース、注目を集める。2010年秋にバンド解散以降は、実妹、大久保紅葉(Vo & Harp:19才)と同級生男子のリズムセクションで”BLUES SISTERS from RESPECT”として再スタート。東京近郊でライブを重ねる。2012年8月、米メンフィスのミュージシャンとレコーディングした「MEMPHIS BOUND ~ビートにしびれて~(P-Vine)」を発表。2013年からは、大久保初夏のソロ・プロジェクト、Shoka Okubo Blues Projectをスタート。吾妻光良トリオ、打田十紀夫、バンバンバザール、仲井戸麗市らを招いてコラボ・イベントを開催。他アーティストのコラボやセッション参加等、次第に活動をひろげている。同性や同世代にブルーズやソウル・ミュージックの魅力を広めるのが夢。
http://www.facebook.com/BLUES.SISTERS.from.RESPECT/


前田サラ (AltoSax:22才)
13歳で牧師であり、シンガーソングライターの父の影響でサックスを始める。16歳の頃から都内を中心に活動を開始。以降、国内外を代表するトップミュージシャンと共演し始める。2011年、世界的なサックス奏者、Ron Brown氏に師事。2012年、自身の呼びかけで、是永巧一[Gt](ex.レベッカ)、日野賢二[Ba]、中村達也[Dr](ex.BlankeyJet City)と共にセッションライヴを行う。同年、幕張メッセで行われた「COUNTDOWNJAPAN 12/13」にthe day(仲井戸麗市[Gt]、中村達也[Dr]、蔦谷好位置[Key]、KenKen[Ba])のゲストメンバーとして出演。2013年、再びthe day ゲストメンバーとしてGreen Room Fes.に出演、またMay.Jのレコーディングにも参加した。ゴスペル/R&B中心にあらゆるシーンで活動中。女性としては極めてホンカ―的なワイルドなトーンと切れのあるリズム感で注目を集めている。
http://profile.ameba.jp/sarahsax/


Arisa Safu(アリサ・サフ)/プロフィール
シンガー、コンポーザー。
“横浜の名門ライブハウス「サムズアップ」経営”という完璧な音楽環境の家庭に生を享け、幼少よりドゥービー・ブラザーズ、デヴィッド・リンドレー等骨太なルーツミュージックを根幹としたライブ体験をその身体に深く刻み込む。
3歳より自身も楽器を演奏するようになり、ヴァイオリン、ピアノ、サックスに親しむ。
インターナショナルスクール卒業後、カナダ、モントリオールのマギル大学に通い、一旦は、動物学の研究に没頭するも、サイの継続的生存に関してのアフリカ・フィールドワークの中、5ヶ国語を駆使してもコミュニュケーションが取れぬ状況下、歌うことで真意を伝えられたことが切っ掛けとなり、音楽活動への回帰を決心する。
その後の活動は目覚ましく、2007年、サックスプレイヤーとして参加していたバンドがカナダ代表としてロンドンで行われたGBOB世界大会でTOP15。2009年、自身のバンド「Arisa Safu and the Rovers」を結成。GBOB世界大会で日本決勝まで残りベストアーティスト&ベストボーカル賞を受賞。2010年、FUJI ROCK アヴァロンステージ出演。2011年、KDDI自由視点映像の題材として抜擢され、CEATECデビュー。
しかし、順風満帆と思われた2012年、自らの意思でバンドを解散。出自より深く刻まれた、ブルース、カントリー、R&B、ロックンロールをより研ぎすまされた表現形態にするべく、弾き語り、シンプルなベースレス・トリオロック等さらに太く、深いヴォーカルスタイルを追求。2013年2月、ソロ活動後の一つの完成形とも言えるアルバム「Me」をリリース。2013年12月待望のフルソロアルバム「Chasing The American Dream」をリリース。以後、活動拠点をアメリカ:ロサンジェルスに移し、そのジェネレーション、ジャンルを超越した普遍的ロックマインドに増々磨きをかけている。

6.24_fukuhara
福原 望(ふくはら のぞむ)
北海道出身。都内を中心にストリートで歌い始める。
2014年よりLIVEハウスに場を移し、より積極的にLIVE活動のを開始。
数少ない期待の若手、本格派男性R&B/SOULボーカリスト。
福島でも意欲的にLIVE活動をしている。
https://www.facebook.com/people/%E7%A6%8F%E5%8E%9F%E6%9C%9B/100003158372701

6/24(火)
『23 × 22』 〜Shoka Okubo Blues Project feat. Sarah ミーツ Arisa Safu ライブ@ 新世界!

【出演】
●Shoka Okubo Blues Project (大久保初夏vo>, 芹田珠奈b&vo, 其原誠元dr&vo) feat. 前田サラsax

●Arisa Safu (Arisa Safu (Vo, Gt)、倉井夏樹 (Harp)、Yu from LA (Gt)

●オープニングアクト:福原望 (福原望(VO)伊藤拓人(KEY))

【開場】19:00
【開演】19:30〜
※オープニングアクトよりスタート致します。

【料金】
予約 2500円+ドリンクオーダー
当日 3000円+ドリンクオーダー