文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
「Z CHAN」30th Anniversary Party

「Z CHAN」 30周年
1984年、作家井口真吾によりトンガリ帽子とアイマスクがトレードマークのキャラクター「Zちゃん」は誕生しました。
当時人気のあったサブカル情報誌「ビックリハウス」(パルコ出版)に5ページの漫画として描かれたのが始まりです。
翌年から漫画雑誌「ガロ」(青林堂)で断続的に10年間に渡って連載され、単行本「ZCHAN ローズ」(青林堂1992)が出版されました。
「Z CHAN」をテーマにした個展やパフォーマンスも1986年頃から頻繁に行なわれ、1999年には絵本「Zちゃん かべの穴」(ビリケン出版)やフィギュア(ビリケン商会)などが発売されます。
物語に1995年から登場するサブキャラクターのクマの「バンロッホ」は、絵本「バンロツホのはちみつ」(学研 2001)が出版されるや沢山のグッズが発売され、UFOキャッチャーの景品にもなるなど、一気に人気者になりました。
BEAMS BOYのTシャツは毎シーズンごとに5年間続き、多くの若い女性に愛されました。
「Z CHAN」は現在表現の場を主にアートに移しており、個展を始め、国内外でのアートフェアーで積極的に発表されています。
2010年上海万博の公式パビリオン内で行なわれた日中計12名の作家による「上海万博記念版画展」では、草間彌生や横尾忠則の作品に混じり、井口真吾の「Zちゃん」達を描いた版画も展示されました。
2013年「VANROGH’s HONEY」(六耀社)が出版され、「Z CHAN」誕生30周年を迎える今年には、さまざまな記念イベントが予定されております。
時間をかけて成長を続ける「Z CHAN」の世界にどうぞご期待ください!!

井口真吾(いぐち しんご)
1957年広島生まれ。
1983年 漫画雑誌「ガロ」でデビュー。
著書:「改訂版Z CHAN ロータス」(青林工藝舎)、「Zちゃん かべのあな」(ビリケン出版)、「バンロッホのはちみつ」「バンロッホのチューリップ」(学研)、「いちねんせいになったあなたへ」江國香織との共著(小学館)

Reatmo (Human Beatbox)
19歳で、アメリカ・ボストンで行われたビートボックスの大会「バトル」で優勝。
帰国後、都内のライブスペースを中心に、24時間テレビやFMラジオ番組、Ustream番組などで勢力的にライブを行い、マイク一本で観客を沸かせてきた。
ビートボックスと声だけを素材として楽曲やリミックスも制作。
2012年にはBeyoncé(ビヨンセ)が世界規模で行ったリミックスコンペで入賞。
さらに、独自に構築したループマシンを駆使して、ビートボックスの多重録音によってライブの現場で曲を作ってしまう「ひとりバンド」「人間DJ」のようなパフォーマンスも行う。
クラシックの楽団から、いわゆる音響系と呼ばれるエクスペリメンタルな音楽まで、
幅広い分野の音楽とコラボを重ねてきたセッションミュージシャンとしての顔も持つ。
音楽制作ソフトウェア「Ableton Live」の公式ワークショップライブに招聘される一方で、ロンドンブーツ・淳氏に見いだされるなど、幅広いシーンで活躍。

EA(エア)
技巧派・音響派ギタリストのシンヤ・サイトウと
マイカ・ルブテ(Vo,Key)による
ニューポップユニット。
2009年結成。
2012年5月9日、初の全国流通盤である 1st mini album『METEO』をリリース。
セルフプロデュースによる本作には、くるり、mi-gu、オノ・ヨ ーコのPLASTIC ONO BANDなどで世界的な活躍をみせるあらきゆうこがドラムに参加。
結成以来、都内を中心にライブ活動を続け、創作活動を続ける。
ゆったりしたペースながらも、高野寛、salyu×salyu、小山田圭吾、Chocolat&Akito 、mi-gu、清水ひろたか、鈴木慶一らMusician’s musicianとの共演を重ねる。
2013年春、ARABAKI ROCK FESTIVALに出演。
原発絵本プロジェクト「このくににひかりがみちるまで」(2014年春発売)の電子書籍版にて音楽担当:「METEO」収録曲の『ひので』をテーマソングとして楽曲提供。
以後、実験的に音楽を追究する場として自宅内のTONY’s STUDIOを拠点に活動を続ける。
ホームページ: eaeaea.net

6.29hala_ma

ハラサオリ (Saori Hala)
ダンスパフォーマー、演出家。
東京生まれ。
2011年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業・同大学院入学、現在在籍中。
2012年ワイマール・バウハウス大学へ留学し、ドイツを中心としたヨーロッパ各地の美術館や教会にてパフォーマンス作品を発表。
現地のファッションデザイナーやダンサーとの共作も積極的に行い、2013年にはベルリン在住の美術家・小金沢健人との共演を重ねる。
2014年春より日本での活動を再開。身体表現を通したデザイン、ビジュアルコミュニケーションについて研究中。
『新世界』では6月に作曲家の小田朋美と「Pとレ」を上演。
www.halasaori.com

大野要介 (VJ + α)
STOPMOTION.JP主宰。
グラフィック、映像、写真等をミックスした表現で幅広いシーンに出入りする。
様々なジャンルのアーティストやクリエイター、ミュージシャン等の発信者と受信者が交差する場としてSTOPMOTION.JPを立ち上げ、ライブメディアの可能性を模索。
トランペット奏者としてThe CHICAMOに参加。

真舘嘉浩
グラフィックデザイナー
アナログの時代より書籍装丁、CDジャケット、ロゴ、プロモーション.etc、ビジュアルに関わるもののジャンルにとらわれることなく活動。
1986年設立のデザイン・スタジオとして『ウォーターズ』に加え、1999年、より自由な創作の場として『オーガズモ』の活動を始める。

藤川宏実
六耀社出版営業。
時折書籍制作にも関わる。
入社20年目に手掛けた「VANROGH’s HONEY」、期せずしてバンロッホもデビュー20周年であったとは、運命を感じずにはいられない。

6.29(sun.)
「Z CHAN」
30th Anniversary Party

出演
LIVE:REATMO
   EA

ROSE DANCE:ハラサオリ

リーディング:井口真吾

VJ&映像:大野要介

DJ:真舘嘉浩
  藤川宏実(六耀社)

スペシャルトークゲスト
山口裕美(アートプロデューサー)
and more........

18:30~ open

チケット
ご予約:¥2,800(税込み)+ドリンクオーダー
当日:¥3,000(税込み)+ドリンクオーダー