文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 11 / 04
Rock DJ Party 「ROCKS vs LOUDHOUSE」


Open 15:30 / Start 16:00~21:30
Entrance:¥1500+1drink¥500

【ROCKS】
HAMADIE (ALICE IN HELL)/狂犬 (LOUD ROOTS)
TaKA (X-FACTOR TOKYO)/若尾はるか

【LOUDHOUSE】
OOURA/WAKI/AYUMI

Food : Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
林海象 presents 『二十世紀少年読本』

10.0520seiki1

二十世紀少年読本 あらすじ
昭和中期。孤児の兄弟仁太と渡は「三日月サーカス」に引き取られた。団長に見込まれ、空中ブランコに憧れる兄弟は、日夜練習に励んだ。ある日練習中弟の渡が足を滑らせてしまい、助けに飛び出した兄の仁太は足に負傷を追ってしまう。数年が経ち、渉は三日月サーカスの花形空中ブランコ乗りになっていた。一方あれ以来足が不自由にとなった仁太は一人サーカスを去り、香具師になっていた。仁太はあるトラブルがきっかけでやくざに拾われる身となる…。
 モノクロ映像で綴る、旅芸人の哀愁物語。かつて淀川長治は本作をクラシック・モダンと評したが、ノスタルジックな感傷を誘いながらそれは斬新さに富む、独特の世界観に魅了される。

1989年 1h46 監督:林海象 出演:三上博史

7.20hayashipro

日本映画界きってのアバンギャルド、映画監督 林海象。
デビューから30年を越えても未だ、その挑戦はとどまるところを知らない。
最新作である新世紀映画「彌勒 MIROKU」では、オーケストラと共に生演奏で映画公演を行う全国ツアーを敢行。
原点回帰であり、革新的なこの映画公演は、まるで70年代のアングラ演劇興行のようである。
さらにこのプロジェクトを映画業界人とではなく、新人の若者たちと行う。
日本映画界に挑戦状を叩きつけるようなこの動きは、かつて自由劇場としてアンダーグラウンドから数々の名作を生み出したこの劇場(音楽実験室 新世界)の精神と結びつき、ここに”新世紀映画 実験室”が誕生した。
この新世紀映画実験室では「彌勒」を様々な公演形式でお送りすると共に、アバンギャルドな 精神で様々な映画実験を行っていきます。
また、毎回多彩なゲストを招き、林海象とのトークを行なっていきます。
映画の未来へ、新世紀映画を目指して。

10.05mikamip

ゲスト:三上博史(みかみ・ひろし)
東京都生まれ。
高校時代に寺山修司に見いだされ、映画『草迷宮』(’79)でデビュー。主な作品に、映画『スワロウテイル』『宮澤賢治−その愛−』、舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、ドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)ほか多数に出演。本作『二十世紀読本』では主人公の仁太を演じた。

10.05(日)
林海象 presents
『二十世紀少年読本』

出演:林海象
ゲスト:三上博史

18:30:開場
19:00:『二十世紀少年読本』上映
21:00:トークショー
    三上博史さん×林海象監督

料金
¥3,000+ドリンクオーダー

ご予約若干名承ります。