文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 11 / 24
TRAD ROCK PARTY
2018年11月24日(土)

【時間】
OPEN 17:00
START 17:30

【料金】
前売 ¥2,000
当日 ¥2,500
(1ドリンク別)

【出演】
Red eye
アザブスミス
Joker

[O.A] loveholic

もっと詳しく
「わたしの上海バンスキング」出版1周年イベント~自由劇場発祥の地で語る、それぞれの創作秘話〜

12.22yoshida

『わたしの上海バンスキング』著者の写真家・明緒と、オンシアター自由劇場主宰者であった俳優・演出・舞台美術家の串田和美、同劇団出身俳優・小日向文世が、自由劇場の軌跡、名作『上海バンスキング』の舞台裏、そして各々の創作活動への想いについて、語り尽くします。

 
第1部は同書に掲載し切れなかった写真を見ながらのトーク、
第2部はトークに加え、上海バンスキングのLP盤を抜群の音質でお楽しみ頂きます。
出演者自身による生演奏LIVEもあり!

バンスキングファンはもちろんのこと、演劇ファン、つくること・観ることに命をかけていた60年代、70年代のカルチャーを愛する全ての方々のためのスペシャルナイトです。
「ものづくりのオーラが立ちこめている」自由劇場発祥の地・新世界で、当時の熱狂を感じてみませんか?

書籍『わたしの上海バンスキング』とは

日本演劇史上最高傑作と言われる伝説の音楽劇『上海バンスキング』はどのようにして誕生したのか?
1979年の初演以来、435回もの公演が行われた劇団「オンシアター自由劇場」による『上海バンスキング』(斎藤憐作/串田和美演出・出演・美術)。台本、キャスト、音楽、演奏のすべてが日本人によるオリジナルの音楽劇であり、租界時代の上海を舞台にしたジャズマンの物語は、時代背景と相俟って多くの観客、さまざまなジャンルのアーティストに影響を与えた。

人気絶頂の最中の1994年、「オンシアター自由劇場」主宰者串田和美による突然の公演封印宣言。

封印から16年の時を経た2010年、シアターコクーンでの復活公演が実現。『上海バンスキング』はまたも伝説の舞台となる。
復活公演に突き動かされた写真家・明緒は、日本のジャズや演劇(小劇場)の黎明期、安保闘争、演出家と劇作家、役者たちの出会いを当時の証言を元に紐解き、21世紀の上海をも撮影。
串田和美の妻でもある著者は、”遅れてやってきた観客”として、『上海バンスキング』の生まれた経緯、当時の様子を写真と文章で綴った。

『わたしの上海バンスキング』――。それは、熱き時代を生きたクリエイターたちの魂の物語である。

『上海バンスキング』を演出し、自らも俳優として演じていた当事者である串田和美、
劇団員として出演していた小日向文世、そして”遅れてやってきた観客”として当時の様子を写真と文章で再現した著者の明緒。
3人のトークで『上海バンスキング』や自由劇場の日々を大いに語ると共に、劇中の挿入曲他をLIVEで再現します。

ご来場のお客様には本を販売しサイン会も実施致します。
(既に本をお持ちの方はご持参頂ければ当日サインをします)

12.22shanghai

書籍『わたしの上海バンスキング』¥2,800(税抜き)/愛育社
http://www.amazon.co.jp/dp/4750004340

12.22akio

明緒プロフィール
写真家。1998年日本大学芸術学部文芸学科卒。
歌舞伎、現代劇、フランスのサーカス、競走馬などを題材にルポタージュやポートレイトを撮影。
ASIAN ART MUSEUM BERLIN、銀座ミキモト本店、松本市美術館などで写真展を開催。
舞台、映画のポスターやパンフレットを数多く手がける。
著書に「拝啓 平成中村座様」(2009年世界文化社)。

12.22(月)
「わたしの上海バンスキング」出版1周年イベント
~自由劇場発祥の地で語る、それぞれの創作秘話〜

出演
串田和美(俳優・演出家・舞台美術家)
小日向文世(俳優)
明緒(写真家)

18:30/開場
19:30/開演

料金
ご予約:3000円+ドリンクオーダー
当日:3500円+ドリンクオーダー
今後のご予約ははお立ち見になります。
ご了承下さいませ。
(12/12)