文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
三人十色

毎年のように海外のフェスに招かれる、世界を駆ける和楽器奏者三人からなる「三人十色」、
八度目の登場です。
白熱した入魂のライブは回を重ねるごとにバンドとしての完成度を増し、
和楽器と邦楽の新しい可能性を切り拓いて進む。
新たな境地に達した前回のライブは大きな感動を与えた。

2.8sannin
内藤哲郎(和太鼓)
2002年春まで佐渡を拠点として和太鼓集団「鼓童」に在籍。在籍中は演奏のみならず作曲や演出などの評価も高く、CDにも数多くの名曲が残されている。
その後独立。持ち前の技術や独自のセンスを活かし、角松敏生、DJクラッシュ、ソウルフラワーユニオン、また吉田兄弟など数々のミュージシャンとのレコーディングやツアーに参加し、ジャンルにとらわれない幅広い活動を展開している。
一方で「日本的なものとは?」という本質的な問いかけに真摯に向き合い、独奏という形をもって和太鼓という極めて原始的な楽器を駆使した表現やその魅力・可能性を追求し続けている。
さらには自ら作曲・演出も手がける「どんがら」や「朋郎」ではシンプルな演奏形態の中に、叙情的で巧みなリズムを織り交ぜた独自の和太鼓音楽の開拓を目指している。
《内藤哲郎website》 http://www.tokorohare.com/tetsuro/

2.8sanninfue
木村俊介(笛・津軽三味線)
和楽器奏者(笛・三味線等)として活動する一方、作曲・音楽監督を行う。
自作曲によるコンサート活動では心象風景や心の動きをモチーフとした音楽で独自の世界を展開している。
’06〜’07年 坂東玉三郎演出・出演、鼓童『アマテラス』(京都南座・歌舞伎座他)に楽曲・詞を提供
’08年 日韓合作KAGEKI『もう一つのシルクロード』(加藤直・演出/荻野目慶子・出演、人見記念講堂)にて作曲・音楽監督を務める(’10年 韓国国立音楽院にて再演)
’09年 第3回邦楽グループコンテストにおいて、小野越郎氏とのDUOで最優秀賞受賞
’10年 トルコ・スロベニア・セルビア・ウズベキスタン他で演奏
《木村俊介website》http://insho.kmlw.net

2.8sanninono
小野越郎(津軽三味線)
津軽三味線を山田千里(やまだちさと)師に師事。青森県は弘前にて修行を積む。
劇団わらび座にて三味線奏者として数々の舞台で国内・海外公演に参加。
’03年より独立し、古典を中心にオリジナル曲も取り入れたソロ演奏の他、作曲・編曲も行っている。また、尺八・ドラムとのユニット『楾』(はんぞう)で演奏活動を行い、’06年5月にファーストCDが発売された。
’10年 Rainforest World Music Festival 2010(マレーシア)に、木村俊介氏とのDUOで招聘出演。

2.8(日)
三人十色

出演:三人十色
内藤哲郎(和太鼓)
木村俊介(笛・津軽三味線)
小野越郎(津軽三味線・囃子)

開場/14:30
開演/15:00

料金/ご予約、当日共
3,000円+ドリンク代