文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 02
新世界 納涼祭2018 〜サヨナラ夏と流しそうめん〜
【時間】
OPEN 18:00
START 18:30

【料金】
前売 ¥3,000
当日 ¥3,500
(1ドリンク、流しそうめん付)
※基本のそうめんセットは新世界でご用意致します。
トッピングは持ち込み自由です。

出演
ラサプリメントビバ
PRISM
ぽらぽら。
宮国英仁

もっと詳しく
X+Y=SHINSEKAI「第三回 目眩くナレーション・レコードの世界」

名称未設定-2
かつて恵比寿に存在していた大人の歌謡ラウンジ「X+Y」でプレイする様に作られたアルバム “ミッドナイトヱビス” にちなみ「X+Y=SHINSEKAI」と題した “ミッドナイトヱビス” アナログLP リリース記念の3ナイツ・イヴェント!!

このイヴェントなくして “ミッドナイトヱビス” のアナログLP化はなかった!!

過去二回行われ、“ミッドナイトヱビス” のアナログLP化の発端となった大好評イヴェント「目眩くナレーション・レコードの世界」の第三回目。

今回はトークにお馴染み “ミッドナイトヱビス” の首謀者・都築響一、“ミッドナイトヱビス” アナログLP化の推進者・山口’Gucci’佳宏、そして“ミッドナイトヱビス” の選曲担当者でディープな音楽評論家・湯浅学が参加。“ミッドナイトヱビス” に関する四方山話を展開する。
ライヴには歌謡ユニット「サロメの唇」が登場!! 秘宝館マニアである彼等は都築響一との接点もあり、これまたディープな歌謡ショーを繰り広げる。

そして、今回のもう一つの目玉企画、第二回目のライヴ & トークで出演した野佐怜奈が「ナレーション・レコード」を実演する!! 果たして、それは…?!

スタート時間から見逃せないこの企画、皆様、19:30までには必ずご来場下さい!!!

※今回も山口’Gucci’佳宏秘蔵のお色気レコジャケの展示あり〼。

協力: 金羊社・日本コロムビア・disk union

第一回目▽
http://shinsekai9.jp/2015/05/13/nareco/
第二回目▽
http://shinsekai9.jp/2015/07/29/nareco2/

[出演者]
▽都築響一
tuzuki1
1956年東京生まれ。
ポパイ、ブルータス誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆・編集活動を続けている。
93年『TOKYO STYLE』刊行(京都書院、のちちくま文庫)。
96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペクト、のちちくま文庫)で、第23回木村伊兵衛賞を受賞。
その他『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』(ちくま文庫)、『現代美術場外乱闘』(洋泉社)『珍世界紀行ヨーロッパ編』『夜露死苦現代詩』『珍日本超老伝』(ちくま文庫)『ROADSIDE USA 珍世界紀行アメリカ編』(アスペクト)『東京スナック飲みある記』(ミリオン出版)『東京右半分』(筑摩書房)など著書多数。
現在、個人で有料メールマガジン『ROADSIDERS’ weekly』を毎週水曜日に配信中(http://www.roadsiders.com/)。

▽湯浅学

音楽評論家、バンド湯浅湾リーダー、シンガー・ソングライター。
歌謡界の澱を掬う団体=幻の名盤解放同盟の常務としてフィールドワーカーやDJ、コンパイラーとして活動歴32年。
アナログ盤ばか。
最新刊「てなもんやSUN RA伝」好評発売中!
著書に『ボブ・ディラン』、『音楽が降りてくる』、『ディープ歌謡』他多数。
猫育歴52年。
1957年1月横浜生まれ。

▽山口’Gucci’佳宏
gucci1
昭和38年生まれ、52歳。誇大蒐集癖有り。
生業は音楽業界の裏方、アーティスト・マネージメント/音源制作/イヴェント制作等の業務を行う会社に勤務中&個人活動。
大学卒業後、百貨店勤務を経て27歳で趣味が昂じてレゲエを日本のレジェンドDee-Jay、ランキン・タクシーに付き自分の仕事とする。以来、レゲエ・イヴェントやレゲエ・クラブ、レコード卸を行う会社勤務ののち、自身のジャマイカン・ミュージック・レコード専門店経営し、店舗閉店後、現在に至る。現在はジャマイカン・ミュージックのみならず、多種の音楽を手掛けている。
個人活動としては、個人的趣味で蒐集したレコードのジャケットを集め編纂した書籍やスカ・ミュージックのガイド本の出版を行ったり、スカ・バンドのプロデュースなどをしている。
普段、ヒマさえ有れば、虱潰し的に自分の気になった展示を観に美術館・博物館・資料館・ギャラリー等をキチガイの様に巡り、年間、膨大な軒数の展示を観倒している。
以前より私淑していた都築響一氏とはレコジャケ本「昭和のレコード デザイン集」、そして、その虱潰し的展示巡りが縁で懇意にさせて頂き、トークを一緒に行う運びとなった。
http://www.rakstone.com/contents/index.html

▽野佐怜奈
reina1
歌手。高浪慶太郎(ex.ピチカート・ファイヴ)との出会いをきっかけに本名の「野佐怜奈(のされいな)」として2012年にソロ・デビュー。その後ソロやゲストVo.等でリリース・LIVE活動の後、2014年に“野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ”を結成、プロデュースを行い、「歌って踊れる歌謡・モッド・ポップ」を軸とした楽曲を立て続けに発表。7inchアナログレコードや、バンド名義の1stアルバム”Lady or Girl?”をApricot Sounds(ディスクユニオン)よりリリース。
2015年4月に野佐怜奈とブルーヴァレンタインズ初の単独公演を行い、その模様が収録されたCD+DVDが今秋発売予定。DJや作詞、映像編集等でもあらたな世界観を追求中。
http://www.nosareina.com

▽サロメの唇
salome1
2003年に結成された歌謡バンド。メンバーは京都出身の橘京子(Vo.)と富山出身の水のさとし(Ba.作詞作曲)。結成以来”昭和40年代の歌謡曲” をテーマにしながらも、あくまでオリジナルの楽曲にこだわっている。ライブハウスでの活動だけでなく、路上からグランドキャバレー、はたまたスナックのカウンターの中など、場所によって編成を変えたパフォーマンスを行っている。2009年にリリースした『熱海秘宝館のテーマ』は音楽ファンのみならず、サブカルチャーファンからも注目を集めた。2012年発表の3rdアルバム『終』リリース以降、自らを縛っていた”昭和40年代の鎖”を解きはじめ”異様”な 楽曲を作り始めている。すべての楽曲を手がける水のさとしは、他アーティストへの楽曲提供も行うかたわら、和製サイケインストバンド『ニューアクション』 を結成しベーシストとしての表現の幅も広げている。Voの橘京子もソロリサイタルを定期的に開催するなど、各メンバーが多岐にわたる音楽活動を展開している。
http://www.salome-lips.com/

11/4(水)X+Y=SHINSEKAI
「第三回 目眩くナレーション・レコードの世界」

[トーク]
都築響一 / 湯浅学 / 山口'Gucci'佳宏

[ゲスト]
野佐怜奈(実演ナレーション・レコードショー)

[LIVE]
サロメの唇

[料金]
予約:2800円
当日:3300円
3日通し券:8500円
※それぞれ別途1ドリンクオーダー
※通し券ご希望の方は備考欄に必ず明記ください

[時間]
開場 19:00
開演 19:30