文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
寺山修司 生誕80周年記念 ~白石かずこ×宇野亜喜良 寺山修司との思い出~

寺山修司の生誕80周年を記念して
白石かずこによるポエトリーリーディングと表現−1のライヴ
そして
イラストレーターの宇野亞喜良氏との寺山にまつわる思い出を
たっぷりと語ってもらいます。

白石かずこ
詩人。
カナダのバンクーバーに生まれる。
7歳で帰国し10代から詩を書き始め、北園克衛らの「VOU」に所属。早稲田大学文学部在学中の1951年、20歳で『卵のふる街』を上梓。
1970年『聖なる淫者の季節』でH氏賞、1978年『一艘のカヌー、未来へ戻る』で無限賞受賞。1970年代にはアイオワ大学、ロッテルダム国際詩祭など30数カ国の世界詩人祭、作家会議に招かれ詩の朗読、講演を行う。
1982年『砂族』で藤村記念歴程賞、1997年『現れるものたちをして』で高見順賞、読売文学賞(詩歌部門)、1998年紫綬褒章、2003年『浮遊する母、都市』で晩翠賞受賞。
2009年『詩の風景、詩人の肖像』で二度目の読売文学賞受賞。2009年三冊目の選詩集となる『My Floating Mother,City』出版。
ギンズバーグ、ブローディガンなど米国作家たちとの交友も知られ、大野一雄と共演、サム・リヴァースが共作レコードをベストアクトに挙げるなど、音楽、舞踏、美術とのコラボレーションでは世界的草分け。

12.3uno

宇野亞喜良
1934年名古屋生まれ。
名古屋市立工芸高校図案科卒業。
カルピス食品工業、日本デザインセンター、スタジオ・イルフイルを経てフリー。日宣美特選、日宣美会員賞、講談社出版文化賞さしえ賞、サンリオ美術賞、赤い鳥挿絵賞、日本絵本賞、全広連日本宣伝賞山名賞、読売演劇大賞選考委員特別賞等を受賞。1999年紫綬褒章、2010年旭日小綬章受章。
主な作品に「宇野亜喜良60年代ポスター集」「奥の横道」「MONOAQUIRAX+」「宇野亜喜良クロニクル」、絵本に「あの子」(今江祥智・文)「白猫亭」「上海異人娼館」(寺山修司・原作)「おおきなひとみ」(谷川俊太郎・詩)「X字架」(穂村弘・文/短歌)など。
刈谷市美術館、Bunkamuraギャラリー他、個展多数。
キュレーターや舞台美術も手がける。
TIS会員。

4.23hyogenn

表現(Hyogen)-1
http://sound.jp/hyogen/
四人組である表現(Hyogen)から宮崎県在住のベース園田空也を抜いた
権頭真由(acc/pf/vo)
佐藤公哉(vn/perc/vo)
古川麦(gt/vo)からなるトリオ編成。
表現(Hyogen)の楽曲だけでなく、それぞれのオリジナル曲なども演奏する。
寺尾紗穂、藤田陽介、野田薫など様々な音楽家とのコラボレーションも行う。

12.3(木)
寺山修司 生誕80周年記念
~白石かずこ×宇野亜喜良 寺山修司との思い出~

出演
白石かずこ
表現-1

ゲスト
宇野亞喜良

開場:19:00
開演:20:00

チケット
予約/¥2,800+ドリンク代
当日/¥3,300+ドリンク代
学割/¥1,500+ドリンク代