文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 09 / 29
笑舞 THE WA-LIVE


【時間】
OPEN 18:30
START 19:00

【料金】
¥2,500(1ドリンク込)
※軽食有¥500〜

【出演】
アザブスミス
絹~KINU~
YANAGI 「OGS」

もっと詳しく
2018 / 10 / 12
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 18:00
START 19:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
放送部 チャメリ
合唱部 サイレントクリスマス合唱団
合唱部団長 蜂鳥スグル
音楽喫茶部 レモン
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
2018 / 10 / 13
新世界女学園 文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
1DAY ¥2,500
2DAY ¥4,500
(1ドリンクor飲み放題別)

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
軽音部 BINJU
新世界女学園歌劇団 紫式部
音楽の先生 菊池麻由
生徒会書記 迷い道くね子
生徒会長 嵐山礼子(アザブスミス)

文化祭特設放送部 annie

食堂 Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
Bim Bam Boom Sessions Vol.8

大変長らくお待たせいたしました。Bim Bam Boomが新世界に帰還し、あのグルーブの祭典「Bim Bam Boom Sessions」の8回目を敢行!
暫しのご無沙汰の間にもリーダー山口美代子(ドラムス)はサポートミュージシャンとしてヨーロッパ、北アメリカを怒涛のワールド・ツアー。前田サラ(アルトサックス)はアメリカ、ミネアポリスでのソロデビューアルバムのレコーディング等更なるワールドワイドな活躍をへて、Bim Bam Boomはいよいよ充実期に突入!
今回は迎えるゲストは、セカンドアルバムも完成、来春のツアー、リリースをひかえ再始動したばかりの久和田佳代。25年ぶりのアルバム制作のための曲作りも佳境に入ったプロデューサー、s-ken。そして、DJにはTOKYOで一番スタイリッシュなセレクターとしてさらに活躍の場をひろげつつあるマックロマンスなど、Bim Bam Boom Sessions ゆかりのメンバーが師走の夜に大結集!
いまや別名、「
21世紀の“東京ソイソース -Girls   Version- ”」と称されるジェンダーフリーリディムの宴“Bim Bam Boom Sessions”に今すぐフォーカスせよ!

BBB
BimBamBoom(ビンバンブーン)/プロフィール
奥田民生、tricot、ハナレグミのライブ&レコーディングミュージシャンとして活躍しているドラマー、山口美代子を中心に結成されたR&B、ファンクインストゥルメンタルバンド。音楽的には60年代後半のブッカー・T&The MG’s 、The Bar-kay’sなどR&B、インストゥルメンタルバンドの発想をベースに、ミーターズからギャラクティック、パパ・グロウズ・ファンにつらなるニューオリンズR&B&ファンクビートを基調にしている。山口美代子の他のメンバーには、福岡出身のギタリストで現在、BAND Aでも活動中してきた岡愛子、同じく福岡出身のキーボードプレイヤーでニューヨークで修業つんできた田中歩、京都出身でMade in Asiaというバンドのベーシストとして活躍しているマリーヌ、さらに、2015年、中村達也(LOSALIOS)のユニットにも参加し、この秋渡米、リッキー・ピーターソンプロデュースによるソロデビューアルバムを12月ひかえる24才のアルトサックス奏者、前田サラが加入、いずれも美貌の腕利ききのミュージシャンが集結している。
BimBamBoom YouTube動画
ChinPunKanPunBimBamBoom~papa`s goto a brandnew pigbag
BimBamBoomSessions Vol.6 shinsekai TOKYO 2015.3.21 
https://www.youtube.com/watch?v=NqH5SQ_gewE
BimBamBoom Home Page
http://miyokoyamaguchi.com/bimbamboom

s-ken
s-ken(エスケン)/プロフィール
‘1978年にバンド「s-ken」を結成し、伝説のパンク・ムーヴメント「東京ロッカーズ」に参加。デビュー・アルバム『魔都』(81年)、セカンド・アルバム『ギャングバスターズ』(83年)などのソロ活動を経て、84年にs-ken&HotBombomsを結成、アルバム『ジャングル・ダ』『パー・ プー・ビー』『千の眼』『セブン・エネミーズ』の4作は、2007年に再発され、17年ぶりに新曲「オールディック」も発表。
これまでプロデューサーとして、世に送り出したレコード・CDは、スーパーバタードッグ、ボニーピンク、クラムボン、PE’Z、中山うり、DJKRUSH、エルマロ、MONDAY満ちるの作品など100タイトルを超える。2013年7月よりドラマー山口美代子率いる女性インストバンドBimBamBoomのプロデュース開始。
http://www.s-ken.asia/

CAYO
久和田佳代/プロフィール
天性のびやかで グルーヴィーな歌声、現代社会が失いつつあるサザエさん的商店街の活気を彷彿させる歌詞、ザップママやアシャに代表されるアフロヨーロピアンなサウンドがブレンドして、超ハイブリッド、超異種交配的、個性的なアーティストが誕生。
2013年10月には1stアルバム「ピニャコラーダ」をリリース、 iTunes Storeでは即日ワールドチャート1位を獲得。 KissFM、InterFMなどで収録曲がパワープレイとなる。2014年笠置シズ子生誕100年を記念したファーストシングル「買い物ブギ」 をリリース有線一位、PVはYOU TUBEで6万アクセス。同年夏FUJI ROCK FESTIVAL’14出演を期に、池上本門寺スローミュージック・スローライブ’14、若草山ミュージックフェスティバル’14、ARABAKI ROCK FEST’15、豊洲野音 CARNIVAlなど様々な野外フェスに出演 、広島、大阪、神戸、名古屋、軽井沢など全国ツアーも行い精力的に活動。
2016年1~2月待望のセカンドアルバム「マルガリータ」の先行発売ツアー、3月2日リリースが予定されている。
オフィシャルサイト/http://cayo-kuwada.jp/

12/11(金)

出演/Bim Bam Boom
ゲスト/s-ken(vol.)、久和田佳代(vol.)
DJ:マックロマンス

入場/18:30
開演/19:30
料金/ご予約:2700円(税込)+ドリンク代
当日:3300円(税込)+ドリンク代