文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 09 / 25
Dr.Washington『フルアルバム発売記念LIVE』


【時間】
OPEN 19:30
START 20:00

【料金】
¥2,000(ドリンク別)

【出演】
ドクターワシントン

もっと詳しく
2017 / 10 / 07
西麻布 新世界女学園文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
2日間通し ¥4,000

(ドリンク別)
※入場時ドリンク¥500 または、飲み放題¥1,500 お選び頂きます。 【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
合唱部 サイレント合唱団
放送部 キャバレー遊び足りない(10/7)
吹奏楽部 浪漫堂(10/8)
軽音部 BINJU(10/7)
生徒会長 嵐山礼子
生徒会書記 迷い道くね子(10/8)

【出店】
食堂 きっちん大浪
タロット部 ジュンコエメラルド


もっと詳しく
2017 / 10 / 08
西麻布 新世界女学園文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
2日間通し ¥4,000

(ドリンク別)
※入場時ドリンク¥500 または、飲み放題¥1,500 お選び頂きます。

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
合唱部 サイレント合唱団
放送部 キャバレー遊び足りない(10/7)
吹奏楽部 浪漫堂(10/8)
軽音部 BINJU(10/7)
生徒会長 嵐山礼子
生徒会書記 迷い道くね子(10/8)

【出店】
食堂 きっちん大浪
タロット部 ジュンコエメラルド


もっと詳しく
「孤独の発明」第三夜 ~冬の物語 あるいは 碧い惑星~

原田節×谷川賢作×ゲスト:赤城忠治
img098

 再演を望む多くの声にお応えしてアンコール公演「孤独の発明」第三夜決定!!
 あの世界に名だたるオンドマルトノ奏者、原田節のヴォーカリストとしての唯一無二の個性にスポットをあて、谷川賢作がプロデュースする珠玉の一夜が戻って来る。
 前回は数々の賢作ソングスの中から中原中也、谷川俊太郎の詩に曲をつけたものを中心に、浮遊する男の孤独をテーマに会場を感動の渦に巻き込んだ二人。
 第三夜となる今回は、テクノポップを牽引したバンド、あの「フィルムス」のリーダー、赤城忠治をゲストに迎え、底知れぬ音楽アイディアの宝庫二人ならではの一筋縄では行かぬ楽曲表現の数々!
 音楽を“芳醇”と比喩できる唯一無比な一夜へようこそ!
 未見の方々こそ是非一見あれ!!

art_det_image_166
原田節/プロフィール
オンド・マルトノ/作曲
学生時代よりロック・バンドのマルチキーボードプレイヤー、またジャズ・ピアニストとしてのプロ活動をスタートさせたが、強烈な自己表現能力に優れたオンド・マルトノと出会い、慶應義塾大学経済学部を卒業後渡仏、パリ国立高等音楽院(コンセルヴァトワール)オンド・マルトノ科を首席で卒業。ピアノを栗原一身、遠山慶子の両氏、オンド・マルトノを故ジャンヌ・ロリオ女史に師事。オンド・マルトノを独奏楽器として扱う日本人はじめてのソリストとしての演奏活動に留まらず、2001年よりはアジア初となる講座の開設、オンド・マルトノの楽器としての語彙の開発、レパートリーの拡充、後進の育成にも積極的に力を注いでいる。現代音楽界での先進的な創作を行っており、映画やテレビ、アニメやゲーム音楽など、多様多彩な作品群の豊かさにより、作曲家としての地位もすでに確固たるものにしている。出光音楽賞、横浜文化奨励賞、ミュージック・ペンクラブ賞など受賞も多数。また、メシアン「トゥランガリラ交響曲」は、オンド・マルトノが主役として出てくる代表的な曲であり、この楽器を用いる曲としては最も演奏頻度の高い曲である。この楽曲においてメシアン・イヤーである2008年は、ベルリン・ドイツ交響楽団、ソウル・フィルハーモニックオーケストラ、NHK交響楽団、九州交響楽団、PMFオーケストラ、リヨン国立歌劇場管弦楽団、ボストン交響楽団と共演。これまでに演奏回数は、20カ国、200回以上に及んでいる。佐藤順一監督の2012年最新作、オリジナルビデオアニメーション「わんおふ」の音楽を担当。また、IneterFM「Oh!Boy」のDJを行っている。
オフィシャル・ホームページ:http://harady.com/onde/

谷川賢作/プロフィール
作/編曲家、ピアニスト。1960年東京生まれ。
ジャズピアノを佐藤允彦に師事。
演奏家として、現代詩をうたうバンド「DiVa」ハーモニカ奏者続木力とのユニット「パリャーソ」、また父である詩人の谷川俊太郎と朗読と音楽のコンサートを全国各地で開催。
80年代半ばより作・編曲の仕事をはじめ、映画「四十七人の刺客」「竜馬 の妻とその夫と愛人」NHK「その時歴史が動いた」テーマ曲等。
88、95、97年に日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。
近年では、画家、山本容子の絵とエッセイで綴る「Jazzing」の音楽 プロデュース。
2014年度船橋市文化芸術ホール芸術アドバイザー。
最新刊「げんきにでてこい」(カワイ出版)最新CDは「うたがうまれる」(TRBR-0016) 
谷川賢作オフィシャルサイト http://tanikawakensaku.com/

DSC_0150
赤城忠治/プロフィール
ミュージシャン・コンポーザー・シンガー
グラムロック、ロンドン・パンク、テクノ等の洗礼を受け、70年代に音楽活動を始める。インディーズ・シーンで数々の伝説のバンド、プロジェクトを経て、 最近はテルミン等を使った独自のフィールドを開拓。日本人離れした独特のポップス感は、業界にも隠れファンがたくさんいる。79年、テクノ・ポップ・バンド「FILMS」を結成。80年、コロンビアからアルバム『MISPRINT』を発表。未来型のポップスが注目を集める。85年、近田春夫『星くず兄弟の伝説』に参加。映画版サントラでもボーカル等を担当する。(SMSレコード)89年、「クレバーラビット」を結成。数度のライブを経て、ビビッド・サウンドから缶入りミニ・アルバム『CLEVER RABBIT』を発表。
(手塚眞、岡野玲子も作詞で参加)95年、江蔵浩一とのユニット「ヴェルヴェッツ・フロム・ルナ」でライブ活動。富士通のCD-ROMソフト『TEO-もうひとつの地球』のサウンド・ディレクターとして、音楽、音響全般を製作。2001年、テルミン奏者やの雪のアルバム『eyemoon』のサウンド・プロデュースを行う。04年、ソロアルバム『Blue Planet』発表。

12/19(土)

出演/
原田節(ヴォーカル、オンドマルトノ)
谷川賢作(ピアノ、ヴォーカル)
ゲスト:赤城忠治(ヴォーカル)

開場:16:30
開演:17:00

料金/
ご予約:¥3,000(税込)+ドリンク代
当日:¥3,500(税込)+ドリンク代