文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2018 / 11 / 04
Rock DJ Party 「ROCKS vs LOUDHOUSE」


Open 15:30 / Start 16:00~21:30
Entrance:¥1500+1drink¥500

【ROCKS】
HAMADIE (ALICE IN HELL)/狂犬 (LOUD ROOTS)
TaKA (X-FACTOR TOKYO)/若尾はるか

【LOUDHOUSE】
OOURA/WAKI/AYUMI

Food : Phadcha's Kitchin

もっと詳しく
ORIGINAL SHINSEKAI Fainal countdown11「青谷明日香と島裕介 “ポーラーナイトの道標”」

オリジナル新世界の3月散開(運営会社(有)アダン撤退)に合わせ、ソロ、トリオと珠玉のライブアクトを多数展開してくれたオンリーワンなシンガーソングライター青谷明日香が島裕介とのデュオでその終焉に花を添えてくれます!
ニューミュージック黎明期の女性アーティストの太い系譜“矢野顕子系”を独自に踏襲しながらも、ドメスティックな歌謡テイストから超コード感漂うインターナショナル性までも内包する広域なメロディーライン!
“かまぼこ板”、“ジャラ銭”までも詩世界に昇華してしまうメタ・リリック!シンガーソングライター青谷明日香とトランぺッター島裕介のデュオ編成で冬の終わりを静かに奏でる夜、ツキモバザールのパンを添えてどんな音ケミストリーを紡ぐのか!?乞うご期待!!
※尚、当公演はオリジナル新世界の3月散開(運営会社(有)アダン撤退)に合わせての友情出演枠でのカウントダウン公演となります。

_DSC2082
青谷明日香/プロフィール
キーボードかついで街から街へ。旅する吟遊詩人、青谷明日香。
郷愁あふれる田舎の風景から、哀愁ただよう都会のビルの風景まで、様々な主人公の物語を歌い紡ぐ。
笑いあり涙あり、じわじわと感情ゆさぶるステージで、じわじわと信望者を増やし続ける。
2006年弾き語りとしての活動をスタート。
2010年1stミニアルバム「さようならくじらぐも」リリース。
2011年1stアルバム「夜はミカタ」リリース。
2012年3月2ndアルバムにしてピアノ弾き語りアルバム、「異端児の城」リリース。
2014年5月豪華ゲストミュージシャンを迎え3rdアルバム「冬の神様」をリリース。

shima201503
島裕介/プロフィール
トランペット(その他金管楽器), プロデュース, 作編曲
2002年から本格的にプロ活動開始。”歌うように吹く”独特のスタイルと柔らかで熱い音色がすぐに業界で評判となり、これまでに300タイトルを超えるアルバムに参加している。
2013年、初の本人名義アルバム「名曲を吹く」2作をリリース。 全国津々浦々年間100本を超えるツアーを行った。 2014年夏に全国放送されたNHK-FMの1時間特番は大きく話題となる。 タイ(バンコク・チェンマイ)ツアーも敢行、地元メディアにも取り上げられ大盛況に終わる。
トランぺッター以外に、コンポーザー・プロデューサーとしても多くの作品をリリース。
トランペットピアノDUO編成のリーダーユニット”Shima&ShikouDUO”の過去4作ほとんどの楽曲を作曲。 トランペットピアノDUO編成としては異例の、FujiRock07出演、全国タワーレコードJ-JAZZチャート1位獲得、メジャーレーベルリリース、など快挙を果たした。
クラブ・グルーヴサウンドをベースにしたプロジェクト”SilentJazzCase”でもオリジナルアルバムをリリース。 2010年作品”Jazzin’R&B”は異例のロングヒットを記録(iTunes2010年間ジャズ部門1位)、それをきっかけに多くのジャズカヴァー作品を手掛けた。
その他、メジャーインディーズを問わず多くのアーチスト(エゴラッピン、畠山美由紀、Bluey(Incognito), 沖仁, など)のツアー・録音・プロデュース、 CM「そうだ京都行こう」2011年秋バージョンでのトランペット演奏、 NHK紅白歌合戦での某アーチストのトランペットトロンボーンセクションをすべて演奏録音するなど、幅広い活動を行う。
他にも、「JazzJapan」の連載、管楽器と歌をコンセプトとしたレーベル”MOS Sound”を主宰、など日本ジャズの新たなシーンを築上げる日々が続く。

3/24(木)

出演/
■LIVE
青谷明日香(Vo,Pf)
島裕介(Tp)

■FOOD
ツキモバザール(天然酵母パン)

オープン/19:00
ライブ/20:00〜
料金/予約:¥2000(税込)+ドリンク代
当日:¥2500(税込)+ドリンク代