文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
2017 / 10 / 07
西麻布 新世界女学園文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
2日間通し ¥4,000

(ドリンク別)
※入場時ドリンク¥500 または、飲み放題¥1,500 お選び頂きます。 【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
合唱部 サイレント合唱団
放送部 キャバレー遊び足りない(10/7)
吹奏楽部 浪漫堂(10/8)
軽音部 BINJU(10/7)
生徒会長 嵐山礼子
生徒会書記 迷い道くね子(10/8)

【出店】
食堂 きっちん大浪
タロット部 ジュンコエメラルド


もっと詳しく
2017 / 10 / 08
西麻布 新世界女学園文化祭


【時間】
OPEN 17:00
START 18:00

【料金】
前売 ¥2,500
当日 ¥3,000
2日間通し ¥4,000

(ドリンク別)
※入場時ドリンク¥500 または、飲み放題¥1,500 お選び頂きます。

【出演】
軽音部 野佐怜奈
ダンス部 紫ベビードール
合唱部 サイレント合唱団
放送部 キャバレー遊び足りない(10/7)
吹奏楽部 浪漫堂(10/8)
軽音部 BINJU(10/7)
生徒会長 嵐山礼子
生徒会書記 迷い道くね子(10/8)

【出店】
食堂 きっちん大浪
タロット部 ジュンコエメラルド


もっと詳しく
【トークイベント】 珍スポットクロニクル ~ 珍日本紀行と珍寺大道場が生まれた頃のハナシ ~

90年代初め、雑誌 SPA! で始まった都築響一氏の連載「珍日本紀行」。ほぼ同時期よりユニークな神社仏閣を紹介し続けているサイト「珍寺大道場」の道場主 小嶋独観。現在の珍スポットブームの火付け役二人に造形作家の小嶋独観子を加えトークイベントを開催します。
どんな裏話が飛び出すか、乞うご期待!!

【プロフィール】


都築響一 (つづき きょういち)
1956年東京生まれ。1976年から1986年まで「POPEYE」「BRUTUS」誌で現代美術・建築・デザイン・都市生活などの記事を担当する。1989年から1992年にかけて、1980年代の世界現代美術の動向を包括的に網羅した全102巻の現代美術全集『アートランダム』を刊行。以来、現代美術・建築・写真・デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集を続けている。1993年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』を刊行。1993年から5年間にわたって『SPA!』誌上で「珍日本紀行」連載。1997年、『ROADSIDE JAPAN』で第23回木村伊兵衛写真賞を受賞。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続けている。2012年より有料週刊メールマガジン『ROADSIDERS’ weekly』を配信中。


小嶋独観 (こじま どっかん)
ウェブサイト「珍寺大道場」道場主。日本やアジアのユニークな神社仏閣、ファンキーな神様、不思議な信仰、巨大すぎる仏像等々を求めて東奔西走の人生を送っている。民俗、美術、宗教、建築、歴史などの視点から現代の信仰シーンを読み解く珍寺ライター。連載に「ワンダーJAPAN」「八角文化会館」「怪処」等、著書に『珍寺大道場』(イースト・プレス)、『ヘンな神社&仏閣巡礼』(宝島社)、『脳内楽園巡礼』、共著に『お寺に行こう! 』(扶桑社)、『考える「珍スポット」知的ワンダーランドを巡る旅 』他がある。


小嶋独観子 (こじま どっかんこ)
造形作家、ライター。日本やアジア、海外の珍妙なスポットからインスパイアされたモノを随時制作中。カラフルな仏像、寝釈迦グッズ、十一面観音帽子など。近年は地獄、千手観音、美女などをモチーフとしたミシン縫いの大型掛け軸を制作中。第五回ヴァニラ画廊大賞奨励賞受賞。2017年5月には「グロテスク ポップ ~ 地獄と世俗展in京都マヤルカ古書店」開催。

2017年3月26日 (日)

【時間】
開場 17:30
開演 18:00

【料金】
予約/前売: 1,800円
当日: 2,000円
+ 1ドリンク代 500円

【出演】
都築響一
小嶋独観
小嶋独観子 (兼 司会)