文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
GAZEGAN SIRISI

〜出演者紹介〜

☆小滝みつる
key/サニー久保田とOLB
大学在学中にCBSソニーよりデビュー以後、小泉今日子、泉谷しげる、松田優作、大沢誉志幸、夏木マリ、沢田研二&EXOTICS、アニメ「うる星やつら」サントラなど多くのアーティストのサウンドプロデュース及び作品に参加している。

☆woody mojar
Chapman Stick/Killng Floor
福島幹夫率いるキリングフロアのメンバー。近年はアンビエントサウンドのソロを中心に活動中。ヨガと映画と読書を好む。

☆堀嵜ヒロキ
dr,perc/egoistic 4 leaves
ドラム、パーカッショニスト。
様々なバンドサポートをしており、
近年だと
佐藤タイジ、ドレスコーズ、堂珍嘉邦、上杉周大などに参加。

☆高宮博史
bass/ミールス
幼少期に影響を受けたシルクロードや放浪への憧れをテーマに、記憶と妄想で再構築しながら作曲。
様々な編成で活動中。

☆佐藤綾音
sax,wood
サックス、クラリネット、フルート奏者 / 作、編曲

1988年2月14日、北海道札幌市出身。
2010年、成城大学芸術学科卒業。

中学校で美術部に入ろうとしたところ、 友人に誘われ吹奏楽部に行き、
サックスをはじめる。

大学でオーケストラ部に入り、クラリネットを学ぶ。
それと並行して、ジャズサークルに入り、ジャズを学ぶ。
ジャズサックスを、秋山卓氏に師事。

山下洋輔、金井英人、沖至、澤田一範、多田誠司、谷口英治、高橋徹、松本治、梅津和時、戸川純、森山直太朗、近田春夫、高木完、綾小路翔、各氏等、
多くのミュージシャンと共演。

様々なバンドサポート、レコーディング、楽曲提供やアレンジをする。
現在は、都内近郊で演奏活動をしている。

《guest》
中山晃子 VJ
2012年東京造形大学大学院修了.色彩と流動の持つエネルギーを用い,生きている絵を出現させるアーティスト.主な活動である「Alive Painting」では,様々な性質を持つ液体を流転させながら,異なる存在同士が相互に影響し合う姿を描く.近年は,色彩の差異を即時的に画像解析,デジタル処理することによって音を発生させるカラー・オルガン・システム「Fluid2wave」をエンジニアと共同開発し,音と絵を同時に奏でるソロ・パフォーマンスを行なう.ジャンルを超えたアーティストとの共演や海外ツアーなど,活動の場を拡げている.

2021年10月2日(土)

【時間】
OPEN 17:00/ START 18:00
【料金】
¥2,600(1ドリンク込)
※25名様定員となります。
【出演】
小滝みつる/key
woody mojar/chapman stick
掘嵜ヒロキ/dr
高宮博史/bass

guest
中山晃子/VJ


〜ご来場の皆様へ〜
・ガイドラインに沿って開催を致します。
・必ずマスク着用をお願いします。
また、少しでも体調に不安を感じたら、ご来場をお控えください。
・受付にて手指のアルコール消毒、検温、連絡先の記載をお願いしております。
・会場内は着席となっております。
規定の位置から椅子を移動させないようお願いします。