文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
 
前の月のスケジュールページへ
7月
次の月のスケジュールページへ
month of
day of

TOmagazine企画 〜iroha夜の女学院vol.2〜ジャパンSMの金字塔〜

!!!!女性限定!!!!!!

「女性らしくを、新しく」をコンセプトに、女性の「気持ちよさ」をまっすぐに考えたセルフプレジャー・アイテム「iroha」。
「TOmagazine」とのスペシャルコラボ企画として、『四十路越え!』『男をこじらせる前に』などの著作をはじめ、テレビでコメンテーターとして活躍する湯山玲子さんをトークゲストにお迎えし、女性の性を教養として嗜む「iroha夜の女学院」の第2弾が開講します。
今回は原作・団鬼六、主演・谷ナオミによる珠玉の日活ロマンポルノ映画の傑作編『夕顔夫人』を上映。縄、縛り、恥羞‥…世界でも類を見ない日本のSM世界を確立した本作。当時の時代感覚や谷ナオミという特権的な肉体の存在、団鬼六のセンスなどから、日本固有の耽美なエロスの世界を、湯山玲子さんの解説を交えて多角的に迫っていきます。

来場者は女性限定、先着15名に「iroha mini」をプレゼント!
(先着に外れた方にも、すてきなプレゼントをご用意しております)
湯山先生と共に、性のワンダーランドを探求しましょう。

出演:湯山玲子(著述家・ディレクター)

開場:15:30
開演:16:00

参加費:2500円(1ドリンク付き)
!!!!女性限定!!!!!!

*先着15名にiroha miniをプレゼント!

month of
day of

東北・津軽の艶話(つやばなし)ライブ

東北・津軽には『艶ばなし』の伝統があります。
祖父母から孫へ、親から子へと語り継がれてきた『昔ばなし』が口承文芸の「本道」とすれば、
艶笑譚ともよばれる『艶ばなし』は大人になるためのご近所への「寄り道」。
こどもの頃、おとなのひそひそ話から色々なことを知ってしまった経験を
どなたでも思い当たることでしょう。

労働の合間に仲間たちで、気心知れた者同士で、酒の席で楽しんで語られてきた男女の機微。
そこには日々の暮らしの中で生み出された大らかなユーモアが一杯詰まっています。
荒唐無稽の中に真実があり、ほのぼのとした夫婦愛やウブな男女の情景が心を暖めてくれます。

お行儀のいい、ためになることばかりの高尚な「文化」ばかりが日本の「文化」では無いですよね。
故郷の津軽をはじめとする東北の艶ばなしは素朴で、荒っぽく、おおらかで人間くさい。
日本人の琴線に触れる希有な伝承文化です。

親密な者同士で交わされてきた色っぽく魅力あふれる津軽の『艶ばなし』の世界を
津軽出身のみつはしみなこの朗読と
田中邦和の魅惑のサックス。
そして
大野要介による観客の「思い出」を彷彿とさせる映像。
大人のための『昔ばなし』をどうぞご堪能下さい。

出演
朗読:みつはしみなこ
サックス:田中邦和
映像:大野要介

開場:19:00
開演:20:00

予約:¥2,500+ドリンクオーダー
当日:¥3,000+ドリンクオーダー

0
Monthly SHINSEKAI
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2000年12月