文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
 
前の月のスケジュールページへ
9月
次の月のスケジュールページへ
month of
day of

Produce lab 89 presents 夢十夜を遊ぶ夜 第1弾 鳥山フキが「夢十夜」を好きにする

『夢十夜を遊ぶ夜』とは──

夏目漱石が書いた、不思議な夢のオムニバス「夢十夜」。
〈死を看取った女の墓の横に座り続け、ある日、百合の花が咲いたのを見て100年経ったことを知る夢〉〈夜の山道を歩きながら、おんぶした息子が、かつて自分が殺した盲目の男だったと気付く夢〉〈美しい女に付いていき、崖の縁で際限ない豚の大群に襲われる夢〉など、美しかったり不気味だったりナンセンスだったりする夢を10話集めたこの小説は、理論派とされる漱石らしからぬ幻想的なテイストでありながら、多くのファンを持っています。
これをどうにかしてリーディング公演にできないか、ずっと考えてきましたが、とうとう、ひとりの演出家の方に丸投げすることにしました。「漱石の「夢十夜」を好きにして遊んでください」と。
でも、そのほうがおもしろくなりそうな予感がしています。どうぞお楽しみに!

☆夏目漱石「夢十夜」は青空文庫で読めます。短編なので、ぜひご一読ください。

第1弾に鳥山フキ(ワワフラミンゴ)登場!

 
テキスト:夏目漱石『夢十夜』
構成・演出
鳥山フキ(ワワフラミンゴ)

出演
原口茜
多賀麻美
柳沢茂樹

音楽:小島ケイタニーラブ

第1ステージ
開場:19:00
開演:19:30
第2ステージ
開場:21:30
開演:22:00

*入れ替え制・全席自由
*1ステージは約1時間を予定しています。

チケット代:2,500円+ドリンク代

ご予約:Produce lab 89サイト
企画・制作:Produce lab 89
      (ハチジュウキュウ)
問い合わせ:090-8308-4433

month of
day of

村崎百郎館完成記念祭 全日本鬼畜Night VOL.2

村崎百郎館完成記念祭 全日本鬼畜Nightの第2弾!

タイトルにある<村崎百郎館>は静岡県伊東市にある<まぼろし博覧会>という博物館の中にあります。

作る事になった経緯は新世界でもおなじみの都築響一氏のメルマガやメンズサイゾーでのインタビュー記事をお読み頂きたいのですが、少しでも多くの方に現地を訪れて欲しいとの思いから、今回村崎百郎館の完成を機に、彼と親交の深かった京極夏彦氏、根本敬氏、エミ・エレオノーラ氏を中心に、完成記念のイベントを企画しました。

村崎百郎を知らない方にも楽しんで頂ける一夜になれば・・・と

思っています。

森園みるく

○まぼろし博覧会HP
http://maboroshi.pandora.nu/

○『ROADSIDERS’ weekly』2014年07月03日 配信号
< ゴミの果てへの旅――村崎百郎館を訪ねて>
http://www.roadsiders.com/backnumbers/article.php?a_id=464

○メンズサイゾー<伝説の鬼畜ライター「村崎百郎」の記念館が完成!
 
妻・森園みるくが語る“鬼畜”の素顔>
http://www.menscyzo.com/2014/06/post_7796.html

出演

マンタム(Mantam)

根本敬(ねもと たかし)

宮西計三 薔薇絵

JON(犬)

餓鬼道

HovH

中原昌也

都築響一(つづき・きょういち)

開場:18:00
開演:18:30

チケット代
ご予約:¥4,000+ドリンク代
当日:¥4,500+ドリンク代

0
Monthly SHINSEKAI
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2000年12月