文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
 
前の月のスケジュールページへ
6月
次の月のスケジュールページへ
month of
day of
『WELCOME TO JAMROCK』〜Bass Music ALL NITE☆♬☆〜

幻のあのパーティーが復活!!
Toshiyuki GotoとKenji Hasegawaの2人がかつて渋谷のクラブ「BALL」で1回のみ開催したロッキンなダンスホール・パーティー『WELCOME TO JAMROCK』が?年のときを経てヴォリュームを増し新世界にて復活!

ベースがウネる〜〜〜!ベースが歌う!ベースが囁く!ベースが泣く!ベースがうなる〜〜〜!
ルーツレゲエ〜ダンスホール/ダブ/ドラムンベース/ダブ・ステップ/テクノ/ハウス…と、DJのプレイとライブ・パフォーマンスとお集りの皆さんとがベースで繋がりがっぷり絡み合うまさにJAMMIN’な一晩!!『WELCOME TO JAMROCK』!!!

レジデンツDJはToshiyuki GotoとKenji Hasegawaのお二人。今回より”THE SLENGTENG’S”とユニット結成〜〜♬

ライブにはまさに『WELCOME TO JAMROCK』なアツいサウンドを繰り出す手練れプレイヤー総勢10名超!!のダブ・オーケストラ!TRIAL PRODUCTIONが登場!!

さらに、昨年11月にベースミュージックの未来形とも言える衝撃的なファーストアルバムをリリースしたAO INOUEもDJ & ライブ・セットで登場!!

コレは低音好きには…いや、全てのクラブ・ミュージック好きにはタマラナイ一晩になること必至!!!DON’T MISS IT!!

【出演】
DJs : SLENGTENG’s(= Toshiyuki Goto / Kenji Hasegawa )/ Ao Inoue

Live : TRIAL PRODUCTION / AO INOUE

OPEN : 22:00

【料金】
予約 & w/Flyer ¥2,000+ドリンクオーダー
当日 ¥2,500+ドリンクオーダー

month of
day of
これまでにないLIVEイベント=霊能エンターテインメント

霊界へのアクセスを続ける北の霊能力者
霊能テロリスト・柳澤 諒の、神様ではないけれどvol.5

あの話題沸騰中のLIVEイベントが、再び「新世界」に上陸!
大好評につき、霊視体験&霊トークLIVEイベントのvol.5の開催が決定!

「従来の“霊能業界”をぶち壊す!」と、
自らを“霊能デストロイヤー”と名乗り、
ロックな霊能イベントを繰り広げる霊能師、“北海道の神様”こと柳澤諒。
来場したお客さまを相手に、ゲリラ霊視(その場で行う、霊視鑑定)を繰り広げ、
何人もの人生を白日の下に晒してきた当イベント。

第5回目となる今回は、柳澤 諒氏の専売特許ともいえる、大好評ヒット企画=ゲリラ霊視を
いつもよりたっぷり時間をかけて行う、“ゲリラ霊視スペシャル”を決行!
ご来場して頂いた方にしか判らない、あのスリル、緊張、ライブ感を
存分に味わえる、楽しめる!他人事ではない、身につまされる話の中から、
真実が浮かび上がる!?次は、あなたが霊視されるかも!

決っして上から目線ではない、とても身近な感じ、気さくな人柄も相まって、
(かなりの確率でギャグやダジャレが盛り込まれた)、とても霊トークとは思えない中、次々と来場者を霊視して的中させた“北の神様”こと、柳澤 諒。会場を興奮の坩堝に渦に包んだ、その只ならぬ迫力とエネルギーは、ぜひ一度、自分の目で確かめてみる価値アリ!

month of
day of
TICAプレゼンツLIVEシリーズ 「お仲間セッション」 Vol.3

<※当日券情報>
19:00より新世界店頭にて販売いたします。

●お詫びとお知らせ
本公演、出演予定でした松永孝義氏が不慮の都合により出演ができなくなりました。
氏出演にご期待頂いたファンの皆様にご迷惑をおかけすることになりましたことを心よりお詫び申し上げます。
※尚、上記事情に際し、既にご予約頂いたお客様はキャンセルのご判断をされても結構です。

リアル実力派・男女デュオ=“TICA” (武田カオリ –Vo /石井マサユキ -G)が、
昨年からスタートさせたLIVEシリーズ『お仲間セッション』。そのVol.3の開催が決定!

今回のゲストは、土生“TICO”剛(リトルテンポ)、松永孝義(ex.ミュートビート)、ピアニカ前田を迎え
一夜限りの夢のスペシャル・セッションが実現する!オルタナティブというより、マージナル・ミュージック
〈辺境音楽〉と呼ぶべき音楽をクリエイトする名手揃い踏み。

女性ヴォーカル、ギター、ウッドベース、ピアニカ、スティール・パンという希有な楽器編成で、
一体どんなサウンドを描くのか!?無限のサウンドスケープがそこに立ち現れる!

出演/
●TICA (武田カオリ:Vocal、石井マサユキ:Guitar)

GUEST:
●土生“TICO”剛(LITTLE TEMPO):Steel pan
●ピアニカ前田:Pianica
●松永孝義(ex.MUTE BEAT):Bass

month of
day of
0
Monthly SHINSEKAI
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2000年12月