文字サイズ: | | オリジナル
PICK UP
 
前の月のスケジュールページへ
4月
次の月のスケジュールページへ
month of
day of
ERA ライブ!

Era
ヴァイオリニスト壷井彰久(KBB, Pochakaite Malko etc)と、ギタリスト鬼怒無月(Bondage Fruits, Salle Gaveau etc)のデュオ。2000年9月に初ライブ後、ユニットとして活動を開始し、現在までに3枚のアルバムをリリース。様々な音楽的引き出しと確かな演奏テクニックで、たった2人の演奏とは思えない壮大で美しく、かつアグレッシブな演奏を繰り広げる。即興を織り交ぜたライブパフォーマンスも定評があり、結成以来80回を超えるライブにはリピータも数多く訪れる。プログレッシブロック、民族音楽、ジャズ、フォークなど融合したサウンドは老若男女や国境を越えて根強い支持を受けている。

スペシャルゲスト 吉良知彦(vo,g)
山梨県生まれ。中央大学卒業後zabadakを結成、PARCO主催オルガン坂大賞出場の折に立川直樹氏に見出され、1986年に東芝EMIからデビュー。その後現ワーナー、ポリスター、バイオスフィア、自ら立ち上げたGARGOYLE RECORDS等のレーベル を経て30枚近いアルバムをリリース。民族音楽やプログレなどの要素を散りばめた独特のメロディ・ラインはCM・映画などの映像作品やテレビ番組、演劇作品など幅広い世界からも支持され、楽曲提供多数。zabadakとしてもプレイヤーとしても国内外で精力的にライヴ活動を行なっている。

【出演】
ERA : 壷井彰久(vl) & 鬼怒無月(g)

スペシャルゲスト : 吉良知彦(vo,g)

【開場】17:00
【開演】18:00

【料金】
予約 ¥3000+ドリンクオーダー
当日 ¥3300+ドリンクオーダー

month of
day of
驚きの気持ちよさ! – SP盤と過ごす夜♬ – vol.2!!

好評をいただき!!!早くも第2回目開催決定〜〜〜♬♬!!!

「SP盤を聴きながら、呑み、語らい、好きずきに集いましょう〜〜。」
皆さんはSP盤をご存知でしょうか?木製のボックス型のターンテーブルに真鍮製のラッパ(ホーン)が付いてるアレ、そうです蓄音機でかけるアナログ・レコードですね。モノラル録音で、回転数は78回転。一枚の再生時間も12インチサイズで最長4分半程度なのです。これをSP盤専用のターンテーブルとカートリッジを持ち込み、新世界のサウンドシステムから音を流して、酒の肴にしようというわけです〜♬

なぜ21世紀の現代にこんなことをするのかというと、これが本当に素晴らしく気持ちいいからなのです!!!アナログレコードの音の良さが本当にわかりやすいんです。レコード盤にひとたび針を落とせば、その音が届く空間はまるで古い名画のスクリーンのなか。酒を呑んでいても、友と語らっていても、SP盤から音楽が流れてくれば一秒一秒が、かけがえのないたいせつな時間となること間違いなし!!

エントランス・チャージは500円!!皆さん、この機会に是非SP盤体験してくださーい♬♪♬

SP盤セレクター:岡崎英樹(onion records)、村上祐司(onion records)

OPEN 19:00〜

MUSIC CHARGE ¥500

0
Monthly SHINSEKAI
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2000年12月